わらび餅の美味しいお店【おすすめ】人気のわらび餅を手土産に

スポンサーリンク

ふるふると柔らかな食感とすっと消えゆく口どけが魅力的な和菓子「わらび餅(蕨餅)」。わらび粉を練り上げて作るシンプルな和菓子だからこそ、材料やレシピによって大きく味わいが異なり、お店ごとの違いを楽しむのも醍醐味の1つです。

わらび餅のお土産やお取り寄せにもおすすめ

  • 美味しいわらび餅

    わらび餅の食感って独特ですよね。もっちりとした弾力のある歯ごたえに、なめらかに口の中でとけてしまうような儚さが同居した独特の食感。わらび餅は、自分へのご褒美にも、甘い物好きな方や和菓子好きの方への手土産にも喜ばれる一品!

    こちらでは美味しいと評判の人気店のわらび餅をご紹介します。希少な本蕨粉を使用した贅沢な味わいや、わらび餅好きが極めた独自の味わいまで、どれも個性的♪ 熟練の職人技が光るものから、手土産にもぴったりの高級感のあるものまで、お土産やお取り寄せにもおすすめのお店を紹介しています。

高級感のあるわらび餅の手土産におすすめ

  • くろぎのまゆら

    高級日本料理店「くろぎ」が追求する和菓子と、恵比寿の人気店「猿田彦珈琲」が提供する和菓子に合うコーヒーが人気の和菓子店「廚 菓子くろぎ」。和菓子の進化を追求する「廚 菓子くろぎ」のお店は東京大学の本郷キャンパス内にあって、店舗のデザインは開放感があってとてもおしゃれです。

    廚 菓子くろぎの「蕨もち まゆら」

    廚 菓子くろぎの「蕨もち まゆら」は10キログラムのわらびの根からわずか100グラムしか取れないという、希少な本わらび粉を100%使った贅沢な一品。桐箱のなかには丁寧に練り上げたことが伺える「黒みつ味」と「抹茶味」の2種類のわらび餅のほか、きな粉と鶯粉が入っています。舌触りといい、香りといい、これまで食べていたわらび餅の概念が変わるほどのインパクト!意外性と上質な風味に満ちたわらび餅は、ここぞという時の手土産にもおすすめです。お求めの際は前日までに電話で要予約です。

    【店舗】廚 菓子 くろぎ
    【住所】東京都文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス
    春日門 Daiwaユビキタス学術研究館 1F
    【営業時間】10:00~19:00 (L.O.18:00)
    【定休日】不定休
    【電話】03-5802-5577
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 廚 菓子 くろぎ まゆら 】

    4,000円(税込) 賞味期限:購入日の翌日まで

関連記事はこちら

スポンサーリンク

東京の美味しいわらび餅ならここ

  • 一幸庵

    メディアで取り上げられることも多く、著名なパティシエなどからも高く評価されている和菓子店「一幸庵(いっこうあん)」。海外で和菓子文化を伝える伝道師のような活動を行うなど、幅広く活躍しています。そんな一幸庵の一番人気といえば何と言っても「わらび餅」。ぎりぎり固形であるかのような柔らかさを持つ一幸庵のわらび餅はみずみずしさに溢れており、口の中でスッと溶けていきます。

    みずみずしく柔らかい「一幸庵」わらび餅

    一幸庵のわらび餅

    香ばしい黒須黄奈粉が餡の甘さと程よく調和した上質な味わいは、普段は甘いものを食べない方すら伸ばす手が止まらなくなるほどの美味しさ。一幸庵のわらび餅は希少なわらび粉を使用しているので1年中味わえるものではなく、11月から6月ごろまでの期間限定での販売ですが、大切な人の喜ぶ顔が見たい時の手土産におすすめです。

    【店舗】一幸庵
    【住所】東京都文京区小石川5-3-15
    【営業時間】10:00~18:00
    【定休日】日曜日、月曜日、祝日
    【電話】03-5684-6591
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 一幸庵 わらび餅 】

    価格 380円 賞味期限:当日中

関連記事はこちら

余韻を楽しみたい上品なわらび餅「南青山 まめ」

  • 南青山まめのわらび餅

    趣味で作っていた和菓子が評判となったことがキッカケで青山に誕生した「まめ」。わらび餅には柔らかめでツルンとした食感の生地に合わせて、ゆるめに仕上げたこし餡が入っており、なんとも上品。きな粉と沖縄の黒糖との相性もよく、いつまでも余韻を楽しみたくなる味わいです。

    餡は全て自家製で、砂糖の甘味ではなく小豆本来の旨さを最後に感じるよう緻密に計算されており、ほかの素材に合わせて微調整されているなど細部まで抜かりはありません。それゆえ、どれも完成度が高く相性ピッタリのフィット感があります。

    【店舗】南青山 まめ
    【住所】東京都港区南青山3-3-18
    【営業時間】10:30~18:30 (売り切れじまい)
    【定休日】日・月・火曜日
    【電話】03-3479-2588
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 まめ わらびもち 】

    価格 260円 消費期限:翌日

スポンサーリンク

東京でいただける本わらび粉を100%使った餅

  • 日本橋 長門,久寿もち

    「日本橋 長門」は、将軍家御用商人として代々徳川家に菓子を献上してきた老舗の和菓子店。300年あまりの歴史がある老舗の一番人気の「久寿もち」は、夕方には売り切れとなってしまうことも多く、一年中購入することが可能です。

    希少な本わらび粉を100%使用したわらび餅のような食感が楽しめるのが特徴で、職人が丁寧に練り上げており独特の弾力やコシが感じられます。「もち」が隠れるほどの薫り高い黒須きな粉がたっぷりとまぶされ、優しい甘みと香ばしい風味が広がります。添加物や保存料を一切使用しておらず、夏は少し冷やしてからいただくのもオススメ。

    【店舗】江戸風御菓子司 日本橋 長門
    【住所】東京都中央区日本橋3-1-3
    【営業時間】10:00~18:00
    【定休日】日曜日、祝日
    【電話】03-3271-8662
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【久寿もち】

    価格 890円 賞味期限:2日間

関連記事はこちら

予約必須!京都の高級料亭が手がけるわらび餅

  • 雲月のわらび餅

    京都の一流料亭として知られる「雲月」。芸能人がごぞって手土産として愛用している「小松こんぶ」など、歴史ある上品なギフトも取り扱っています。食通の方も足繁く通う人気店にもわらび餅があります。手土産やギフト用のわらび餅は白い繭型のケースに真っ赤な組紐がかかっており、目にも鮮やかな出で立ちです。

    東京でも買える「雲月」わらび餅

    わらび餅はそのまま食べても極上の美味しさですが、別添えの黒蜜はさらっとしていてコクがあり、きな粉はとても香ばしく、柔らかいわらび餅を上品に引き立てています。京都のお店だけでなく、東京・南青山の「雲月 南青山」でも買い求めることができますが、売り切れてしまうこともしばしばの人気商品なので、確実に購入したい場合は予約を入れることをオススメします。

    【店舗】御所 雲月
    【住所】京都府京都市上京区寺町通今出川下ル二筋目角
    【店舗】雲月 南青山
    【住所】東京都港区南青山3丁目4-4
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 雲月 わらび餅 】

    価格 700円(税込)

関連記事はこちら

本わらび粉を贅沢に使用した三重「月乃舎」わらび餅

  • 月乃舎 わらび餅

    昔ながらの和菓子屋のように親しみやすい三重県の「月乃舎(つきのや)」は、一切の妥協をしない姿勢が特徴。素材にこだわり、コストや手間がかかったとしても伝統的な素材を使った本物の味わいを届けています。わらび餅はその代表格!品質を一定に保つために、信頼できる鹿児島の業者が自社で栽培。

    精製も行っている本わらび粉を贅沢に使用しており、10月から5月までの限定販売というこだわりようです。弾力のあるわらび餅の中にはこし餡が入っており、和三盆などそのほかの素材も国内産にこだわり集められたもの。上品かつしっかりと芯のある味わいに仕上がっています。わらび餅ファンなら一度は食べておきたい一品です。

    【店舗】月乃舎
    【住所】三重県員弁郡東員町笹尾東3丁目2-3
    【営業時間】8:30~19:00
    【定休日】月曜日
    【電話】0594-76-5925
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 月乃舎 わらび餅 4個入り 】

    価格 1,080円(税込)賞味期限:当日中

京都でも有名な「先斗町駿河屋」ひと口わらび

  • 先斗町駿河屋,ひとくちわらび餅

    明治31年創業、京の花街にある「先斗町駿河屋」は、上質な上生菓子を求める方にも絶大な人気を誇る老舗和菓子店。中でも、繊細な味わいのわらび餅は特に有名で、現代では貴重な存在となった「本蕨粉」を丁寧に練り、職人技で仕上げたもっちりとした食感の薄皮に、なめらかなこし餡をたっぷり包みこんだもの。もっちりとした生地のとろけるような口当たりに、上品な甘さの餡が絶妙な「絶品わらび餅」は、小ぶりサイズで上品にいただけるため手土産にもおすすめです。

    【店舗】先斗町駿河屋
    【住所】京都府京都市中京区先斗町三条下る
    【営業時間】10:00~18:00
    【定休日】火曜日
    【電話】075-221-5210
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 先斗町駿河屋 ひとくちわらび 6個入り 】

    価格 1,456円 (税込)日持ち:当日中

関連記事はこちら

黒糖の風味が絶妙な京都「幸福堂」あんわらび

  • 幸福堂,あんわらび

    1868年創業、「幸福堂」は、京都平安神宮への御献上菓子も努める名店。伝統的な京菓子はもちろんオーダーメイド和菓子なども手がけており、なかでも沖縄産の黒糖を使った「あんわらび」は、希少な丹波大納言小豆のこし餡をたっぷり包んだオリジナルのわらび餅。

    使用するきな粉は、国産大豆の中からさらに厳選したもののみ!沖縄で栽培された黒糖を使った風味豊かなわらび餅は、極薄で餡を包み込めるよう少し柔らかめに仕上げ、熱々のうちに手作業で包み込んでいます。美味しいものを一番美味しい状態で食べられるよう手間ひまも惜しまない名店のわらび餅は、生地から透けて見える餡もまた上品。ほんのり香る黒糖の風味も絶妙です。

    【店舗】幸福堂 松原本店
    【住所】京都府京都市下京区松原通河原町西入松川町388-2
    【店舗】幸福堂錦店
    【住所】京都府京都市中京区錦通麩屋町西入北側(錦市場内)
    【店舗】西国街道 幸福堂
    【住所】京都府向日市寺戸町中ノ段14-4
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 あんわらび 】

    価格 1個 173円(税込)賞味期限:2日

関連記事はこちら

大阪で人気のわらび餅は手土産にも

  • 新地わらび餅

    豊中市の人気店「森のおはぎ」の姉妹店、大阪駅から徒歩10分ほどのところにある「森のお菓子」。16時半からオープンするお店ですが、ひっきりなしにお客さんが訪れる人気店です。店主のこだわりが詰まった「森のお菓子」にはユニークなおはぎや和菓子が人気を集めています。

    森のお菓子のわらび餅「新地わらび餅」

    新地わらび餅

    森のお菓子のわらび餅「新地わらび餅」は、最初はモッチリ、噛むごとに溶けるように柔らかになっていく独特な食感。お味はあっさりとした甘さと深煎りで仕上げた香ばしいきな粉と、ほろ苦さがわらび餅の甘さを引き立てる抹茶の2種類。大人のためのわらび餅はユニークなおはぎと一緒に、お酒の席への手土産にするのもおすすめです。

    【店舗】森乃お菓子
    【住所】大阪市北区曽根崎新地1-1-43 第二大川ビル1F
    【営業時間】16:30~売切(夕方から営業)
    【定休日】日・祝定休日
    【電話】06-6341-2320
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 森のお菓子 新地わらび餅 】

    価格 きな粉480円、抹茶560円(ともに税込み)

関連記事はこちら

福岡の名店、繊細な餡の旨味が楽しめる蕨餅

  • 鈴懸,蕨餅

    福岡で1923年に誕生した和菓子店「鈴懸(すずかけ)」は、季節ごとの旬な食材を上手く活かし、目で口で季節を感じることができると評判のお店です。初代は「現代の名工」に認定されるなど福岡でもトップクラスの実力を持ち、現在もその技術を受け継いでいます。夏季限定の福岡県の御茶所・八女で生産された上質な抹茶と香りのよい京黄粉をあしらった「抹茶蕨餅」は、皮むきしてからこし餡にした繊細な餡の旨味が魅力。ぷるんとした生地から餡が透ける姿も涼やかで、幾重にも重なる奥深い味わいが楽しめます。

    【店舗】博多 鈴懸本店、天神岩田屋店、博多大丸店、JR博多シティ いっぴん通り店、JR博多シティ デイトス店、新宿伊勢丹店、東京ミッドタウン日比谷店、JR 名古屋高島屋店 ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【抹茶蕨餅】

    価格 400 円 日持ち:常温当日

関連記事はこちら

人気のわらび餅の通販やお取り寄せにおすすめ

  • 笹屋昌園の本わらび餅

    1918年創業、100年以上の歴史を誇る「笹屋昌園」は、日々の変化に合わせて微調整可能な手作業に現在もこだわる和菓子ブランドです。職人1人1人が本物を目指し、技術や食材を吟味したことで誕生する和菓子たちは絶品!通販で日本全国から注文することができるのも大きな魅力です。

    本わらび粉を使用した通好みの味わい「笹屋昌園」

    笹屋昌園の本わらび餅

    本わらび餅「極み」は、国産の中でも最高峰の本わらび粉を使用したラグジュアリーな一品。ボックスの中には伝統製法で作られた究極の食感が詰まっています。付属しているのは、丹波の黒豆から作られる「京きな粉」。絶妙な香ばしさとキメの細かさに定評があり、わらび餅との相性も抜群!宇治抹茶をプラスした抹茶きな粉は、ほろ苦さが効いている通好みの味わいです。

    【店舗】笹屋昌園
    【住所】京都府京都市右京区谷口園町3-11
    【アクセス】京福(嵐電)龍安寺駅より徒歩約1分
    【電話】075-461-0338
    【営業時間】10:00~18:00
    【定休日】火曜
    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 本わらび餅「極み」】

    価格 1,728 円(税込)賞味期限:発送日を含み2日間

関連記事はこちら

笹とニッキの香り「文の助茶屋」笹包みわらびもち

  • 笹包みわらびもち 祥緑

    京都の東山を散策し、ちょっと一休みしたいという際にピッタリなのが「京甘味 文の助茶屋」です。明治時代の落語家,二代目桂文之助が明治末期に創業したお店で、粋を知る方が足繁く通う独特の空気感を持つ憩いの場♪ 「笹包みわらびもち 祥緑(しょうろく) 」はその代表格であり、つるんとした食感と和三盆の甘み、ほのかに広がる笹とニッキの香りがたまりません。

    ほのかに広がる笹とニッキの香りが絶妙

    笹包みわらびもち 祥緑

    1つ1つ手作業で笹に包んでおり、一口ごとに爽やかな香りを堪能することができます。また、深煎りきな粉だけでなくニッキを使っているというのもポイント!本わらび粉だけが持つコシと滑らかさを併せ持つ、上質な味わいを際立たせた独自の味わい。テレビなどで取り上げられることも多く、京土産として贈っても喜ばれます。

    【店舗】京甘味 文の助茶屋 本店
    【住所】京都市東山区下河原通東入八坂上町373
    【店舗】清水店
    【住所】京都市東山区清水3丁目333-3
    【店舗】名古屋店
    【住所】名古屋市中村区名駅1-1-4
    ジェイアール名古屋髙島屋6F
    【店舗】新横浜店
    【住所】横浜市港北区新横浜2丁目100番地45
    キュービックプラザ新横浜10階など ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【笹包みわらびもち 祥緑(しょうろく) 3本入 クール便送料込】

    価格 1,965 円(税込)消費期限:3~4日

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら