末富のおすすめの和菓子「上質」を好まれる方への手土産に

lineLoading
suetomi_kyofusen_01
スポンサーリンク

1893年創業の格式ある京菓子専門店「末富(すえとみ)」。地元のみならず全国で長く愛される秘密は、お菓子の味や形で味覚や視覚を、名前の響きから耳からまでも楽しませてくれる遊び心にもあります。昔ながらの格式や伝統を重んじながらも時代に添ったお菓子づくりを目指し、慶弔を問わず使いやすい商品をはじめ、京らしい色使いの遊び心あふれる菓子が並んでいます。

末富のおすすめのお菓子をご紹介

  • suetomi_kyofusen_01

    また、目を引くのは、その京菓子が包まれる「末富ブルー」。2代目と池田遥邨画伯によって生まれた夢があふれる美しい包装紙は、今やお店のトレードマークにもなっています。

    末富のお菓子は、その知名度や完成度の高さから大切な方への手土産やお使い物、お茶席のお菓子やご進物などにもおすすめ。こちらでは、おめでたい席にもぴったりの縁起の良い銘菓から、季節のご挨拶、お中元やお歳暮、京都ならではの色使いでおみやげ人気も高いおすすめの商品まで、末富の看板商品や人気商品をご紹介。また、通販やお取り寄せが可能な商品も合わせて掲載しています。

末富の麩焼き煎餅「両判」ふやきせんべい

  • suetomi_01

    両判は、昔話の通貨としてもおなじみの大判・小判の大判が二枚という意味なのだそう。両判は「良晩」という意味もあり、春の夜のひと時は趣があり、千金にも換えがたいほど価値があるとう一刻価千金や、秋の夜長の宴など人生を楽しむというような縁起物としての一面があります。

    suetomi_02

    ちょっぴり堅焼きの麩焼き煎餅で、香ばしい醤油味と香り豊かな黒砂糖味の2種類があります。上品な甘じょっぱさがクセになり、隠し味を奥に効かせたようなコク深い味わいがくせになります。末富で一番好きなお菓子に挙げる常連さんも多いですね。食感は軽くカリッとしていますが、口に入るとふわりと溶けてしまう繊細な口当たり。お茶のみならずお酒とも相性が良く、お茶菓子や秋の夜長のお酒のお供にとゆっくり味わいたい、そんなお菓子です。

    【 末富 両判 34枚入 】

    価格  3,240円(税込)賞味期限:製造日より40日間

上品な麩焼き煎餅「うすべに」

  • suetomi_03

    おぼろ夜の桜花や雪の紅梅にも例えられる薄紅色をまとった「うすべに」。白い麩焼き煎餅は、薄く口当たりも軽やか。中に挟んだ梅餡がほのかに透けてみえる上品で美しい様は、多くの人の心を捉えて離しません。実は、通年いただけるお茶席のお菓子をと考案されたもので、ふわっと柔らかく手で割って一口サイズでいただくことも可能です。

    suetomi_02

    青谷の梅を丁寧に裏ごしして職人が仕上げた梅餡は、爽やかな梅の香りとほのかな塩味、表面に塗られた白蜜のほのかな甘みが上品に混ざり合い、煎餅の生地とともにスッと口の中で解けていきます。春の曙や咲き誇る桜の花々、夏の景物やほのかに染まる紅葉、紅梅に降り積む雪など、まさに日本の春夏秋冬の四季の風情に寄り添うに相応しい上品なお菓子です。

    【 末富 うすべに 24枚入 】

    価格  3,240円(税込)賞味期限:製造日より30日間

末富の「野菜煎餅」ご進物にもおすすめ

  • suetomi_03

    茶人などプロ向けのお菓子を主に作っていた末富ですが、終戦後には一般向けのお菓子を考案しました。それが、玉子煎餅を薄く焼き、大人も楽しめる「上質さ」をプラスしたアレンジが評判を呼んだ「野菜煎餅」です。パリッとした食感に、その後口の中でじんわりと柔らかくなり、幅広い年齢層の方にも召し上がりやすい薄い生地の上品なお菓子。日持ちもよく、ご進物のお菓子としても人気の高い商品です。

    suetomi_01

    生地からは木の芽が香り、牛蒡の醍醐味や蓮根の清浄といった香りと爽やかな風味が広がります。京野菜の入った煎餅は、会話も弾み、四季を通してお茶請けにもぴったり。ご進物やお使い物にもおすすめです。

    【 末富 野菜煎餅 9包み入り 】

    価格  1,620円(税込)賞味期限:製造より40日間

末富の人気商品「京ふうせん」

  • suetomi_kyofusen_02

    京都らしい四季折々の雅な美しさを感じる「京ふうせん」。小さい麩焼き煎餅をふうせんに見立て、赤色、白色、青色、緑色、黄色の砂糖で京の色目を表現したかわいらしい麩焼き煎餅です。色の由来は「襲の色目(かさねのいろめ)」という、平安時代に公家の女官装束に欠かせない服飾の色目。当時は、裏地が透けることを計算し、四季の移ろいや行事によって使い分けていたそうです。

    うさぎのお干菓子が入った京都限定の「京ふうせん」

    suetomi_kyoufuusen_01

    そんな古の伝統のカラーを砂糖で再現した美しさは、時に売り切れとなってしまうこともあるほど。なかでも、可愛らしいうさぎのお干菓子が入った京都限定の京ふうせんは、京らしい雅なお菓子を楽しめることでお土産としても人気があります。末富ブルーにも一際映える京ふうせんの艶やかさ。蓋を開けた瞬間、心が踊るような末富のお菓子は、手土産やお土産にも喜ばれます。

    【 京ふうせん 】

    価格 1,080円(税込)

末富の店舗情報

  • suetomi_kyoufuusen_02

    地下鉄の烏丸線「五条駅」から徒歩5分、見えてくるのはシンプルで洗練された印象の末富の店舗です。シンプルで落ち着いた色調の店内に際立つ四季折々の菓子の美しさ。季節の装飾も楽しく、五感で和菓子を楽しむことが出来るお店です。京の風情や季節感のあふれる生菓子は、早くに売り切れてしまうこともあり、艶やかな色彩の包装紙も大変美しく、訪れる方の心をしっかりと掴んで離しません。京都を訪れた際はぜひ本店も訪れたいところです。

    【店舗】京菓子司 末富 本店
    【住所】京都府京都市下京区松原通室町東入ル
    【電話】075-351-0808【営業時間】9:00~17:00【定休日】日曜・祝日
    【百貨店】京都タカシマヤ、大阪タカシマヤ、日本橋タカシマヤ、新宿タカシマヤ、横浜タカシマヤ、ジェイアール名古屋タカシマヤなど。 ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。また、主菓子(生菓子)の取り扱いのない店舗や取り扱いのない日もあり。

lineLoading

関連記事はこちら

Recommend Item