有名店のあんみつを手土産に【東京】彩りと涼を運ぶ定番甘味

有名店のあんみつを手土産に【東京】彩りと涼を運ぶ定番甘味
スポンサーリンク

あんみつは、みつ豆に餡をのせたり、小倉こし餡と黒蜜を合わせ、求肥や果物を盛り付けたり、抹茶やほうじ茶、フルーツやアイスを乗せたりとバリエーションも豊かな日本が誇る和菓子の1つです。

四季を通じていただける定番の甘味ですが、湿気を感じる季節などには特に美味しく感じるもの。都内に数多くある人気店の中でもおすすめのあんみつ(甘味処)をご紹介。

人気店のあんみつや、おすすめのあんみつのお土産をご紹介

  • あんみつ,有名店

    あんみつの発祥は、1930年頃に東京で、みつ豆に自家製の餡をのせたものが始まりとされています。お店によってこだわりがあり、使用される素材の組み合わせや寒天の種類も様々。また、風味や豆に効かせる塩気なども少しづつ異なり、食べ比べてみるのも◎

    そこで、こちらでは、元祖と呼ばれる老舗のあんみつから、都内に数多くある人気店の中でも特徴的な甘味処をご紹介。お土産用や、テイクアウトが可能なあんみつ、通販やお取り寄せが可能な商品も掲載しています。おみやげ用のあんみつは、発送が可能な店舗もご紹介!

スポンサーリンク

銀座 鹿乃子あんみつ(おみやげカップ)

  • ginza_kanoko_anmitusu

    【 銀座 鹿乃子 鹿乃子あんみつ おみやげカップ 】

    価格 518円(税込) 賞味期限:約2日間

    銀座 鹿乃子 本店(ぎんざかのこ)のあんみつは、豆にもこだわりがあります。赤エンドウの他にも花白豆、紫花豆や虎豆など、何種類もの豆を使用。それぞれの豆の炊き上げにも手間をかけ、西伊豆諸島の天草を使った生寒天や、備中大納言を使用した餡など、厳選された国産材料が使用されています。

    おみやげ用は、黒蜜と白蜜が選べ、防腐剤や保存料を一切加えていないためお日持ちは約2日。豆の風味や味わいの違い、そして彩りも楽しめる鹿乃子あんみつは、お取り寄せも可能で、8個の詰め合わせも有り(クール便の専用箱代430円)。配送は、お日持ちの関係上、日時指定に限られます。

    ショップ情報

    【店舗】銀座 鹿乃子
    【住所】東京都中央区銀座5-7-19 1F・2F
    【電話】03-3572-0013
    【営業時間】売店:10:30~19:00、土曜及び祝日前日:10:30~20:00

    【店舗】銀座 鹿乃子 銀座三越店
    【住所】東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 B2F
    【電話】03-3562-1111
    【営業時間】10:00~20:00

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

東京 神楽坂の紀の善のあんみつはおすすめ

  • kinozen_anitsu

    【 紀の善 お土産用 あんみつ 】

    価格 496円(税込) 賞味期限:購入日翌日

    東京メトロ飯田橋駅をでたらすぐにみえる「紀の善」は、20年前に女将が考案した「抹茶ババロア」でも有名な老舗ですが、もう一つの人気メニューが「あんみつ」です。

    kinozen_anmitsu

    程よい甘さにほくほくの赤えんどう豆の風味がしっかりと味わえ、具材と絡みやすいようにみずみずしさを保ったこし餡と、蜜の風味も相性抜群!おみやげ用のあんみつは、密柑や寒天、さくらんぼに別添えの黒蜜をたっぷりかけていただきたい。

    ショップ情報

    【店舗】紀の善
    【住所】東京都新宿区神楽坂1-12 紀の善ビル
    【営業時間】火~土は11:00~20:00、日・祝は11:30~18:00
    【定休日】月曜日(祝日の月曜日は営業、翌火曜日が休み)
    【電話】03-3269-2920

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

東京のあんみつといえば「あんみつ みはし」

  • あんみつ,みはし

    【 みはし あんみつ お土産 】

    価格 420円~(税込) 賞味期限:冷蔵3日

    あんみつといえば“みはし”と言われるほど有名な、みはしの『あんみつ』。国産の素材にこだわり、一口食べれば滑らかなこし餡の美味しさが全身を駆け巡ります。

    あんみつ,みはし

    さっぱりとした蜜、適度な硬さの寒天、柔らかな求肥、ホクホクの赤えんどう豆、酸味のあるみかんがシンフォニーを奏でる極上品。日本人だけでなく外国の方も虜にする王道のあんみつです。

    あんみつ みはしのあんみつの通販やお取り寄せにも

    あんみつ,みはし,お土産

    【 みはし あんみつ詰め合わせ 6個 】

    価格  4,050円(税込) 賞味期限:冷蔵3日

    北海道十勝産の小豆を使用した自慢の小倉あいすを、杏の酸味がさっぱりと楽しめるみつ豆にトッピングした小倉みつ豆は、蒸し暑い日にもぴったりの一品。お土産用のあんみつは、寒天の弾ける食感に餅の柔らかさ、きめ細やかな餡と黒蜜の甘さも絶妙です。1個(価格:420円~)。みはしのあんみつの詰め合わせは、お取り寄せも可能です。

    ショップ情報

    【店舗】上野本店
    【住所】東京都台東区上野4-9-7
    【電話】03-3831-0384
    【営業時間】10:30~21:30
    【アクセス】JR上野駅の不忍口から徒歩約3分くらい。
    【店舗】アトレ上野店, 東京駅一番街店, 東武池袋店, 東武船橋店, 上野松坂屋店(売店),玉川髙島屋S・C店(売店),クイーンズ伊勢丹アトレ品川店(火曜日・木曜日のみ)など

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

あんみつの元祖、銀座 若松のあんみつのおすすめ

  • 銀座若松,anmitsu

    明治27年創業、あんみつ発祥の甘味処「銀座 若松」は、1930年に二代目が考えだした、「みつ豆」に餡をのせたものがあんみつの元祖とされる有名店。

    三宅島の天草を使ったこだわりの寒天やこし餡に、じっくりと炊き上げた赤エンドウに黒蜜が絶妙に絡みあう「元祖あんみつ」をはじめ、抹茶寒天を使った『抹茶あんみつ』もおすすめ。口のなかにふんわり広がる抹茶の風味をより楽しむために、最初は蜜なしで、甘さを足したいときは白蜜をお好みで。

    銀座 若松のあんみつはお土産用もあり

    銀座 若松,あんみつ

    【 お土産用 元祖あんみつ、白玉あんみつ 】

    価格 600円、620円 賞味期限:購入日当日~翌日

    銀座 若松のあんみつはテイクアウトも可能な商品もあり、お土産用あんみつには「元祖あんみつ」や「白玉あんみつ」、「みつ豆」などがあります。黒蜜と白蜜を別添えで選ぶことが出来ます。

    銀座 若松,あんみつ

    銀座 若松のあんみつはテイクアウトも可能な商品もあり、お土産用あんみつには「元祖あんみつ」や「白玉あんみつ」、「みつ豆」などがあります。別添えで黒蜜と白蜜を選ぶことが出来ます。

    ショップ情報

    【店舗】銀座 若松
    【住所】東京都中央区銀座5-8-20 コアビル1F
    【電話】03-3571-0349
    【営業時間】11:00~19:30(ラストオーダー)20:00

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

浅草 梅園(うめぞの)お土産用あんみつは人気

  • 浅草梅園 お土産用あんみつ

    【 浅草 梅園 土産用あんみつ 】

    価格 480円 賞味期限:購入日翌日

    元祖あわぜんざいで有名な浅草梅園 (うめぞの)の「土産用あんみつ」。浅草寺梅園院の一角にある、安政元年創業 160余年の伝統が受け継がれた甘味処のあんみつは、歯ごたえのある寒天とコクのある蜜と餡、塩味の豆、そして求肥にみかんとあんずが絶妙。店内は混雑していることがほとんどなので、お土産用のあんみつをテイクアウトするのもおすすめ。

    浅草梅園,お土産用あんみつ

    百貨店で購入できる店舗も多く、出先で手土産を探す際にも便利ですね。「土産あんみつ」はフルーツや求肥などのトッピングは後乗せスタイルな、専用の容器に入っており手軽に食べることができます。ほかにも「土産豆かん」や「土産抹茶あんみつ」があり、好みに合わせて選ぶことができ、あんみつ好きな方にもたまらない土産となるでしょう。

    ショップ情報

    【店舗】(甘味処)浅草本店:東京都台東区浅草1-31-12、高島屋日本橋本店、丸井北千住店、レシピ青葉台、ソラマチ店、羽田空港国際線旅客ターミナル(江戸小路 4階)、百貨店:高島屋横浜店、高島屋大宮店、そごう横浜店、東急たまプラーザ店、二子玉川東急フードショー、西武池袋本店、松屋浅草店、京急百貨店上大岡店、都筑阪急、アトレ吉祥寺、アトレ目黒、ソラマチ店、越谷レイクタウンなど

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

赤坂でも有名な寒天・あんみつ屋さん「赤坂相模屋」

  • 赤坂 相模屋 のあんみつ

    明治28年創業、寒天作りを主に、あんみつの材料の製造や販売、卸し、小売り専門店の「赤坂相模屋」。赤坂でも有名な寒天・あんみつ屋さんで、ホテルや料亭、パーラーや喫茶店などでも赤坂相模屋さんのあんみつ材料が多く取り扱われています。

    塩気を効かせた豆とあんこの甘みがくせになる味わい

    赤坂 相模屋 のあんみつ

    【 赤坂 相模屋 あんみつ 】

    価格 1個 498円(税込) 消費期限:当日中

    寒天や蜜、豆、あんこ、求肥ともに全て百年を越え受け継がれてきた伝統製法によって作られるあんみつ。寒天は、伊豆七島産と西伊豆産の最高級天草をブレンドし、味・香り・歯触り・粘り・喉越し・色合いなど、素材本来の風味をそのままに大切に作られています。蜜は、コクのある黒蜜かあっさりとした白蜜から選ぶことが可能。

    ショップ情報

    【店舗】赤坂 相模屋
    【住所】東京都港区赤坂3-14-8
    【電話】03-3583-6298
    【営業時間】10時~19時(月~金)10時~18時(土)
    【定休日】日曜・祝日

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

名物の「くず餅」入り「船橋屋」あんみつ

  • 船橋屋のくず餅入りあんみつ

    【 船橋屋のくず餅入り あんみつ 】

    価格 1個:500円(税込) 消費期限:2日間

    1805年創業の老舗「船橋屋」は、15ヶ月も発酵させて作る「元祖くず餅」のお店として知られています。古くから著名人や文化人からも愛されており、そんな「くず餅」の入った「あんみつ」も人気。

    国産の天草を使った上質な寒天を使用しており、歯ごたえのいい寒天の上には、ピンクとグリーンの求肥や果物、こだわりの餡がトッピングされています。

    特製のくず餅と白玉入りのあんみつもおすすめ

    船橋屋のくず餅入り白玉あんみつ

    【 船橋屋のくず餅入り 白玉 あんみつ 】

    価格 1個:570円(税込) 消費期限:2日間

    名物の「くず餅」も一緒に味わうことができるのは、船橋屋ならでは!お店でも人気の「白玉入りあんみつ」は、彩りも華やか!もっちりと歯ごたえの良い白玉がアクセントになっていて、口に運ぶ手が止まりません。

    通常添付されるのは波照間島産の黒糖を使った味わい深い黒蜜ですが、購入時に希望すれば素材を引き立てる白蜜に変更することができます。

    ショップ情報

    【店舗】亀戸天神前本店、シャポー市川店、羽生PA(上り線)鬼平江戸処店、東武百貨店 船橋店、エキュート日暮里店、テルミナ錦糸町店、ニューデイズキオスク金町店、エキュート東京店、エキュート赤羽店、西武池袋本店、小田急 新宿店、大丸東京店、松屋 浅草店、アトレ吉祥寺店、アトレ亀戸店、コレド室町店、柴又帝釈天参道店、船橋屋こよみ:広尾本店、ペリエ千葉エキナカ店、エキュートエディション渋谷店

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

スポンサーリンク

門前仲町にあるあんみつの名店「甘味処いり江」

  • 甘味処いり江のあんみつ,こし餡

    【 甘味処いり江 あんみつ お土産 】

    価格 520円(税込) 消費期限:製造日より3日

    門前仲町にある「甘味処いり江」は、趣のあるたたずまいの店舗が目を引くあんみつの名店。神津島産と大島産の天草で作られた寒天は、昭和初期から寒天製造を行ってきたお店ならではのこだわりが詰まっており、舌の上でほどけるようにくずれる優しい歯ごたえとほのかな甘みが広がります。

    北海道十勝産の小豆を8時間も練り上げたこし餡は、きめ細やかでさらりとした口当たり。甘さもちょうど良く、こだわりの寒天と塩気を効かせた赤えんどう豆と絶妙のハーモニー。お店では、白玉クリーム小倉あんみつ(価格:930円)も大人気♪

    お土産用のあんみつはお取り寄せも可能で、餡は「こしあん」と「つぶあん」、黒みつと白みつの2種類から選ぶことが出来ます。

    ショップ情報

    【店舗】甘味処いり江
    【住所】東京都江東区門前仲町2-6-6
    【電話】03-3643-1765
    【営業時間】平日は11:00~19:30、土日祝日は11:00~18:30

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

湯島「甘味処みつばち」のあんみつ

  • 甘味処みつばちのお土産用あんみつ

    大正4年1915年に創業、小倉アイス発祥の店としても有名な湯島の甘味処「みつばち」。あんみつのトップに小倉アイスが盛り付けられた『小倉あんみつ』(価格:650円)は、濃厚な黒蜜が特徴のこのお店ならではの味わい。乳脂肪分ゼロのスッキリとした小倉アイスの甘さと寒天の歯応え、豆や求肥が味に深みを与えてくれる人気商品です。

    湯島「甘味処みつばち」のお土産用あんみつ

    甘味処みつばち お土産用あんみつ

    【 甘味処みつばち お土産用あんみつ 】

    価格 430円(税込)

    並んでも食べたいあんみつ店の「甘味処みつばち」は、お土産用の商品も充実しており、販売用のケースが路面にめんしているため、テイクアウトしやすいのも◎

    定番人気の「あんみつ」や「杏」の入った「杏あんみつ」(価格:530円)、あんこと寒天のシンプルな組み合わせに、きな粉と黒蜜をかけてさっぱりといただける「サハラ」(価格:410円)もオススメです。

    ショップ情報

    【店舗】甘味処みつばち
    【住所】東京都文京区湯島3-38-10
    【電話】03-3831-3083
    【営業時間】10:30~20:00

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

あんみつのお取り寄せやギフトにもおすすめ「榮太樓」

  • 榮太樓のあんみつ

    【 榮太樓 あんみつ 6個入(黒みつ4個・白みつ2個) 】

    価格 3,240円(税込) 賞味期限:6ヵ月

    安政四年創業 東京の日本橋に本店を構える江戸の菓子鋪「榮太樓總本鋪」。日本ギフト大賞の「東京賞」を受賞した「榮太樓」のあんみつは贈り物にも人気。生の食感にもこだわった寒天は歯ごたえも良く、煮方にもこだわる豆はほっくりとした食感。

    そして、白桃や黄桃、パインなどのフルーツは甘さも控えめで、みつや餡などひとつひとつの素材の甘さもちょうど良いバランス。長年愛される人気商品は日持ちもよく、贈答の品やギフトにもぴったり。袋入りの餡を絞り出す仕組みや、みつも別添えになっていて、何気ない職人の心配りまでも感じられます。

    ショップ情報

    【店舗】榮太樓總本鋪 日本橋本店
    【住所】東京都中央区日本橋 1-2-5
    【百貨店など】日本橋:日本橋髙島屋店、日本橋三越本店、丸の内:大丸東京店、渋谷:東急百貨店東横店、新宿:京王百貨店新宿店、二子玉川:玉川髙島屋S・C店、羽田空港:羽田特選和菓子館、羽田第二食賓館、横浜:横浜髙島屋店など

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

テイクアウトやお取り寄せした時のおすすめの食べ方

  • あんみつの美味しい食べ方

    あんみつをテイクアウトされた場合や、お取り寄せされた際は、冷蔵庫で冷やしてからいただくと美味しさがアップ!

    お皿に移してからいただく場合は、寒天は水にさっと通すとみずみずしい食感が戻ります。トッピングの果物などはそのまま、あんこは好きな形に整えて盛りつけます。また、白玉のもっちりとした食感を楽しみたい方は早めにいただかれるのが◎

    あんみつは、別添えの「白蜜」や「黒蜜」のかける量を調節し、自分好みの「甘さ」に仕上げることが出来るのも嬉しいですね。一般的に「あんみつ」に添えられることの多い「白蜜」と「黒蜜」は、あっさりとした味わいがお好みの方は「白蜜」、コクのある風味がお好みの方は「黒蜜」がオススメです。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

関連記事はこちら

PAGE TOP