人気ショコラティエのクリスマスのチョコレートケーキ2018

スポンサーリンク

2018年のチョコレートのクリスマスケーキをご紹介!1年に1度の聖夜を彩るクリスマスケーキにチョコレートケーキはいかがですか?注目のショコラティエ達が手掛けるカカオにまでこだわったクリスマスケーキは、美味しいチョコレートをたっぷり使った魅惑のケーキをお探しの方にもおすすめです。

チョコレートを使ったクリスマスケーキにおすすめ

  • クリスマスケーキ

    人気ショコラティエたちも次々とクリスマスケーキを発売!チョコレートの世界大会の優勝者をはじめ、Bean to bar製法にこだわる本格ショコラティエや王室御用達ブランドまで、チョコレートの魅力がたっぷり詰まったラグジュアリーなクリスマスケーキを特集しています♪ また、こちらではご予約が可能な商品も掲載しています。

L’AVENUE(ラヴニュー)クリスマスケーキ2018

  • クリスマス2

    世界唯一のチョコレートの世界大会と呼ばれるワールドチョコレートマスターズで、2009年に優勝した平井茂雄さんがオーナーパティシエを務める「L’AVENUE(ラヴニュー)」。2012年に神戸でオープンして以来、チョコレート菓子の本物の味わいが評判となり不動の人気洋菓子店の仲間入り!平井さんが作るショコラは複雑な香りが徐々に溶け合い1つになる魅惑的な存在であり、神戸・北野でも特に話題のお店として賑わっています。著名人にもファンが多く、お昼には生菓子がほとんど売り切れてしまうことも。

    LAVENUE(ラヴニュー)クリスマスケーキ2

    チョコレートが好きな方のクリスマスケーキならL’AVENUEの「Genique(ジェニック)」がおすすめ!オレンジアメールなど爽やかな酸味を加えたムースショコラは爽やかで、ナッツやダックワーズの歯ざわりも楽しく、ワールドチョコレートマスターズ2009で優勝した平井氏が生み出すチョコレートの美味しさを堪能できるケーキです。また、デコレーションはシックで高級感もあり、華やかなパーティーの席でもしっかりと存在感を示すことができますよ。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 L’AVENUE Genique(ジェニック) 】

    価格 5,400円(税込)

上質なミルクチョコレートを楽しめるショコラケーキ

  • アルノー・ラエール,クリスマスケーキ

    フランス国家最優秀職人章”M.O.F”を取得。C.C.C.でも高評価を受けており、ルレ・デセールの会員であるなど凄腕のパティシエでもあるアルノー・ラエール氏。彼が手がけるフランス・パリの人気パティスリー「Arnaud Larher(アルノー・ラエール)」が、2018年1月に広尾にオープンしたことは大きな話題となりました。初めてのクリスマスを迎える今年のクリスマスケーキは「エモシオン オ シトロン」!コロンと絞り出したクリームがオーナメントのように並ぶデコレーションがかわいらしく、クリスマスの食卓にもぴったり♪ ふんわりと泡立てた上質なミルクチョコレートのガナッシュに、レモンの酸味がアクセントになっています。

    【 エモシオン オ シトロン 】

    価格 5,501円(税込)消費期間:当日中

関連記事はこちら

高級チョコレートブランドのクリスマスケーキ

  • ラ・メゾン・デュ・ショコラ,クリスマスケーキ

    ”ガナッシュの魔術師”と評され、世界のチョコレート通が愛する「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の2018年のクリスマスケーキは、フランスのクリスマスの伝統ケーキ「ブッシュドノエル」タイプのチョコレートケーキ。ダークチョコレートを使った濃厚なムースをたっぷりとまとい、ケーキの表面はグラサージュが艶やかに輝くシックなデザイン。ミルクチョコレートのなめらかなクリームに、スポンジケーキやアーモンドプラリネなど濃厚なチョコレートの味わいが重なり合う至福のチョコレートケーキ。アーモンドプラリネやチョコクッキーのサクサクとした食感がアクセントになっていて、味わいや食感の変化も楽しむことができます。

    【店舗】青山店、丸の内店、松屋銀座店、六本木ヒルズ店、ニュウマン新宿店、新宿小田急店など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【ビュッシュ ドゥ ノエル カラカス 】

    価格  7,020円(税込)

関連記事はこちら

老舗チョコレートブランドのクリスマスケーキ デルレイ

  • クリスマス

    ベルギー・アントワープの人気ショコラトリー、1949年創業の「DelReY・デルレイ」。ダイヤのような「ダイヤモンドショコラ」は、そのラクジュアリーさから食べる宝石とも呼ばれています。オーナーシェフはトップクラスのパティシエのなかでも、ほんの一握りの精鋭しか入会が許されないルレ・デセールの会員であり、その腕はお墨付き!

    デルレイ,クリスマスケーキ

    DelReyのクリスマスケーキ「ノエル デルレイ」は、クレームブリュレやビスキュイショコラ、ヘーゼルナッツムースを層にして、ダークチョコレートムースで包み込んだ濃厚な味わいが特徴。立体的にカットされたダイヤモンド型のホワイトチョコレートのなかには滑らかなガナッシュも入っていて、ベルギーを代表するブランドのチョコレートの美味しさを堪能することができるクリスマスケーキです。店頭渡しのみです。

    【 DelRey ノエル デルレイ 】

    価格 6,480円(税込)

ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ

  • クリスマス

    1988年パリで創業した「JEAN-PAUL HÉVIN・ジャン=ポール・エヴァン」。日本の人間国宝に相当するM.O.F.(国家最優秀職人章)を受賞したジャン=ポール・エヴァン氏が作り出すスイーツは世界中の人びとを魅了しており、日本のブティックでもショコラやマカロンを求めるお客さんでいつも長い列ができています。

    ジャン=ポール・エヴァン,クリスマス (1)

    【 JEAN-PAUL HÉVIN ビュッシュ ヴェネツィア 】

    価格 6,210円(税込)

    ジャン=ポール・エヴァンの今期のテーマは「VOYAGES‐VOYAGE(旅すること)」であり、クリスマスケーキのデザインにもそれが反映されています。「ビュッシュ ヴェネツィア」はコロンビア産カカオを使ったムースやティラミスが入っており、まるで世界の味わいが1つに溶け合っているかようです。水の都・ヴェネツィアの川を行き来するゴンドラをモチーフにしたシックなデザインは家にいながらにして、イタリア旅行気分を楽しむことができそうです。店頭渡しのみのケーキです。

ピエールマルコリーニのクリスマスケーキ

  • PIERRE MARCOLINI,ブッシュ ドゥ ピエール 2018

    チョコレートの奇才と呼ばれる「Pierre Marcolini(ピエールマルコリーニ)」は、ショコラティエとしてだけでなくパティシエ・グラシエ・コンフィズールとしての実力も兼ね備えたスイーツ界のアーティスト。欧州の名店で修業を重ね、ストイックに技術を磨き上げた彼が作るチョコレートは、2015年にはベルギー王室御用達の称号が授与されています。

    たっぷりのヘーゼルナッツプラリネガナッシュとビスキュイショコラを、クラッシュアーモンド入りのビターチョコレートでコーティングした「ブッシュ ドゥ ピエール 2018」は、まさにチョコレートを堪能できるケーキ。ベルギー王室の御用達も賜るPIERRE MARCOLINIが生み出すショコラの美味しさが詰まったクリスマスケーキです。冷凍でのお取り寄せが可能です。

    【 PIERRE MARCOLINI ブッシュ ドゥ ピエール 2018 】

    価格 6,661円

高級チョコレートのクリスマスケーキにも

  • Maison Chaudun,ビュッシュ ドゥ ノエル カラカス

    1986年創業の「Michel Chaudun(ミッシェル ショーダン)」が華々しくリニューアルし、誕生した「Maison Chaudun(メゾン ショーダン)」。

    これまでの技術に加え、新しくテクニカルディレクターとなったジル・マルシャル氏の持つ芸術性や独特の感性を取り入れ、進化したメゾン・ショーダンのクリスマスケーキ「ビュッシュ ドゥ ノエル カラカス」は、シックなレッドのグラサージュにピスタチオのグリーンが映える大人のクリスマスカラーが美しく、華やかな席にも負けないオーラをまとっています。宮崎県産のキャンベルを贅沢につかったジュレとガナッシュの優しい甘みがチョコレートの本来の味わいを引き立てます。冷凍でのお取り寄せが可能です。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 Maison Chaudun ビュッシュ ドゥ ノエル カラカス 】

    価格 5,940円(税込)

関連記事はこちら

食感まで計算したチョコレートケーキ

  • ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー,Gateaux de Noel 2018

    ミシュランが認める3つ星シェフとして名高いピエール・ガニェール氏がプロデュースしているパティスリー専門店「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」。スイーツやデリカテッセンはパリ本店と同様のレシピで作られており、日本にいながらフランスの精神を感じる味わいを取り揃えています。

    「ガトー ド ノエル 2018」は、キャンドルが灯ったようなデコレーションが印象的ですが、これは永久の輝きとダンロの炎をイメージしたもの。ゴールドパールのグラサージュの下には、アールグレイ香るチョコレートムースが隠れておりオレンジ風味のムースとの相性も◎ココアクッキーやオレンジピールも入っており、食感まで計算され尽くした贅沢な一品です。三越限定、店頭渡しのみです。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー Gateaux de Noel 2018 】

    価格 6,501円(税込)

とろけるような口どけ「DEBAILLEUL」チョコレートケーキ

  • DEBAILLEUL,クリスマスケーキ

    フランス最優秀職人であるマルク・ドゥバイヨル氏によって1983年に創設されたサロン「DEBAILLEUL(ドゥバイヨル)」。完璧を追求するべく高められた技術や姿勢、選び抜かれた材料によって作られるスイーツは類を見ない繊細さで世界の美食家たちの心を掴んでいます。

    上質な味わいやビジュアルはもちろん、ボール状のショコラの中からアイスが現れる「アヴァランシュ」のように独創的なスイーツが特徴のドゥバイヨルのクリスマスケーキ「ドゥバイヨル ヴォルテール」はチョコレートリボンやマカロンがあしらわれたシックなデザインで、クレームブリュレのとろけるような味わいと濃厚なチョコレートムースの絶妙なバランスが魅力的。また、軽やかなライスクリスピーが食感のアクセントになって、DEBAILLEULならではのマリアージュを楽しむことができるチョコレートケーキです。店頭渡しのみです。

    【 DEBAILLEUL ドゥバイヨル ヴォルテール 】

    価格 5,400円(税込)

厳選された素材だけを使った高貴な味わい

  • Galler,ベルギーチョコレートケーキ

    21歳という若さでチョコレートショップを立ち上げ、あっという間にベルギー王室御用達を賜った天才ショコラティエのジャン・ガレー。彼が手がける「Galler(ガレー)」は、厳選された素材だけを使い、ベルギーの伝統的な味わいを守った高貴な味わいであり、着色料などの余分な添加物は一切使われていません。

    王族も認めたベルギーチョコレートを贅沢に使用した本格派チョコレートケーキ「ガレーベルギーチョコレートケーキ」は、芳醇なショコラムースと、さっぱり系のショコラクリームを層にし、ほのかにグランマルニエが香る大人が喜ぶ味わい。3~4人で食べられるサイズなので、気心の知れた友人とのクリスマスパーティーへ持参しても喜んでもらえそう。冷凍でのお取り寄せが可能なケーキです。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 Galler ベルギーチョコレートケーキ 】

    価格 4,104円(税込)

関連記事はこちら

口どけを楽しめるチョコレートケーキ

  • スペイン王室御用達のチョコレートブランド「CACAO SAMPAKA(カカオ サンパカ)」。チョコレートの原材料を製造する会社の中でスペイン最大の規模を誇る「ネダーランド」の子会社として、1999年に誕生した「CACAO SAMPAKA(カカオ サンパカ)」。これまでの知識やキャリアを活かし、他社では扱っていない希少なカカオ豆を贅沢に使用したチョコなども提供しているショコラテリアです。

    チョコレートのバラやジュエリーがあしらわれたラグジュアリーなデザインが特徴の「ロサス イ ディアマンテ」は、スペイン製の上質なクーベルチュールを使用した2つのムースが楽しめる濃厚なチョコレートケーキ。チョコレート文化発祥の地であるスペインにおいて王室御用達を賜るカカオ サンパカの「ロサス イ ディアマンテ」はチョコレートの魅力を堪能できるケーキです。

    【受け取り可能店舗】高島屋日本橋店、新宿店、横浜店、柏店、大宮店、米子店、大阪店、京都店、高崎店、玉川店
    【受取可能日】2018年12月23日・2018年12月24日
    【申込み締切日】2018年12月15日10時0分まで。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 CACAO SAMPAKA ロサス イ ディアマンテ 】

    価格 6,912円(税込)

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら