「笹屋伊織」のおすすめ!定番から季節限定の人気商品も

「笹屋伊織」のおすすめ!定番から季節限定の人気商品も
スポンサーリンク

笹屋伊織の創業は1716年と、300年余りの歴史ある老舗和菓子屋。培ってきた歴史の中で積み重ねてきた知識や技術、技を大切にしつつ、現代にも溶け込むよう絶妙にアレンジしたお菓子は人気があります♪

京の老舗「笹屋伊織」のおすすめ

  • 笹屋伊織のおすすめ

    京都御所や神社仏閣、茶道の家元などからも頼りにされてきた「笹屋伊織」。お店には、伝統を守る雅な生菓子から、現代に溶け込むモダンな和スイーツまで、魅力的な和菓子が並んでいます。

    こちらでは、笹屋伊織の代表銘菓のどら焼きをはじめ、定番人気から季節限定の人気商品まで、押さえておきたいおすすめの品をお伝えしていきます♪

笹屋伊織の代表銘菓、竹皮に包まれたどら焼

  • 笹屋伊織の代表銘菓 どら焼

    【 代表銘菓 どら焼 】

    価格 1,620円(税込) 消費期限:製造より7日

    笹屋伊織の代表銘菓といえば、月に3日間しか販売されない「どら焼」です。その販売日は、毎月20日、21日、22日の3日間だけと決まっており、入手するのは簡単ではありませんが、以前は弘法大師の月命日である21日のみの販売だった棹菓子です。

    誕生したのは江戸時代末期

    笹屋伊織の代表銘菓 どら焼

    誕生したのは江戸時代末期。五代目当主が、京都・東寺から副食にもなるスイーツをリクエストされて作られたもので、当時、町中でも人気となりましたが、手間ひまかけて丁寧に作るため、「弘法さん」の日に合わせて毎月21日のみ販売されていたそうです。

    もっちりとした弾力ある生地に甘さ控えめの餡

    笹屋伊織の代表銘菓 どら焼

    「これがどら焼?」と、初めて目にされる方は驚かれるかもしれませんが、名前の由来は皮をお寺の銅鑼で焼いたからという歴史あるどら焼なんです♪

    竹皮に包まれたどら焼きをそのまま2センチくらいの幅で輪切りにし、皮をむいてからいただきます。もっちりとした弾力ある生地に、甘さ控えめの餡が小腹も心も満たしてくれる逸品は、温めたり、天ぷらのように揚げていただくのも◎

    「代表銘菓どら焼」は京都だけでなく、北海道から九州まで各店で販売しているので、近くの店舗を確認してみるのも◎

関連記事はこちら

スポンサーリンク

通年販売で日持ちも良い「琴の仙」

  • 笹屋伊織の琴の仙

    【 琴の仙 バニラ、チョコ 】

    価格 1枚・130円(税込) 消費期限:製造より60日

    通年販売で日持ちも良く、お土産や贈答に活躍するのが「琴の仙(ことのせん)」です。和と洋を程よくミックスしており、外側の欧風せんべいのサクサクとした歯ごたえや、優しい卵の風味とクリームの甘さがたまりません♪

    老若男女問わずに喜ばれる優しい味わい

    笹屋伊織の琴の仙

    バニラとチョコレートの2種類のフレーバーがあり、人気のバニラは、封を開けた瞬間、ふわっとバニラの香りが広がります。老若男女問わずに喜ばれる優しい味わいで、プチギフトやおやつにもピッタリ。

    1つから購入することが可能で、バニラとチョコの15枚入り(価格:2,160円)、30枚入り(価格:4,320円)、40枚入り(価格:5,430円)の詰め合わせは上品なボックスに入っており、熨斗も選択できるのでかしこまった席の手土産にも◎

縁起の良い菓子名も人気「千客万来」

  • 笹屋伊織の千客万来

    【 千客万来 】

    価格 1個:130円、5個入:756円、10個入:1,512円、 18個入:2,549円(税込) 消費期限:製造より90日

    商品名は、「千客万来」!パッケージにも、勢いある筆使いで千客万来と記されていますが、こちらの文字は、高野山 東野学明 大僧正に染筆いただいたものなんだとか。

    縁起の良い菓子名もあって、お店をオープンさせる友人や、取引先の会社へのビジネス手土産としても贈りたくなるお菓子です。

    取引先などビジネスシーンの手土産にも

    笹屋伊織の千客万来

    白あんにバターや練乳、はちみつ、栗甘露煮を練り込んだものを焼き上げており、表面はこんがりキツネ色。舌触りなめらかで上品な甘さに頬が緩み、老舗が培ってきた技術の確かさが伺えます。

    千客万来は1つから購入が可能。また、5個入、10個入、18個入りの箱入りを選ぶことも出来ます。日保ちは製造より90日と余裕があるので、お相手を急かすことなく好きなタイミングで食べていただけるのもポイント。

関連記事はこちら

スポンサーリンク

春限定の人気商品といえば「伊織のさくら」

  • 笹屋伊織の伊織のさくら

    【 伊織のさくら 】

    価格 1個:216円、6個入り:1,404円、10入り:2,376円(税込) 消費期限:製造より40日

    春といえば「桜」というほど、その姿を楽しめる期間も短い「さくら」は特別な存在です。そんな春にしか出会えない「伊織のさくら」は、風に揺れて舞い散る桜、青空に映える優しい桜色など、幾つもの情景に美しく咲き誇る桜をイメージしたお菓子。

    ほのかに香る桜風味も上品

    笹屋伊織の伊織のさくら

    可愛らしいピンクにグリーンの映えるパッケージもかわいらしく、毎年、この時期を楽しみにしているファンも少なくありません。

    笹屋伊織の伊織のさくら

    しっとりとした桃山生地の中には、こし餡がたっぷりと入っており、ほのかに香る桜葉の風味も上品。目で見て味わって、五感で春を感じることができ、毎年リピートしているお客さんも多い人気商品です。

春のご挨拶の品にもオススメ「桜パイ」

  • 笹屋伊織の桜パイ

    【 桜パイ 】

    価格 1個:216円、5個入:1,242円、10個入:2,376円(税込) 消費期限:製造より30日

    春の銘菓「桜パイ」は、和菓子屋さん独特のしなやかなパイ生地の、しっとりと柔らかな食感も人気の一品。卵黄を塗布して艶出しした生地はほのかに香ばしく、バターの香りも豊かでコーヒーとも相性抜群!

    中には白餡ベースの桜餡が入った和洋折衷の味わいで、ほのかにきかせた塩気があんこの甘みを引き立てます。

    個包装のパッケージにも桜の花がデザインされていて、手土産にも好評。1個から購入できますが、5個入りと10個入りのギフトもあり。「伊織のさくら」、「春サブレ」との詰め合わせは、春の様々なご挨拶の品にもオススメです。

関連記事はこちら

笹屋伊織の店舗情報やアクセス

  • 笹屋伊織のお菓子の包装

    笹屋伊織の本店は、JR京都駅から徒歩で約20分ほど。梅小路京都西駅からも徒歩で約6分ほどの場所にあります。外壁には「笹」という漢字があしらわれており、すぐに見つけられます♪

    「和菓子なごはん」をテーマにした笹屋伊織 別邸をはじめ、本店や南店、名鉄には「イオリカフェ」も併設されているので、人気のパフェや和菓子をいただきながら休憩するのもオススメ。

    手土産や贈答の品が必要な際にも立ち寄りやすい

    笹屋伊織の生菓子

    また、アクセスも便利な全国の百貨店にも店舗を多く展開しており、手土産や贈答の品が必要な際にも立ち寄りやすいのも◎

    ショップ情報

    【店舗】笹屋伊織 別邸、本店・イオリカフェ、南店・イオリカフェ、ジェイアール京都伊勢丹店、大丸京都店、高島屋京都店、松坂屋高槻店、西武池袋本店、そごう横浜店、玉川高島屋S・C店、丸広川越店、水戸京成百貨店、高崎スズラン店、大丸札幌店、三越仙台店、新潟伊勢丹店、名鉄百貨店本店、名鉄イオリカフェ、ながの東急百貨店、天満屋岡山本店、天満屋倉敷店、山口井筒屋店、井筒屋本店(小倉店)、大丸福岡天神店、トキハ別府店など

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

関連記事はこちら

PAGE TOP