清寿軒のどら焼きが絶品!連日売り切れが当たり前の人気ぶり

スポンサーリンク

東京・日本橋人形町にある1861年創業の和菓子屋「清寿軒(せいじゅけん)」をご紹介!「大判どら焼き」と「小判どら焼き」という清寿軒を代表する2種類のどら焼きは東京でもトップクラスの人気を誇ります。

清寿軒のどら焼きは「売り切れ」が当たり前

  • 清寿軒

    上質な素材を長い歴史で培った職人技で手間ひまかけて丁寧に仕上げた清寿軒の和菓子は手土産にも最適。こちらではあまりの人気ぶりに売り切れが当たり前の清寿軒のどら焼きをはじめ、押さえておきたい情報についてご紹介します。

ずっしりとした重みを感じる「大判どらやき」

  • 清寿軒の大判どらやき

    【 大判どらやき 】

    価格 250円  賞味期限:4日

    「清寿軒」といえば、どら焼きの有名店が軒を連ねる東京のなかでもトップクラスの人気を誇る名店です。140年以上の歴史のなかで培った技術で、厳選された素材を使って仕上げるどら焼きはまさに「絶品」です。

    清寿軒の大判どらやき

    たっぷり食べたいという方に好評な「大判どら焼き」は、手で持つとずっしりとした重みを感じる一品。餡は北海道十勝産の小豆を毎日、手で混ぜながらじっくりと長い時間をかけて煮込んでいるそうです。

    機械に頼ることなく昔ながらの製法で丁寧に仕上げることで完成する他では味わうことができない本物のお味。生地は混ぜ物のない純粋なハチミツを使用することで、しっとりとした食感でコクと奥行きのある甘さに仕上がっていて、小豆がしっかりと香る餡とのハーモニーも抜群!清寿軒の「大判どらやき」は誰が食べても美味しいと感じられるはず!ぜひ一度は食べたい名品です。

スポンサーリンク

餡がはみ出るほどの「小判どらやき」

  • 清寿軒の小判どらやき

    【 小判どらやき 】

    価格 230円  賞味期限:4日

    清寿軒のどら焼きは大判だけではありません。一回り小さく、手頃なサイズの「小判どら焼き」も高い人気を誇ります。7代目が、誰にも食べやすいサイズとして考案したのが始まりとのこと。

    清寿軒の小判どらやき

    大判どら焼きは2枚の皮で餡を包んでいましたが、小判どら焼きは長めに焼いた1枚の皮で餡を包んでいるというのも特徴の1つです。「小判」とはいうものの、粒あんがはみ出るほどたっぷり包まれていて、重量感も食べごたえもばっちり。職人が長い時間かけて手作業で仕上げる極上の粒あんを、心ゆくまで堪能することができるどら焼きです。

    9時の開店から数時間ほどで売り切れてしまう日もあるほど人気の清寿軒のどら焼き。確実に手に入れたい場合はできるだけ早くお店を訪れるか、電話で予約しておくことをおすすめします。

幅広いシーンに対応してくれる清寿軒の和菓子

  • 清寿軒

    小判どら焼きや大判どら焼きは1つから購入することができ、自宅で食べるおやつや、ちょっとした差し入れにも重宝します。また、幅広いシーンで使いたいという声に応えてくれる化粧箱も用意されており、こちらは接待や得意先への手土産など、かしこまったシーンの贈り物にもおすすめです。

    大判どら焼きと小判どら焼き、どちらも楽しめる詰め合わせは特に人気です。また、素材にこだわり、手間ひまかけて作られているのはどら焼だけではありません。最中など他の和菓子も上質な味わい♪さっくりと香ばしく軽い歯ざわりの皮に包まれた最中などと「どら焼き」を詰め合わせるのもオススメですよ。

スポンサーリンク

清寿軒は「最中」もおすすめ

  • 清寿軒の小倉最中

    【 小倉最中 】

    価格 230円

    濃いめのお茶とともに食べたくなるような、濃密な旨味が詰まった餡とサックリと香ばしい皮の組み合わせがたまらない最中。和菓子の定番中の定番であり、清寿軒でもファンの多い一品です。薄く香ばしい皮が、みずみずしい「つぶしあん」の上品な甘さを引き立てています。 清寿軒の栗最中

    【 栗最中 】

    価格 230円

    栗の形をしたビジュアルもかわいらしい「栗最中」もおすすめです。手に取るとずっしりと重さを感じますが、それもそのはず、みずみずしい餡子の中にはカットされた栗がたっぷり詰まっているんです。清寿軒の栗最中は、まさに「栗が主役」の贅沢な一品です。

清寿軒の店舗、アクセス情報

  • 清寿軒

    東京メトロ・日比谷線、都営地下鉄・浅草線の「人形町駅」から5分ほど歩くと見えてくる「清寿軒」。創業は江戸文久元年(1861年)と長い歴史を持ち、古くは大名家や武家、そして料亭の手土産としても長く愛されてきた名店です。

    お店には「大判どら焼き」や「小判どら焼き」をはじめとする和菓子が並び、その奥にはお菓子作りの現場をちらりと見ることができる昔ながらのスタイル。栗まんじゅうやどら焼きなど、開店から数時間で売り切れてしまう人気ぶりなので、確実に手に入れたい場合は午前中にお店を訪れるか、もしくは電話で予約しておくことをおすすめします。

    ショップ情報

    【店舗】日本橋和菓子屋 清寿軒(せいじゅけん)
    【住所】東京都中央区日本橋堀留町1-4-16 ピーコス日本橋ビル1F
    【電話】03-3661-0940
    【定休日】土曜午後・日曜・祝日
    (7月、8月、9月と、10月第1週は土曜午前も休業)
    【営業時間】月〜金・9:00~17:00 土・9:00~12:00 (夏季以外)
    ※ 全てどら焼きが売り切れ次第営業終了

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら