クリスマスの伝統菓子におすすめ!本場のクリスマスが味わえる!

スポンサーリンク

日本でクリスマスに食べるお菓子といえばクリームでデコレーションされたケーキが一般的ですが、クリスマスの本場であるヨーロッパではちょっぴり事情が違います。国や地域ごとにクリスマス時期に食べる伝統のお菓子があり、それがなければクリスマスが始まりません♪

2019年のクリスマスの伝統菓子におすすめ

  • 伝統的なクリスマス

    ドライフルーツがたっぷり入ったパンのようなドイツのシュトーレンや、フランスの切り株型をイメージしたブッシュ・ド・ノエルは日本でも知られた存在ですが、国によって様々な伝統菓子があり、実は、日本にいながらそれら本場の味を堪能することもできるんですよ♪

    こちらでは、ドイツやフランス、イタリアなどヨーロッパのクリスマスが味わえる伝統菓子や、日本でも購入可能な有名店をご紹介!また、通販やお取り寄せが可能な商品も掲載しています♪

ドイツのクリスマスの伝統菓子といえばシュトーレン

  • シュトーレン

    クリスマスに欠かせない存在のシュトーレンは、ドイツやオランダの伝統的なクリスマスの菓子パンでもあります。クリスマスを待つ期間に、薄くスライスして少しづついただくのが習慣。生地の中に練りこまれたドライフルーツの風味や味がパン生地に移り、日を追うごとに味わい深くなっていくクリスマスの伝統菓子です。そこで、有名なシュトーレンや、お取り寄せにもおすすめの美味しいシュトーレンをご紹介。

    人気のシュトーレン ピエールマルコリーニ

    ピエール マルコリーニ,シュトーレン

    【 ピエール マルコリーニ シュトーレン 】

    価格 2,700円(税込) 賞味期間:製造から冷蔵で25日

    カカオ豆の採取からチョコレート作りまでを一括して行うBean to Barの先駆け的存在の「ピエールマルコリーニ」。ベルギーを拠点に、ロンドンやパリ、ニューヨークなど世界30都市で店舗を展開し、ベルギー王室御用達の称号まで手に入れた凄腕のショコラティエは、日本でも大人気!

    パティシエやグラシエ・コンフィズールなどの職人資格も持っている彼が手掛けるシュトーレンは、カカオ発酵生地を使い、ドライフルーツの赤ワイン漬けがたっぷり入った贅沢な仕上がり。

    おすすめのシュトーレン「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」

    ロブションのシュトーレン

    【 ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション シュトーレン 】

    価格 3,564円(税込) 消費期限:常温で30日間

    フランスの国家最優秀職人章を受賞し、世紀のシェフとも呼ばれる「ジョエル・ロブション」。世界各国に店舗を持ち、ミシュランガイドで獲得した星の数は数知れず。世界一のシェフの名にふさわしい活躍をしています。 ドイツの伝統的なお菓子であるシュトーレンに日本の和三盆をまぶした「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のシュトーレンは、和三盆の優しい甘さが洋酒漬けのドライフルーツやナッツを包み込む贅沢な一品。ボックスはプレゼントにもぴったりな赤にロブションのロゴ入り。日持ちもよく、長期間楽しめるためクリスマス前の手土産やお歳暮などの贈り物にもおすすめです。

    シュトーレンの通販やお取り寄せにおすすめ

    有名なシュトーレン,オーセントホテル小樽

    【 オーセントホテル小樽 オリジナル シュトーレン 】

    価格 2,480円(税込)  賞味期限:発送準備日+27日

    北の大地が育んだ食材をふんだんに使った食事が人気の「オーセントホテル小樽」。自家製天然酵母を使ったベーカリーにも定評がありますが、1999年より販売しているシュトーレンは、毎年リピートしている方も多い人気商品です。

    小麦粉の配合に試行錯誤し、本場ドイツからローマジパンを輸入して使うなど材料にこだわり、手作業で一本ずつ仕上げた至高の一本。熟成具合によって風味の変化が楽しめ、シナモンの香りがドライフルーツの甘みとマッチ。ついつい食べすぎてしまうという声も多く聞かれるシュトーレンです♪

関連記事はこちら

スポンサーリンク

フランスのクリスマスの伝統菓子

  • クリスマス パン

    フランス語で香辛料を意味する「エピス」ですが、香辛料をふんだんに使った”パン・デピス”はフランスの伝統菓子でクリスマスによく食べられるお菓子の1つです。

    スパイスをきかせたパンのようなお菓子で、12月に入ると専門店も見受けられるほど有名なクリスマス時期の伝統菓子。アルザス地方のものが有名で、一般的にはフルーツのコンフィやナッツなどを使うことが多く、形もクッキーやパウンド型のケーキタイプなど、形やトッピング、食感やフレーバーもお店によって様々です。

    フランスのクリスマスの伝統菓子「パン デピス」

    ピエール・エルメ・パリ パンデピス

    【 ピエール・エルメ・パリ パン デピス フランボワーズ 】

    価格  2,592円(税込)

    前衛的なセンスや技術で世界トップクラスのパティスリーとして知られる「ピエール・エルメ・パリ」。新しいケーキの開発にも力を入れていますが、伝統的な味とも真摯に向き合っています。そんなピエール・エルメ氏がアレンジすると、伝統的なお菓子もシックで気品のあるスイーツに変身!

    ガナッシュの層と重なり合うフランボワーズの甘酸っぱい香りと風味が楽しめる「パン デピス フランボワーズ」は、口当たりもやわらかなパウンドケーキ。甘いものはあまり得意でないという方も、スパイスと合わせた緻密な味わいのケーキなら一緒に楽しむことができますね♪ 賞味期間は製造日から約30日。

関連記事はこちら

フランス・アルザス地方のクリスマスの風物詩「ベラヴェッカ」

  • スパイス

    フランスは東部、アルザス地方の伝統菓子の「ベラヴェッカ」。冬が近づくとパン屋さんに並び始めるクリスマスの風物詩で、ヨーロッパではアルザス地方以外でもよく見かけられます。

    「洋なしのパン」を意味するパン菓子で、発酵させた生地にキルシュなどの洋酒に漬け込んだドライフルーツやヘーゼルナッツやクルミなどのナッツ類、そこに香辛料を加えて焼き上げたもの。

    ワインや洋酒との相性も抜群で、クリスマスに向けて少しづつスライスしてその芳醇な果実の香りや旨味を楽しむ伝統菓子です。最近では、日本でもパン屋さんなどで見受けられるようになってきています。

    フルーツの美味しさが詰まった「ベラヴェッカ」

    ベラヴェッカ

    【 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ ベラヴェッカ 】

    価格 2,322円(税込)

    なかでも、サダハルアオキ氏ならではの香辛料を使い、じっくりと丁寧に焼き上げた「ベラヴェッカ」はトッピングも華やか。スパイスの香りとドライフルーツの旨味がみごとに調和し、薄くスライスしてチーズやテリーヌに合わせてワインと一緒にいただくのもgood!じっくりと時間をかけて楽しむことが出来きる「ベラヴェッカ」は、様々なアレンジが楽しめる大人にもピッタリのお菓子です。

    ショップ情報

    【販売期間】2019年11月1日(金)~12月末頃まで(予定)
    【販売店舗】パティスリー・サダハル・アオキ・パリ国内直営全5店舗、公式WEBサイト
    (丸の内店・東京ミッドタウン店・新宿伊勢丹店・渋谷ヒカリエ ShinQs店・JR 名古屋タカシマヤ店)

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    関連記事はこちら

    アルザス地方のクリスマスのお菓子のお取り寄せにも

    ドゥブルベ・ボレロ ベラベッカ

    【 ドゥブルベ・ボレロ ベラベッカ 】

    価格  2,160円(税込) 賞味期間:製造から常温で30日

    シェフが毎年フランスへ行き、みたものや感じたものをお店づくりに活かしている「W・Bolero(ドゥブルベ・ボレロ)」。”アイアシュッケ”というチーズケーキがテレビや雑誌などで紹介され一躍有名店となりました。

    フランス・アルザス地方のクリスマスに欠かせないお菓子ベラベッカは、シュトレーンよりも生地が少なくフルーツの比率が高いのが特徴。洋酒とスパイスに漬け込んだ洋梨や様々なフルーツをギュッと詰め込んだ贅沢な一品は、シャンパンやワインのお供にもぴったりです。

    ショップ情報

    【店舗】W.Bolero(ドゥブルべ・ボレロ)
    【住所】滋賀県守山市播磨田町48-4
    【店舗】ドゥブルベボレロ 大阪本町店
    【住所】大阪市中央区瓦町4-7-4 南星瓦町ビル103

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

スポンサーリンク

イタリアのクリスマスの定番といえばパネトーネとパンドーロ

  • パネトーネ

    イタリアはミラノでもおなじみのクリスマス菓子「パネトーネ」。スペシャルな天然酵母を使ったイタリアのクリスマスの定番「パネトーネ(パネットーネ)」は、たっぷりの卵を使いオレンジピールやレーズンなどのドライフルーツが入った味わい深いパン菓子です。

