新盆「初盆」の時期やお供え物、新盆見舞いのお返しは必要?

スポンサーリンク

故人が亡くなってから、四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆のことを「新盆」(しんぼん、あらぼん、にいぼん)、または「初盆」(はつぼん)と呼びます。新盆は地域や宗派によって時期や風習が異なる場合がありますが、故人と親しかった方々や親族などが集まり催されるもので、丁寧にそして特別に供養が催されます。こちらの記事では、初盆のマナーやお仏壇へのお供え物のマナーなどについて解説します。

お盆の時期に忌明けが訪れていない場合は

  • お盆の時期

    お盆の時期に忌明けが訪れていない場合は、翌年のお盆が新盆や初盆となります。地域や宗派などによって時期に違いはあれども、13日におがらを門前で炊く「迎え火」にはじまり、14日か15日は読経をお願いし、15日か16日の夕方の「送り火」でご先祖の霊を見送ります。

    新盆のお供え物や飾り方

    新盆の時だけに飾られる上品な色柄や白地で作られた白張盆提灯を盆月の1日から飾り、盆棚(精霊棚)には位牌、初物の野菜や霊供膳、果物、故人の好物といった供物と花を飾り、故人を供養します。故人の冥福を祈ってきょうだいや親せきなどから贈られることの多い「盆提灯」は、準備の都合もあるため2週間くらい前には余裕をもって届くように手配しましょう。

    白張盆提灯は新盆の時にだけ使用し、お盆が終わったらお寺でお焚き上げや供養をしてもらいましょう。親類から贈られた「盆提灯」は、翌年以降も飾ることができます。

RELATED CONTENTS

新盆見舞いの表書きは?

  • 新盆見舞いの金額

    新盆見舞いの相場は、法要後に会食が予定されている場合はそれらの会食代を考慮した金額を包むようにします。ご夫婦で法要に伺う場合は、その後の二人分の会食代、それらを考慮した上で包むようにしましょう。

    新盆見舞いの表書きについて

    黒白の結びきりの不祝儀袋に、表書きは「御霊前」や「御仏前」、「御供物料」などとし、盆提灯代を包む場合は、「御盆提灯代」とします。

RELATED CONTENTS

新盆見舞いのお返しは必要?

  • 新盆にお見舞いや盆提灯、もしくは盆提灯代をいただいた場合は、いただいた額の3分の1から半額程度のお返しを贈るようにします。法要に出席していただいた方々には、法要の後に催される会食での食事のもてなしがお返しとなります。そして、会食後には1,000円から2,000円くらいのお菓子やタオルなどちょっとした返礼の品をお渡しすることが多くみられます。その際の表書きは、「志」や「粗供養」などとします。また、遠方の方から贈り物を郵送でいただいた場合などは、同じくいただいた額の3分の1から半額程度のお返しを贈るようにしましょう。

御霊前へのお供えは何が好ましい?

  • 新盆見舞いのお返し

    また、お盆の時期などはお線香をあげるために知人や親戚の家を訪ねる機会も増えるもの。「御仏前へのお供えは、何を持っていくのが正解なの?」と、頭を悩ますこともあるかもしれません。お供え物には厳しいルールはあまりなく、親族や親しかった方であれば、故人の好きだったものを贈るのが一番喜ばれるでしょう。

    しかし、お供え物は宗教や宗派で違いがあるほか、地域によっても違いがあるのも事実。また、仏式であれば肉類や魚介類は避けなければならないなど、押さえておくべきポイントがあります。こちらでは仏式で一般的な供物をご紹介します。

    高級感のある果物はお供え物におすすめ

    お供え物,メロン

    御仏前にお供えするものに、明確なルールは存在しません。だからこそ迷ってしまうのですが、故人の好きだったものを贈るというのも思い出話に花が咲くので喜ばれます。果実は見栄えも良いためおすすめの一品。華やかな籠盛りも人気がありますが、果実を選ぶ際でもなるべく日持ちのするものを選ぶよう心がけましょう。果実の中で日持ちするものといえば、柑橘類やメロンなどが浮かびます。特にメロンは高級感もあるのでお供え物の定番でもあります。

    RELATED CONTENTS

    お供え物として喜ばれる「お花」

    お盆,プリザーブド仏花

    お花は喜ばれるお供えの1つ。四十九日までは白を基調とした淡いカラーのものが定番ですが、それ以降の法要やお盆は故人が好きだった花やカラーを使うのも良いでしょう。「好きだった色の花を贈ります。」と、メッセージを添えると、より意図が伝わりやすいですね。花は日持ちしないため、先方に贈る際は必ず予定を伺い、留守にする時期を外す配慮も必要です。また、花を飾る習慣がない場合は花瓶がないことも考えらるので、日比谷花壇の「プリザーブド仏花」のように花瓶がなくても飾れて、和洋問わず溶け込むコンパクトなデザインのものを選ぶのもスマートです。

    【 プリザーブド仏花 】

    価格 4,320円(税込)

    時期的に重宝する「お茶」もお供え物の定番

    お盆や法要などはいつもよりも来客が増える時期であり、お茶はいくらあっても重宝するため御仏前のお供え物にも喜ばれるアイテム。また、長い期間お供えしても日持ちするため、賞味期限切れになる可能性が低いというのもポイントです。故人が好きだった種類や銘柄を選ぶのもおすすめですが、特別なお茶を贈るのも喜ばれるでしょう。

    お盆,銘茶

    「上林春松銘茶」は、450年の歴史を持つ老舗の上林春松本店が手がける高級煎茶「相生」です。木箱に入っているので御仏前にお供えするにもふさわしい風格があります。また、御遺族が若い方や一人暮らしであれば、手軽に飲めるようティーバッグのものを選ぶなど、シーンに合わせて選ぶと良いですね。

    【 上林春松銘茶 】

    価格 10,800円(税込)

    RELATED CONTENTS

    お供え物のお菓子は小包装のものがベター

    お盆のお供え物

    お菓子も定番ですが、御仏前の場合はいくつかポイントを押さえておく必用があります。まずは、たくさんお菓子が集まる時期であることや、しばらくお供えしておくことを考慮して日持ちするものがおすすめ。生菓子も良いですが、食べるタイミングに困ってしまう可能性もあるので避けたほうが無難かもしれません。また後日、大勢で取り分けて食べることを想定し、個包装になっているものを選ぶのも賢い選択です。例えば、えびせんべいで有名な「桂新堂」の「偲び草」のようなイメージ。海苔えびせんべいなど8種類が1人分ずつ個包装になっていて、大人から子どもまでどなたにも喜ばれる味わいというのも大きなポイントです。

    【 桂新堂 偲び草 】

    価格 3,240円(税込) 賞味期限:常温で180日

    線香は仏式であれば宗派が違っても喜ばれる

    お供え,お線香

    線香は仏式であれば宗派が違っても喜ばれる品であり、香典という名前の由来となるお供え物なので気持ちを伝えやすい一品。一般的な線香の香りだけでなく、お香のような優しい香りのものや桐箱に入った高級感のあるものなど選択肢が多く選びやすいというメリットもあります。創業から300年の老舗・鳩居堂が提案する「ご進物用線香 清靄」は煙が少なく、白い灰のため香炉灰が汚れにくいと好評。ふたを開けたときに広がる心安らぐ優しい香りも人気です。

    【ご進物用線香 煙が少ない 線香 白檀の香り】

    価格  5,400円 (税込)

スポンサーリンク

RELATED CONTENTS

スポンサーリンク

RELATED CONTENTS