贈答やお返しのマナー【相場やしきたり】冠婚葬祭の注意点

スポンサーリンク
新着コンテンツ一覧

贈答やお返しのマナーについて解説

冠婚葬祭をはじめ、お中元やお歳暮、結婚祝いや出産祝い、引越祝いやお見舞いなど、日本にはしきたりに沿った贈り物やそれに対するお返しを贈る文化が多くあります。また、日本のなかでも、地域や地方の風習や風土によってそれらは少しづつ異なる場合も。

ご祝儀や不祝儀について

そんな時に何を贈ったら良いのか、迷ったことはありませんか?ご祝儀や不祝儀の金額や相場、その際の熨斗や表書き、水引やかけ紙(のし紙)、袋の種類や贈り物の送る時期や送り方など、いざという時にきちんとした贈答に関する「マナーやしきたり」を確認したい時ってありますよね。

失礼にあたらず喜ばれるものを選ぶ

目上の方や同僚、家族や親戚、友人などにお祝いやお悔やみなどを伝えたい場合には、やはり失礼にあたらないように心がけたいもの。タブーをおかさず、間柄や年齢層、家族の状況や季節感など様々な点に配慮しながら選ぶようにします。また、感謝や励ましの意を伝えたい贈り物やお返しには、お相手に喜ばれるものを選びたいものです。ライフスタイルや嗜好など、相手の好みや生活環境まで考慮し、負担にならずに喜ばれるものを選ぶことが大切です。

贈り物の基本や気をつけるべき注意点

贈り物の基本は、まず相手に喜んで頂くことです。贈ったものの値段がその場にそぐわない場合はやはり失礼にあたります。また、高価過ぎてはかえって相手に気を遣わせてしまうといった本末転倒の結果を招くことも。悩んだ結果、選んだものが相手の気に召さない場合も、せっかく時間や手間をかけて選んだ気持ちが台無しになってしまいます。

冠婚葬祭のマナーやしきたり

マナーをしっかりと押さえておくことは、どんな場面でも失礼のないように余裕をもった行動や振る舞いにもつながります。そこで、様々な慶事や弔事などに関する注意点やおかしてはならないタブーをはじめ、気をつけるべきポイントなどについて、常識的な範囲から贈る側の立場や状況に沿ったものまで説明します。また、春夏秋冬、美しい四季が存在する日本の伝統や昔ながらの風習、季節のイベントに沿ったマナーやしきたりについて解説します。