お中元はいつまでに贈る?お中元を贈る時や頂いた時のマナー

line お気に入り
e323

お中元は日頃お世話になっている人に、半年分のお礼の気持ちを込めて贈るものですが、何をいつまでに贈るのがマナーなのでしょうか。また、お中元と暑中見舞いの違いとは一体何でしょうか。こちらの記事では、お中元を贈る時や頂いた時のマナーについてご紹介します。

お中元とはどのような習慣?いつまでに贈れば良い?

  • お中元 贈る時期

    お中元は日頃お世話になっている人に、半年分のお礼の気持ちを込めて贈るものです。お中元を贈る時期は地域や地方によって異なりますが、

    関東では7月15日まで、関西では8月15日まで

    に贈るのが一般的です。この時期までに贈るものは「のし紙」にお中元と書いて良いということになりますが、時期が過ぎてしまった場合は「暑中見舞い」や「残暑見舞い」、または「御礼」などとして贈ります。

関連記事はこちら

お中元の選び方、何をどう選んだら良いの?

  • お中元の選び方

    お中元は「お世話になっている方」への日頃の感謝の気持ちを示すもの。お中元を選ぶポイントは何と言っても「気配り」でしょう。日頃の感謝を伝えるためのお中元なのに、相手に余計な気を遣わせてしまっては本末転倒です。

    お中元の品にはどんなものが良いのか?

    お中元の商品は食品が一般的ですが、夏場ということもあり、日持ちの短いものは相手にとって負担になってしまう可能性があるので気をつけたいところです。また、「ご家族の目線」で商品を選ぶことも「喜んでもらえるお中元」選びでは大事なポイントです。贈る相手が男性の方であっても、奥様をはじめとする女性やお子様などご家族の目線で選ぶことが重要で、相手のご家族の皆さんが一緒に美味しく召し上がっていただけるものを選ぶと良いでしょう。

関連記事はこちら

お中元を頂いたら、お返しはどうすれば良い?

  • お中元のお返し

    お中元のお返しは不要とされていますが、頂いた場合はお礼状を出すと丁寧です。ただ、お中元は一般的に目下の者から目上の方に贈るものとされているため、頂いたお中元にお返しをする場合はのし紙に「お中元」と書いてお贈りします。

line お気に入り

関連記事はこちら

関連記事はこちら