センスいい手土産!最旬~定番まで挨拶や取引先にも

スポンサーリンク
新着コンテンツ一覧

人気の手土産やおすすめの手土産にセンスある品をご紹介

センスのいい手土産にぴったりのお菓子や洋菓子、和菓子やスイーツなどを
ジャンルや贈る相手、シーン別にご紹介しています。

相手との距離を縮めたり、より良い関係性を築くために、自己表現の一つとしても、手土産を使ってさり気なく自分自身の魅力もアピールできる人ってセンス良く見えるもの。手土産をコミュニケーションツールとして最大限に活用できるよう、まずは「相手の好み」に応じて選ぶのがベスト。ただ、好みの把握しにくいお相手に持っていく際には、失敗せず、外さずにどなたにも喜ばれるようなものを選ぶのが一番です。円滑な人間関係を築くアイテムの一つとして、相手のことを思う気持ちを伝える手段として、手土産を積極的に活用していきましょう!

シーンや目的に応じた喜ばれる手土産をご紹介

  • シーンや目的に応じた喜ばれる手土産をご紹介

    職場の異動や退職、ご両親への結婚の挨拶や帰省の手土産、お中元やお歳暮、父の日や母の日、女友達との集まりの持ち寄りの品など、手土産やお土産が必要になるシチュエーションは様々です。

    感謝やお礼、お祝いやお願い事など、贈る目的や相手に伝えたい気持ちも場面によって異なりますよね。だからこそ、それぞれのシーンや目的に応じた手土産を選びたいもの。そこで、贈る相手やシーン別に喜ばれる手土産をご紹介します。

おしゃれな食品ギフトから、食べ物以外の贈り物まで

  • おしゃれな食品ギフトから、食べ物以外の贈り物まで

    女友達には、「おしゃれな手土産」や「話題のスイーツ」、取引先には、「気の利いた」差し入れや人気の手みやげ、女子会には「行列店のスイーツ」、ホームパーティーやお祝い、クリスマスパーティーなどには、有名パティスリーの名品や高級ホテルのスイーツなどもおすすめ。

    幅広い年齢層の方に喜ばれる大人の手土産のほか、おしゃれな食品ギフトもご紹介。食べ物以外の贈り物や、春夏秋冬、四季折々の旬の和菓子などおすすめの逸品も掲載しています。また、東京や名古屋、京都や大阪など、全国各地の百貨店などでも購入可能な商品や、通販やお取り寄せが可能な商品もご紹介しています。

手土産の選び方の注意点と
相手に応じた手土産の相場とは

  • 手土産の選び方で気をつけるべきこと

    まず「贈る目的」や「状況」、贈る相手の「年齢」や「好み」などを考えて選ぶことが大事です。また、気持ちを贈るうえでは「相手の負担にならない価格帯」であることも選ぶ際の重要なポイント。

    好みがわからない相手や大切なシーンでは「定番」を、人と差をつけたい場合には最旬の話題の商品や、人気ブランドの品を、目上の方への手土産には感謝の気持ちや相手を敬う気持ちが伝わるものを選ぶのがおすすめ。

    気心の知れた友人や家族などへの手土産やお土産

    気心の知れた友人や家族などへの手土産やお土産

    気心の知れた間柄の相手に渡す場合や、友達の家に差しれる際などは、話題性のあるものやその場の雰囲気が盛り上がるものを選ぶのも。限定のフレーバーや地域が限られる商品などそこでしか手に入らないものなど、いつもの定番とはまた少し違った趣向を凝らした商品を選んでみるのも気の利いた手土産やお土産選びのコツ。帰省のお土産やバラマキ用など、大量に必要な場合はお手頃価格でお値段以上に見える商品を選ぶのも喜ばれるポイント。気心の知れた間柄のお宅を訪れる際の手土産や差し入れには、相手に気を遣わせない価格のものを選ぶようにします。

    大人数の集まりの場への手土産や差し入れ

    大人数の集まりの場への手土産や差し入れ

    大人数が集まる場やお祝いの席への手土産には、心が躍るような見た目も華やかな商品を選ぶのも。取り分けやすく配りやすいものや、トレンドを押さえた話題のものや人気商品を選ぶのもポイント。いつもよりちょっと豪華に、一流のパティシエが腕を振るう名店やホテルの品を選んでみるのも。

    取引先やクライアントなどへの手土産の選び方

    取引先やクライアントなどへの手土産の選び方

    仕事先への訪問時の手土産は、大勢で分けやすく配りやすいものを選ぶようにするのも。相手の人数が多い場合は、ある程度の個数が確保できるものや切り分けたりの必要がないもの、手を汚さずにいただきやすいものなど、個包装で取り分けのしやすい商品を選ぶのもポイント。相手の人数や差し入れ内容によって高額すぎず、失礼のない価格帯を選ぶようにします。

    謝罪の際に持っていく手土産の選び方

    謝罪の際に持っていく手土産の選び方

    謝罪やお詫びの際などは相手に誠意や気持ちが伝わるよう、落ち着いた老舗の商品を選ぶのも外さない手土産選びのポイント。手間をかけずに取り分けのしやすいものや、日持ち面を考慮した気遣いの伝わる小分け商品など、味も包装も落ち着いた印象を与える商品を選ぶのも一つ。

    初対面の方への手土産の選び方

    初対面の方への手土産の選び方

    顔合わせなど初対面の方へお渡しする場合は、相手の好みも把握しづらい場合が多いため、奇をてらわず外さない老舗の定番商品などを選ぶのも一つ。日持ちや取り分けのし易さなど、相手に負担をかけないよう考慮し、手を汚さずにいただけるものを選ぶのも失敗しないコツ。また、相手に負担をかけない価格帯のものを選ぶのもポイントです。