七夕について、祭りの起源や短冊の飾り方・お供え物はなに?

スポンサーリンク

七月七日は「七夕(たなばた)」の日ですね。短冊に願い事を書いて笹の葉に飾ると願い事が叶うと言われており、子供の頃に七夕飾りを作って一緒に飾った方も多いのではないでしょうか。

七夕といえば、織姫と彦星が登場するお話が有名ですが、そもそも七夕とはどういったものなのでしょうか。こちらでは、七夕のお話の起源や始まり、飾り方やお供え物・片付け方法などについて説明しています。

七夕とは?その起源や始まりについて

  • 七夕とは、五節句のひとつにあたる季節の節目の日です。古代中国から始まった五節句の風習ですが、五節句は一年に5回訪れ、奇数が重なる日は陰を生じるとされており、お祓いをするための行事を行ったり旬の食べ物を食べたりして邪を祓います。

    五節句は日本の古くからあった文化とも合わさり、1月7日は”七草の節句”、3月3日の”桃の節句”、5月5日の”端午の節句”、7月7日の”七夕の節句”、9月9日の”菊の節句”と呼ばれています。

    そして、宮中行事として始まった七夕は、裁縫の上達を願う祭りでしたが、書道の上達を短冊に書いて願ったことから江戸時代以降、短冊に願い事を書く風習が庶民に広がったとされています。

七夕伝説とは?どんなお話?

  • 7月7日に最も輝くこと座(ベガ)の織姫と、わし座(アルタイル)の彦星の古代中国の星座のお話です。

    織姫は裁縫を司る星で機織りの名手でしたが、農業を司る星の牛飼いの彦星に恋をしてしまい、仕事が手につかなくなってしまいました。そのことに怒った父の天帝によって2人は引き離されてしまい、一年に一度だけ天の川を渡って逢えるというお話が七夕(しちせき)伝説です。

    棚機女(たなばたつめ)とは?

    日本には棚機女(たなばたつめ)という、神様に捧げる着物を織る女性の話が民間伝説として古くからあります。たなばたつめの伝説は諸説ありますが、棚という場所で織機を使って布を織る女性のことを棚機女(たなばたつめ)と呼んでいたことに、古代中国から伝わった七夕伝説などが合わさり、その後、七夕(たなばた)と呼ばれるようになって現在の形へと変化したともいわれています。

七夕の短冊や飾り方について

  • 七夕の歌にもあるように、笹の葉の飾りには五色の短冊を用いますが、これは五行説からくるもので、緑色は木、赤色は火、黄色は土、白色は金、紫(黒)色は水の5種類の元素を表します。そして、緑色は人間力、赤色は感謝、黄色は友情・金運、白色は人間関係の改善、紫や黒は学業の向上といった意味が込められています。

    七夕まつりの供物について

    短冊のほかにも、七夕人形や馬や牛を象った飾り物など地域によって種類や大きさも異なった独自の文化になっています。またナスやウリに足をつけた精霊馬をお供えしたりしますが、これは日本では旧暦の7月はお盆近くにあたり、先祖のお迎えや豊作を願う捧げ物という意味があるようです。

関連記事はこちら

七夕の飾り方や終わり方について

  • 地域やお祭りによって違いはありますが、ご家庭で七夕飾りを作る場合、願い事を書いた短冊や折り紙などで作った飾りを笹竹に飾ります。この笹竹は神様が宿っている神聖なものとされていたり、成長が早く天まで願いが届くようにといった願いも込められています。

    七夕の片づけ方について

    七夕飾りは6日に飾って、7日には片付けを済ませます。地域のお祭りや学校行事、商業施設などでは長い期間飾ることも多く、イベントとしての意味合いが強くなっているのが近年の傾向です。その後、川に流したり炊き上げをしたり、地域によって片付けの方法は違いがあるものです。地域のイベントに参加して、七夕のお片付けをするのも良いですね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら