鍵善良房の葛きりが絶品!お土産なら鍵もちや菊寿糖がおすすめ

lineLoading
Kagizenyoshifusa_10
スポンサーリンク

京都で愛され続けている老舗の和菓子屋「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」。屋号に”鍵”が付いているのは、八坂神社のカギを預かっていたからという説もあるのだとか。正確な創業時期は特定されていませんが、300年近くにわたり菓子屋を営み、花街のお茶屋さんや料亭をはじめ、神社仏閣などにも菓子をおさめてきた老舗です。注文を受けてから作る京菓子の美しさは現在でも京の文化として根付いています。

鍵善良房のお土産におすすめの品もご紹介

  • Kagizenyoshifusa_01

    休憩にもおみやげ探しにも、京都を訪れる際にはぜひ訪問したい「鍵善良房」。のれんをくぐると、そこには長い歴史を感じさせる空間の中でゆったりとした時間が流れています。こちらでは、鍵善良房が生み出した逸品や、手土産やお土産に押さえておきたいお菓子についてご紹介していきます。

お店でしか食べれない鍵善良房の葛きり

  • Kagizenyoshifusa_03

    戦後、食後のデザートにしたくずきりが評判となり、今日に至るまで鍵善良房といえば「くずきり」と言われるほどの名物になった「葛きり」。材料は、希少な吉野本葛の中からさらに吟味したものと水のみを使用したシンプルなものですが、まさに一線を画す弾力のあるもっちりとした食感とつるりとした喉越し!

    代名詞とも言える名物の葛きり

    Kagizenyoshifusa_13

    黒蜜は沖縄は波照間島の黒糖を使っており、飲み干す方もいらっしゃるほどさっぱりとした口当たりで有名作家や多くの文豪たちからも愛されてきた「葛きり」。透明感のあふれる葛きりは、見た目も涼しげ。葛きりは、別の器に分けられた黒蜜と白蜜が選べます。本店と高台寺店では注文が入ってから葛と水を合わせ、透明度の高い作り立てを提供しているので、ぜひ試していただきたい逸品です。

    鍵善良房のくずきりのお値段

    Kagizenyoshifusa_04

    器もとても美しく、目でも楽しめる葛きりは、店舗で1,000円でいただくことができます。注文の際には、お茶菓子として落雁も一つ添えられていて、上品な甘さが体に染み渡ります。おうすと生菓子は880円、おうすと水ようかんは880円、おうすは500円、グリーンティーは500円。京の風情あふれる中庭を眺めながら甘味をいただくのもいいですね。

    【鍵善良房 葛きり】

    価格 1,000円(税込)

鍵善良房のわらびもち(四条本店のみ)

  • Kagizenyoshifusa_12

    中でも四条本店でしか味わえない「わらびもち」。本わらび粉を贅沢に使った「わらびもち」は、出来たてはとても柔らかく、ほどよい弾力とコシもあり、食べごたえも十分!甘さ控え目の黒蜜をたっぷり絡ませると、きなこの香ばしさと黒糖のコクのある風味が口いっぱいに広がります。

    ほどよい弾力とコシのある食感

    Kagizenyoshifusa_11

    鍵善良房はデパートなどへの出店はしていませんが、これもお店で歴史や調度品など本物の雰囲気も味わって貰いたいというご主人の気持ちからだとか。インターネットで何時でもなんでも手に入ってしまうご時世ですが、時には「そこにしかないものを味わう贅沢」を堪能してみるのも!

    【わらびもち】

    価格 900円(税込)

鍵善良房のお土産におすすめ「鍵もち」かぎもち

  • Kagizenyoshifusa_10

    わらび餅と似ていますが、鍵もちは約7日間ほど日持ちがするため、お土産や手土産としても人気があります。お子様からご年配の方までファンが多く、長年通われる方のお目当てともなっている鍵もち。柔らかな求肥ときなこのシンプルな組み合わせですが、噛むたびに奥深い美味しさが広がるお菓子です。

    鍵善良房のお土産には外せない逸品

    Kagizenyoshifusa_08

    また、シンプルだからこそ飽きが来ず、お店の素材へのこだわりや技術の高さがうかがえるお菓子。きなこもたっぷりと添えられているのにどこか見た目も上品な鍵もちは、幅広い世代の方から長年愛され続ける名品。お店を訪れたら必ず購入するという地元ファンも多く、お土産としても外せない商品です。

    【鍵もち(かぎもち)20個入り】

    価格 2,200円(税込)賞味期限:7日

鍵善良房の干菓子「菊寿糖」落雁

  • KAGIZENYOSHIFUSA_02

    享保年間の創業時から現在まで変わらず作り続けている名物落雁「菊寿糖(きくじゅとう)」。阿波市の土成町で採れる和三盆のみを使い、江戸時代と同じ手法で3週間ほどかけて作るため大量に作ることができない希少な落雁です。

    舌の上ですっと溶けゆく上品な落雁

    KAGIZENYOSHIFUSA_03

    口に入れるとキメの細かい舌触りですっと溶け、上品な甘みだけがほのかに余韻を残し手消えていくので、1つまた1つと手が伸びます。形は中国の故事を元にし、長寿を願って菊の花を模しているとか。

    菊の形の落雁、菊壽糖はお土産にも

    KAGIZENYOSHIFUSA_01

    菊の花の和菓子はよく見られますが、菊寿糖は花の中心を少しずらし、花びらが生き生きと立体的に見えるよう設計されています。色は基本は白ですが、おめでたい席には紅白で、冬季には黄色や紫色も発売されるなど、時々の楽しみ方があります。

    【菊寿糖20個入(紙箱)】

    価格 900円(税込)賞味期限:90日

鍵善良房の水ようかん「甘露竹」かんろたけ

  • Kagizenyoshifusa_05

    毎年、四月朔日のお楽しみといえば青竹に入った水ようかん「甘露竹(かんろたけ)」の発売開始!夏の風物詩の発売を心待ちにしているファンも多いのだとか。国産の小豆を煮て作った餡に丹波産の寒天をあわせて作った柔らかめの水ようかんは1つずつ職人さんの手作業によって青竹に入れられ、笹の葉で包まれていきます。

    水ようかん 甘露竹(かんろたけ)

    よく冷やしてから食べると、爽やかな青竹の香りと上品であっさりした甘みを口いっぱいに感じることができます。ツルリとしたのど越しと、あっさりとした甘みは暑い季節にピッタリ。青竹の底には穴が開けられているので羊羹が取り出しやすく、小さなお子様も一緒にみんなで楽しむことができるのも嬉しいですね。竹籠に入った涼しげな姿の羊羹をお土産や手土産に、自宅や相手先といただくのも!

    【甘露竹(かんろたけ)10本竹篭入り】

    価格 4,600円(税込)賞味期限:5日

関連記事はこちら

鍵善良房の店舗情報

  • Kagizenyoshifusa_02

    長い歴史を感じさせる四条本店に、落ち着いた趣きのある高台寺店。ゆっくりと流れる悠久の時の流れの中で絶品の葛きりに舌鼓を打つ。祇園での観光や買い物の途中に、東山の散策の休憩にもぜひ訪れたい名店です。

    kagizenyoshifusa

    【店舗】四条本店【住所】京都市東山区祇園町北側264番地
    【営業時間】菓子販売は9:00~18:00、喫茶は9:30~18:00
    【定休日】毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)【電話】075-561-1818
    【店舗】高台寺店【住所】京都市東山区下河原通高台寺表門前上る
    【営業時間】10:00~18:00
    【定休日】毎週水曜日(祝祭日の場合は翌日)【電話】075-525-0011など。 ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

lineLoading

関連記事はこちら

Recommend Item

関連記事はこちら