ハロウィンの起源や由来、カボチャの提灯の意味や仮装の理由は?

スポンサーリンク

10月31日はカボチャのオバケや仮装で賑わう「ハロウィン」ですが、街のデコレーションやイベントなどでハロウィンを楽しむ機会も増え、どんどん日本にも浸透してきていますよね。秋のイベントとしても定着してきた近年ですが、ハロウィンとはどのようなイベントなのでしょうか。こちらではハロウィンの起源や由来、カボチャのランタンの意味や仮装をする理由など、ハロウィンの始まりや風習について説明しています。

ハロウィーンの起源や由来、始まりについて

  • ハロウィン,由来

    ハロウィンとは、キリスト教の万聖節の前夜祭のことで、ランタンを飾ったり仮装したりして、死者の霊が蘇るのを迎えたり悪霊の魔除けをしたりするイベントです。もともとは古代ケルト民族が行っていた儀式でしたが、11月1日に行われるキリスト教の「万聖節」と合わさって現在の形になったと言われています。

    「万聖節」(ばんせいせつ)は諸聖人の祝日とも言われ、キリスト教すべての聖人を崇めて敬う日となっており、ハロウィンはその前夜祭として亡くなられた方をしのぶ行事として広まっていきました。

カボチャのランタンを作ったり仮装するのはなぜ?

  • ジャック・オ・ランタン

    ハロウィンといえばカボチャのランタンが玄関や窓辺に飾られますが、これにはどういった意味があるのでしょうか?

    ケルト民族の言い伝えでは、ハロウィンの日は家族を訪ねてくる死者の霊とともに悪霊が蘇ったり、魔女がやってきて災いをもたらすとされており、祖先などの死者の魂を迎えて悪霊を追い払うためにランタンに火を灯し、魔女やオバケの格好をして悪霊から身を守ったことが始まりとも言われています。

    ハロウィンで有名なカボチャをくり抜いてその中にロウソクを立てて作られる“ジャック・オ・ランタン”は、ヨーロッパの伝承に出てくるランタン持ちの男「提灯ジャック」という悪霊の話からきているともいわれており、精霊を迎える「迎え火」のような役目もあると言われています。

ジャック・オー・ランタンを飾るのはなぜ?

  • 世界各国,ハロウィン

    ハロウィンといえば、カボチャの「ジャック・オー・ランタン」や「ジャック・オ・ランタン」とも呼ばれる灯具(ちょうちん)ですよね。これは悪霊を遠ざけつつ、亡くなった家族や友人など大切な人たちの魂が迷わないように「道しるべ」のような役割も担っていると言われています。

    もともとは「カブ」をくり抜いて作られていたとも言われており、アメリカ大陸にハロウィンが伝わった際にアメリカで手に入りやすい「カボチャ」が使われるようになって、今のカボチャのランタンになったようです。今でもヨーロッパの一部では、カブをくり抜いたジャック・オ・ランタンを飾っている地域もあるようです。

ハロウィンの合言葉「Trick or Treat」

  • Trick or Treat

    ハロウィンの日には「Trick or Treat! (トリック・オア・トリート、何かくれなきゃイタズラするぞ)」という言葉を言いながら、子ども達が家々を回る風習があります。子どもたちがお家を訪ねてきたら、「Happy Halloween! (ハッピーハロウィン!)」といってお菓子を渡すのですが、これは古代ケルト民族が、悪霊払いのために供え物をしていたことに由来するものとされ、悪霊に仮装した子ども達にお菓子をあげて悪霊払いをするという習わしが今の形になったとも言われています。

関連記事はこちら

日本でも浸透しつつあるハロウィン

  • 日本,ハロウィン

    テーマパークでの催しやSNSの普及などによってハロウィンを知る機会も増え、日本でもハロウィンのお祭りが一般的になってきました。仮装をしたりお菓子を振舞ったりする風習は、どこか日本のお祭りに似ている面も。近年はハロウィン仕様のスイーツや料理を楽しむ機会が増え、仮装やパーティーなどのイベント的な要素も楽しみの一つとして広がりを見せています。

    ハロウィンの由来は深く知らなくても、“日本のお盆のようなもの”と聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。お供え物をしたり迎え火をしたり、鬼などの扮装をして家々を回る風習は日本にも古くから存在します。スタイルは違っても故人や見えないものに敬意と畏怖の気持ちを表すハロウィンは、日本人にとっても親しみやすいものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら