ハロウィン特集【2020】おしゃれでセンス良く

スポンサーリンク
新着コンテンツ
スポンサーリンク

ハロウィンイベントにぴったりのスイーツやギフトをご紹介!

10月のイベントで盛り上がりを見せるのが「ハロウィン」!カボチャやお化けの飾りつけ、ハロウィンデザインのお菓子やグッズ、仮装やメイクをした人も年々増え、街中がハロウィン一色となる賑やかな行事です。

ハロウィンはいつ?期間について

  • ハロウィンはいつ?

    ハロウィンは10月31日の夜に行われます。キリスト教の行事で、全ての聖人をお祝いする万聖節の日が11月1日に行われますが、その前夜祭として行なわれる行事がハロウィンです。

    ハロウィン当日は、お化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするよ!)」と言いながら家々を周り、お化け役の子供にはお菓子をあげて悪戯されないようにします。

ハロウィンの起源や由来について

  • お中元の贈り方について

    ハロウィンの起源は、キリスト教が始まる前の紀元前古代ケルト民族にあるとされています。古代ケルトでは11月1日を新しい年の始まりとし、その前日の10月31日は盛大にお祝いをしていました。また古代ケルトの10月31日は、収穫祭と、死者の霊が訪れるお盆のような日でもあります。

かぼちゃを飾ったり、仮装する意味は?

  • 相場や表書き、熨斗(のし)の書き方

    ハロウィンの夜は先祖の霊以外にも、悪霊や魔女といった悪い霊も蘇る日とされています。ハロウィンに登場するカボチャのお化けのジャック・オー・ランタンもその一つで、生前悪戯ばかりしていたジャックは、死後もランタンを持ってあの世とこの世をさまよう亡霊となったという話があります。

    もともとランタンにはカブを使っていましたが、ケルト人がアメリカへ渡った後、入手しやすいカボチャへと変わっていったようです。仮装をするのは、火を灯したり、同じお化けの仮装をすることで、悪霊たちから身を守る意味合いも。

ハロウィン特集2020

  • お中元を贈るのを止めたい場合

    テーマパークのハロウィンイベントやSNSなどを通して広く浸透した日本のハロウィン。ハロウィンで欠かせないカボチャは、日本では秋には様々な料理に使われることもあり、日本でもハロウィンが人気イベントとなった一因かもしれませんね。こちらでは、そんなハロウィンイベントにぴったりのスイーツやギフトを特集しています。※ 内容は随時更新予定です。

PAGE TOP