    日本の酵母では出せない風味なので、本場の味はあまり馴染みがないという方も多いかもしれませんが、イタリアは特にミラノ地方では、クリスマスの約1ヶ月前から親戚や友達に配る習慣もあります。

    そんなイタリアの伝統菓子「パネットーネ」や、ヴェローナの伝統菓子「パンドーロ」をクリスマスシーズンの手土産にするのもおしゃれですよね。

    本場のイタリアではクリスマスケーキともいえる「パネトーネ」

    Gian Franco
    Photo From Gian Franco

    世田谷の用賀にある陽気なパン屋さん「Gian Franco(ジャンフランコ)」。その名は、イタリアで3代続くパン屋を営んでいたジャンフランコ ファニョーラ氏、パンのワールドカップのイタリア代表に選ばれるほどのスペシャリストに由来しています。90年以上に渡り大切に守られていた天然酵母も譲り受け、彼の監修の元、ほかでは味わえない深い味わいのパンを提供しています。

    本場の味わい「ジャンフランコ」大きなサイズのパネトーネ

    ジャンフランコ パネトーネ
    Photo From Gian Franco

    【 ジャンフランコ パネトーネ 】

    価格  1個:1,650円、大:3,000円

    本場のイタリアではクリスマスケーキともいえる「パネトーネ」!本場の家庭では、かなり大きなサイズのものを購入するのも一般的で、大きなサイズのパネトーネは、中の生地のしっとりとした食感が一層楽しめます♪ 手間暇をかけた天然酵母種のみを使用し、卵たっぷりの生地にドライフルーツを混ぜ込んだパネトーネはお店でも大人気!お試しにカット売りもあり。

    ショップ情報

    【店舗】Gian Franco【住所】東京都世田谷区用賀4-14-21
    【時間】10:00~19:00【定休日】月曜日・火曜日【電話】03-6432-7317

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

ホテルメイドのラグジュアリーなパネトーネ

  • グランド ハイアット 東京,パネトーネ

    【 フィオレンティーナ ペストリーブティック パネトーネ 】

    価格 Sサイズ・1,300円、Mサイズ・2,300円

    ショッピングから美術館まであらゆるエンターテイメントが揃った六本木ヒルズにある「グランド ハイアット 東京」♪食にもこだわり抜いており、世界レベルのペストリーチームが手掛ける上質な味わいが並んでいます。

    今年は全部で10種類のクリスマスコレクションを発表しており、イタリアの名門アグリモンタナ社のドライフルーツを使用した「パネトーネ」は、果実の旨味をふんだんに感じることができる仕上がりが◎ 2サイズ展開しており、シーンに合わせて選べるのも嬉しいですね。

    ショップ情報

    【店舗】フィオレンティーナ ペストリーブティック
    【住所】東京都港区六本木6-10-3
    【販売期間】2019年11月1日(日) ~ 12月25日(水)
    【営業時間】9:00 ~ 22:00 【電話】03-4333-8713

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

イタリアの伝統菓子のお取り寄せにおすすめ

  • ペック,パネットーネ プレーン

    【 ペック パネットーネ 500g 】

    価格 4,320円 (税込)

    1883年、イタリアはミラノで生まれた「PECK(ペック)」。伝統的な食文化が今もなお豊かに残るミラノに本店を構える高級食料品店です。イタリア料理では外せないオリーブオイルをはじめ、パンやハムなど上質な食材や調味料を取りそろえる食材専門店としても人気のお店。

    イタリアの伝統菓子なら、本場をはじめ世界でも愛される「ペック」のパネットーネを選んでみるのも◎ ドライフルーツを生地に練りこんで焼き上げた正統派の味わいは、古くから受け継がれたミラノスタイルが味わえます。

    北イタリアの老舗洋菓子店の伝統菓子

    ペルベリーニ,クリスマス焼菓子

    【 ペルベリーニ クリスマス焼菓子】

    価格  6,480円(税込) 賞味期間:製造から常温で90日

    1900年から続く北イタリアの老舗菓子ブランドで、ヴェローナの地元でも愛され続ける「Perbellini(ペルベリーニ)」。伝統的な製法にこだわり、厳選した材料を使ったトラディショナルスタイルのイタリア菓子を作り続けています。大量生産や国外展開はしておらず、本来ならイタリアでしか味わうことができません。

    リストランテも有名な名店が手掛けるクリスマス焼菓子は、ゆっくり発酵させた生地にオレンジピールやレーズンなどドライフルーツを洋酒にじっくり漬けたものを混ぜ込み焼き上げたもの。本場の家庭でも愛される伝統の焼き菓子のお取り寄せにも◎

関連記事はこちら

イギリスのクリスマスの伝統菓子 ミンスパイ

  • ミンスパイ

    イギリスの伝統的なクリスマスのお菓子といえばミンスパイ!レーズンや柑橘類などのドライフルーツにスパイスを加えた餡を入れて焼き上げます。

    ミンスミートの配合は、各家庭やお店によって違った味わいをみせるという伝統菓子で、クリスマスの時期には街中でミンスパイが売られます。

    12月25日のクリスマスから公現祭(Epiphany)までの間に12個食べると幸福が訪れるともいわれており、ワインや紅茶と共にクリスマスまで1つづついただきながらカウントダウンするのも◎

    ローズベーカリーのミンスパイはおすすめ

    ミンスパイ
    Photo From Rose Bakery

    【 ミンスパイ 】

    もともとは衣料品をは使う事業をしていたご夫婦が、本当にやりたいこととして選んだのが「Rose Bakery(ローズ・ベーカリー)」。ローズさんがベイクするイギリスのシンプルな家庭料理を提供する店としてパリにオープンし、地元のお客様だけでなく観光客からも愛される存在となりました。現在ではパリだけでなく、日本やイギリス、アメリカや韓国などにも店舗を展開しています。そんなローズベーカリーのクリスマスの定番人気のミンスパイはおすすめ。

    【店舗】ローズベーカリー:銀座店、丸の内店、伊勢丹新宿店、オン・ザ・ラン イセタンハネダストアなど。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

アルザス地方のクリスマスに欠かせないクグロフ

  • クグロフ

    オーストリアやスイス、ドイツやフランスのアルザス地方では、クリスマスには欠かすことのできない伝統的なお菓子といえば「クグロフ」です。

    一般的に、クグロフ型にアーモンドや干しぶどうなどを入れて焼き上げたもので、アルザスでは、アメリカのパンケーキのように親しまれる食べ物です。かつて、あのマリー・アントワネットをも虜にし、フランスにも深く浸透した菓子パンは、今もなお少しづつ風味を変えながら進化を続けています。

    人気洋菓子店「ダニエル」のクグロフ

    ダニエル,クグロフ

    【 ダニエル クグロフマダム 】

    価格 1,296円(税込) 賞味期限:約1週間

    関西でも圧倒的な人気を誇る洋菓子店「ダニエル」の「クグロフ」は、幅広い層に好まれる味わい。ドライいちじくや胡桃が混ぜ込まれた生地は、食感も楽しく食べ飽きることがありません。お菓子の表面を覆うホワイトチョコの甘みも絶妙バランス!ギフトボックスも可愛らしく、プレゼントにもオススメです。

    ショップ情報

    【店舗】ダニエル 本店
    【住所】芦屋市三条南町5-1

    【店舗】テラス ダニエル
    【住所】芦屋市松ノ内町3-14

    【店舗】ダニエル ルクア店
    【住所】大阪市北区梅田3-1-3 ルクア1F

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

伝統的な陶器型で焼き上げた本場の味わい「クグロフ」

  • ドゥブルベ・ボレロ,クグロフ

    【 ドゥブルベ・ボレロ クグロフ 】

    価格 3,240円(税込)賞味期限:解凍日含め常温で4日

    2004年に誕生した「ドゥブルベ・ボレロ」は、南フランスに来たかのような温かな雰囲気を感じる店舗が目印♪ 滋賀県ナンバーワンとの呼び声も高い人気のスイーツショップであり、ドライブがてらに訪れる遠方からのお客様も少なくありません。

    毎年ヨーロッパに渡り、ブラッシュアップを続けるシェフが手掛ける「ノエル クグロフ」は、まさに本場の味わい。アルザス地方に古くから伝わる味わいであるクグロフを、スフレンハイム村で作られた伝統的な陶器型で焼き上げています。持ち運びもしやすく、ギフトにも最適です。

関連記事はこちら

ヨーロッパの伝統菓子のギフトや贈り物に

  • クリスマス 伝統菓子

    ヨーロッパの伝統的なクリスマス菓子は、クリスマスを待ち望むアドベント的な手土産や贈り物にもぴったり。古より受け継がれてきた伝統的なクリスマスを楽しみたいという方や、クリスマスの伝統菓子をお探しの方にもぜひ味わっていただきたいものばかりです♪

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら