お中元のマナー【時期・のしの書き方】贈り方からお返しまで

スポンサーリンク

夏が近づくと、店頭に並び始めるのがお中元のギフト商品。改まった形で品物をお渡し、もしくは贈り、日頃の感謝を伝える「お中元」ですが、そもそもお中元とはどういったものなのでしょうか。また、お中元と暑中見舞いの違いとは?こちらでは、お中元の相場や贈り方、選び方や贈る時期、頂いた場合のお返しから止める場合など、マナーや注意点について解説します。

お中元はいつまでに贈れば良い?

  • お中元

    お中元を贈る時期は一般的に6月下旬から7月15日頃ですが、8月初旬から15日頃に贈るところもあり、地域によって異なります。関東では7月初めから中頃までに、関西では7月下旬頃から8月の中頃までに贈るのが一般的です。

    お中元という言葉は、古代中国の三元『上元・中元・下元』に由来し、中元の7月15日頃にお盆と合わせて祖先に捧げ物を贈る習慣が広がったとされています。また五穀豊穣を願って、八朔の日(8月1日)に初穂を贈り合う農民の習慣も、今のお中元に繋がっているとされています。

お中元の贈り方について

  • お中元 贈る時期

    お中元とは、一般的に目下の者から目上の方に贈るものとされ本来は持参するものですが、近年では購入店からお宅に配送してもらうのが一般的となっています。また贈る側やお相手が喪中の場合でもお中元を贈ることは問題ありません。ただ、贈り先が喪中と分かっている場合は、忌明け後にお贈りする気遣いがあると良いですね。

    お中元を贈ったことをはがきやメールなどでお伝えするとより丁寧です。一度始めるとなかなかやめどきが難しいお中元。一時的にお世話になった方へ何かお礼がしたいという場合や、感謝の気持ちを伝えたい時など、お中元時期に贈り物をする場合は「御礼」などとして贈るほうが良い場合も。その後の継続が難しい場合などにもおすすめです。

    お中元の表書き、贈る時期を逃した場合は?

    関東では、7月初めから中頃まで、関西では、7月下旬頃から8月の中頃までに贈るのが一般的です。贈るのが遅れてしまった場合は、表書きは「暑中御伺」、8月8日頃の立秋を過ぎたら「残暑御伺」とします。四十九日を過ぎてから贈る際の表書きは、「暑中御見舞い」や「残暑御見舞い」などとします。

相場や表書き、熨斗(のし)の書き方

  • お中元の選び方

    金額の目安としては、3千円から5千円が一般的となっており、毎年お贈りするものですので高価過ぎず、贈りやすい金額が相場となります。ですが、ビジネスを通して知り合った方や、大きなプロジェクトなどでお世話になった方などへの御中元は、これよりも高額になる場合もあります。熨斗付き(短冊のし)をはじめ、表書きは「お中元」や「御中元」とし、紅白蝶結びの水引きとなります。名入れについては、社名は右側に、連盟で贈る場合も右側に目上の方の名前を入れ、三名までとします。

お中元を贈るのを止めたい場合

  • 日頃お世話になっている両親や親戚、上司や同僚、習い事の先生などへ、感謝の気持ちをお贈りするお中元。お中元にはもともと、お力添えをお願いするという意味も込められていますが毎年贈るのは負担になることもあります。かといって今まで贈っていたものをいきなり止めるのは失礼に当たるのでは?と気になるものです。

    そんな場合はお歳暮のみをお贈りし、お中元時期を外して他の機会にささやかな気持ちを贈るなどしながら数年かけて徐々に止めていくことをおすすめします。また、仲人さんなどその年に一時的にお世話になった方などへのお中元を止める場合は、三年を目処に徐々に控えていくのがマナー。

    お中元を贈るのを止めてほしい場合は?

    お中元を贈るのを止めてほしい場合は、そのいただいたお中元の品と同程度の金額のものを贈りお礼を伝えるとともに、「今後はこのようなお気遣いのないように」などどお手紙で一言添えると気持ちがご理解いただけるはずです。

お中元の選び方や注意点

  • お中元 選び方

    お中元は、お相手の奥様やご主人、ご家族にも一緒に美味しく召し上がっていただけるものを選ぶことが大切です。また、仕事先などからたくさんのお中元を受け取られることが多いため、日持ちの良さも重要になります。

    お中元に選ばれる品物として、夏に嬉しいビールやジュースなどの飲料物、御菓子や海産物、果物や麺類などの食料品が定番です。商品が重なってしまう可能性も十分に考えられるため、相手の負担にならないように日持ちのするものを選ぶように心がけます。

    毎年贈ってお相手に喜ばれている地元の特産品や嗜好品などを継続して贈るケースもあります。その場合は、その地域の名産や季節限定の品なども喜ばれます。また、冷たいものや涼やかなものなど夏の季節に合わせた品物や、重なることを気にせず贈れる日用品の消耗品、カタログギフトなどもお中元では好まれます。四季のある日本だからこそ、その時期にしか味わえない美味しさや季節感をお贈りするのも。

関連記事はこちら

お中元のお返しは必要?

  • お中元のお返し

    お中元のお返しは不要とされていますが、頂いた場合はお礼状を出すと丁寧です。兄弟や友人、同僚など、相互扶助の関係の深い方には、お礼の気持ちをお贈りし合うと絆も深まることでしょう。

    お中元のお返しをする場合は?

    お返しをする場合は、一週間ほど期間をあけてから贈るようにします。お返しの相場は、頂いたものより高額にならないようにします。半額から3分の2程度のものを贈るようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら