鍋のお取り寄せにおすすめ!料亭や旅館の「高級」鍋料理

lineLoading
料亭 鍋
スポンサーリンク

息も白くなるほど気温が下がってくると、食べたくなる定番の料理といえば“鍋”料理ですよね!美味しいお鍋はご自宅用のお取り寄せにはもちろん、大切な方への贈り物にも人気があります。

高級なお鍋はお取り寄せや贈り物にもおすすめ

  • 料亭 鍋

    とはいえ、お取り寄せしてまでいただきたいお鍋となると、やはり贅沢な高級食材を使ったお鍋ではありませんか?牛肉を贅沢に使ったすき焼きから高級魚を使った海鮮鍋やカニ鍋、精進鍋や鴨鍋、うどんすきやきりたんぽ鍋など、鍋料理といっても使う具材やお出汁の種類や風味も様々です。

    日本料亭や旅館などの美味しいお鍋をご紹介

    そこで、日本各地の老舗の日本料亭や旅館など、伝統の技を伝える出汁や厳選素材を使った絶品のお鍋をご紹介!料理人たちのこだわりが随所にあらわれた鍋料理は、ご自宅で手軽に贅沢気分を味わえる贈り物にもおすすめ。こちらでは、一度食べたらその感動を忘れられない「美味しいお鍋」を特集しています。通販やお取り寄せが可能な商品も合わせて掲載しています。

関連記事はこちら

京都の精進料理の名店の精進鍋

  • 京都 泉仙 湯葉とかぶらの精進鍋

    歴史と情緒溢れる景観、人々の心が魅力を生み出す古都・京都には、美味しい名店が並びます。なかでも、仕出しのお店としても親しまれる老舗「泉仙」の、肉や魚介類を使わず、穀物や豆類、野菜などの食材から作られる精進料理は有名。禅と京料理の伝統が丁寧に仕上げられる精進料理から、風味豊かな“かぶら”の出汁に、京都の代表“湯葉”と冬の旬野菜を使った「湯葉とかぶらの精進鍋」。

    泉仙自家製の湯葉を使った平湯葉や湯葉団子にもちもちの生麩、季節の味覚の海老芋、蓮根団子、煮椎茸などの野菜がかぶら出汁を染み込ませ、体の芯まで美味しさが広がる一品。京都に行かなきゃ味わえない美味しさを、自宅で楽しむのも◎

    【店舗名】大慈院店【住所】京都市北区紫野大徳寺町4 大慈院内
    【電話】075-491-6665【 営業時間】11:00~16:00(L.O) 年中無休
    【店舗名】紫野店【住所】京都市北区紫野下門前町42大徳寺門前(右手)
    【電話】075-493-0889【 営業時間】11:00~17:00 定休日 水曜日(祝日は営業)
    【店舗名】嵯峨野店【住所】京都市右京区嵯峨鳥居本六反町11
    【電話】075-881-7016【 営業時間】11:00~16:00 定休日 火曜日(祝日は営業) ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 京都 泉仙 湯葉とかぶらの精進鍋 】

    価格 6,264円(税込)賞味期間:冷凍30日

最高級の白身魚「くえ」を使った「くえ鍋」

  • 割烹平家 くえ鍋セット

    冬の鍋の具材でも、魚を使ったものは出汁と魚の海の旨味がギュッと詰まった絶品ばかり!捕獲量が少ないことから、幻の高級魚として有名な“くえ“を使った「くえ鍋」も冬の絶品鍋の1つです。養殖品もまだ数が少なく、天然物は超高級!通年獲れるのですが、冬鍋の時期に最も需要の高まる魚です。

    その最高級の白身にはしつこくない脂がしっかりと乗っていて、フグよりも美味しいと賞されるほど。大分・別府の純和食店「いけす割烹 平家」の「くえ鍋」は、そんな九州産の「極上」くえを使った季節のお鍋がご家庭で手軽に味わえます。くえ、ハモつみれのメイン食材に、お店秘伝の塩出汁と薬味セット、九州を中心に栽培されているヒノヒカリ米がセットになって、美味しさの滲み出たスープで雑炊までもが楽しめます。

    【店舗名】いけす割烹 平家【住所】大分県別府市石垣東7-2-14
    【電話】0977-24-7126【営業時間】11:00~14:00、17:00~21:30
    月曜定休日 ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 割烹平家 くえ鍋セット】

    価格  10,800円 (税込) 賞味・消費期限:冷凍30日

下関の極上のフグを使った高級「ふぐ鍋」

  • 寿美礼 とらふくちり鍋

    山口県下関といえば開門海峡や壇ノ浦、巌流島といった日本有数の観光名所のある場所ですが、やっぱり浮かぶのが“ふぐ”ですよね!下関にあります創業70余年の割烹旅館「寿美礼」は、そんな下関の「ふぐ」を使った料理がおいしくいただけると評判の割烹旅館。親しみやすい落ち着いた和室でいただく美味しい「ふぐ料理」はまた格別です。

    寿美礼 とらふくちり鍋 焼き白子付き

    美しく盛り付けられた“ふぐ刺し“はもちろん、この時期には“ふぐしゃぶ“や”ふぐ鍋“など、季節ごとのふぐの魅力がいっぱい詰まったふぐ料理の数々。なかでも「とらふくちり鍋」は、オンラインショップ限定のとらふぐちり用にカットされた身や、ひれ酒にしても美味しいふぐひれ、焼き白子が詰め合わされた“ふく”のセット商品。極上の「ふぐ料理」を取り寄せて、日本酒を楽しむのも◎

    【店舗名】割烹旅館 寿美礼【住所】山口県下関市竹崎町3-13-23
    【電話】083-222-3191 ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 寿美礼 とらふくちり鍋(焼き白子付)】

    価格 10,800円(税込)賞味期間:冷凍90日

カニの王様「たらばがに」を使ったかに鍋

  • 佐藤水産 たらばがに鍋

    冬の味覚・魚介類の代表的なものといえば“カニ“。秋から冬にかけてが旬のカニですが、普段は高価でなかなか手が出にくい贅沢品のひとつ。赤い色が鮮やかで、縁起物として年末年始に食べられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    佐藤水産 たらばがに鍋2

    カニの王様とも称される大きな”たらばがに“ですが、本来はヤドカリの一種。蒸しや茹でて食べるのが一番美味しく、甘みのある飽きのこない美味しさも人気です。家で丸ごと一匹調理するのは難しいですが、「たらばがに鍋」セットは、1番美味しい脚の部分がカットしてあるので調理が簡単◎ 蟹味噌入りのかに団子に北海道産ボイルほたて、カニの旨味が染み出したスープと濃縮醤油出汁も絶妙!シメのラーメンまで美味しく召し上がれます。

    【店舗名】岡山店、津山店、倉敷店、福山店、福山ポートプラザ店、広島アルパーク店、広島緑井店、米子しんまち天満屋、天満屋八丁堀ビルなど。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 佐藤水産 たらばがに鍋 】

    価格  10,800円 (税込)

京料理茶懐石の鴨を使った合鴨鍋

  • 下鴨茶寮

    世界遺産・賀茂御祖神社(下鴨神社)や境内にある糺の森といった、観光客にも大人気スポットの京都の下鴨。安政3年創業の「下鴨茶寮」もその1つで、建物やお庭の景観、そして最高のおもてなし料理が人気の観光名所となっています。160年の伝統と歴史を継承し、時代の今に寄り添いながら“世界の京都“へと発展を続ける老舗料亭です。

    下鴨茶寮 料亭の合鴨鍋セット

    冬限定で販売される「料亭の合鴨鍋」は、合鴨肉と合鴨つみれを美味しく頂くために作られた料亭のお出汁と、湯葉や生麩、旬菜、生麺の詰め合わせ。京料理茶懐石の名店のお鍋は、おネギと鴨のお出汁がシメまでしっかりときいていて、ご自宅用にも贈り物にもおすすめです。

    【店舗】下鴨茶寮 本店【住所】京都市左京区下鴨宮河町62
    【電話】075-701-5185【営業時間】11:00~15:00、17:00~21:00
    【定休日】不定休 ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 冬季限定 料亭の合鴨鍋 3人前】

    価格  10,800円 (税込) 賞味期限:製造日より3日

    本場の料亭のお味がご自宅で楽しめる鴨鍋

    平八茶屋 鴨鍋

    京都の老舗料亭からもう一品。創業天正年間、安土桃山時代に山端(やまばな)の地で茶屋として創業した400年以上の歴史を受け継ぐ「平八茶屋」は、宿泊とお食事のできる老舗料亭です。母屋は200年以上の歴史があり、壬生狂言の演目にある麦飯とろろが旅人の定番で、岩倉具視や新撰組、夏目漱石と言った歴史上の有名人も関わりがある料亭の料理は、今では豪華な懐石へと変わり、今なお人々を魅了し続けています。

    平八茶屋 鴨鍋2

    冬季限定として出される鍋物のなかでも、ロースされた合鴨に京都の湯葉や生麩、旬な冬野菜やつみれなどがたっぷりと詰め合わされた「鴨鍋」はおすすめ。お届け用の合鴨に合わせて作られた特製の旨出汁で、本場の料亭のお味が自宅でも楽しめるように工夫されています。

    【店舗名】山ばな 平八茶屋
    【住所】京都府京都市左京区山端川岸町8-1
    【電話】075-781-5008【営業時間】11:30~21:30
    ランチは11:30~15:00【定休日】水曜 ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 京都 平八茶屋 鴨鍋 】

    価格 10,800円(税込)賞味期間:冷蔵2日

高級なうどんすきといえば「美々卯」うどんすき

  • 美々卯 うどんすき

    鍋物に欠かせないものといえば、外せないのが「シメのもの」ですよね♪ 皆さんもご飯かうどん派に分かれると思われますが、初めからうどんを入れて完成する高級鍋があるのはご存知ですか?天下の台所、大阪で郷土料理としても親しまれる「うどんすき」は、発祥の店「美々卯」の商標登録料理でもあります。美々卯は元々200年続いた老舗料亭「耳卯楼」が始まりで、麺類専門店として今の店名に変わり、うどんすきが誕生しました。

    美々卯 うどんすき

    多くのお店ですき焼き風うどんを“うどんすき“として提供していますが、美々卯のうどんすきは、旨味たっぷりの出汁に、自家製太打ちうどんと豪華な山海の幸を一緒に煮込んで作るもの。初めから煮込むため、相性の良い少し太めのうどんを絶妙なコシを残して仕上げてあります。海老や鶏肉、穴子などの贅沢な食材に、椎茸、白菜、生麩、湯葉などがたっぷり入った本場のうどんすき。寒い夜にいただくと体の芯から温まります。

    【店舗】美々卯本店、美々卯本店別館、本町店、堺店、阪神店、新大阪店、心斎橋店、なんば店、あべのハルカスダイニング店、京都伊勢丹店、京都祇園店、京橋店、新橋店、新宿店、渋谷マークシティ店、シブヤ西武店、千葉そごう店、横浜そごう店、みどり店など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 美々卯 うどんすき 】

    価格 9,342円(税込)賞味期限:冷蔵で2日

関連記事はこちら

黒毛和牛と松茸の高級「すき焼き」におすすめ

  • 赤坂松葉屋 松茸と飛騨牛のすき焼

    日本の料理の代表格、牛肉を使った“すき焼き“は、高級和食から家庭の味まで広く親しまれている料理です。トロけるような甘い脂の和牛肉は、すき焼きなどの出汁を中心とした繊細な和食のために改良された相性抜群の牛肉で、和食と和牛は切り離せないものになっています。

    東京・赤坂の「赤坂松葉屋」の、岐阜県飛騨地方で飼育される黒毛和牛“飛騨牛“と、香り豊かな松茸を合わせたすき焼きはおすすめ。赤身のもも肉と、程良い霜降りの肩ロース肉がバランスも良く、香り高い松茸を巻いて頂く贅沢なセット商品。特製の割下が肉によく染み込み、ネギや白滝などお好みの食材と合わせて楽しむことが出来ます。

    【店舗名】赤坂本店、伊勢丹新宿店、三越日本橋店、三越銀座店、東急百貨店東横のれん街、伊勢丹立川店、伊勢丹府中店、そごう横浜店、ラザーナ川崎プラザ店、伊勢丹相模原店、西武船橋店、伊勢丹浦和店、そごう大宮店、西武所沢店、仙台三越店、伊勢丹新潟店、岩田屋本店など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 赤坂松葉屋 松茸と飛騨牛のすき焼 】

    価格 10,800円(税込)消費・賞味期間:冷凍で14日

関連記事はこちら

秋田の老舗料亭「濱乃屋」のきりたんぽ鍋

  • きりたんぽ鍋

    鍋には、その土地ならではの郷土の味や食材が使われた郷土鍋があり、故郷と家庭の味を思い出させてくれることもあるのではないでしょうか。今では全国的に有名になった秋田の“きりたんぽ鍋“も郷土料理の一つ。たんぽとは、炊いたご飯や残りご飯を杉の串に巻いて焼いたもので、鍋に切って入れるため「きりたんぽ」と言われるようになったのだとか。

    濱乃家 きりたんぽ鍋宅配セット

    中でも、創業95年、秋田の味を伝え続ける老舗料亭「濱乃屋」の「きりたんぽ鍋」はお取り寄せや贈り物にもおすすめ。最高級米のササニシキを使い、秋田杉の串でこんがり焼き上げたきりたんぽに、日本三大地鶏の1つ“比内地鶏“や秋田地場産の舞茸、牛蒡、芹などをセットにした人気商品です。比内地鶏がらを使って作られる、秘伝の出汁の水にもこだわったお鍋でまるごと秋田を楽しんでいただくのも◎

    【店舗名】秋田の料亭「濱乃屋」【住所】秋田県秋田市大町4-2-11
    【電話】018-862-6611【営業時間】11:30~14:00、16:00~21:00 ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 きりたんぽ鍋宅配セット 4人前 】

    価格  11,124円 (税込)

lineLoading

関連記事はこちら

Recommend Item

関連記事はこちら