人気の柏餅&ちまき特集【おすすめ】端午の節句の手土産にも

スポンサーリンク

5月になると、店頭に多く並ぶのが「柏餅」。カシワの葉で包んである小豆餡の入った餅菓子ですが、男の子の健やかな成長と幸せを願って行われる「端午の節句」には欠かせない食べ物ですよね。この柏餅は日本ならではの和菓子ですが、そもそもなぜ端午の節句に柏餅なのでしょうか?

美味しい粽(ちまき)や人気の柏餅をご紹介

  • 柏餅

    5月5日の端午の節句は五節句の1つで、菖蒲の節句とも言いますが、菖蒲には魔除けの効果があるとされ、邪気払いをする習慣が古くからありました。また、日本では菖蒲(しょうぶ)を尚武(しょうぶ)の言葉にかけて、武家の男子の立身出世を願い、鎧兜や鯉のぼりを飾る習慣があり、それが一般に広まったとされています。

    柏餅 おすすめ

    この武家の縁起を担ぐ習慣のなかには、新しい芽が出るまで古い葉が落ちることのない柏の木を、”代々途切れることがない子孫繁栄”の縁起物として大切にしてきました。そして、この柏の葉と同じく縁起物の餅と合わせて食べられたことが柏餅の始まりとされています。また、京都では祇園祭に玄関の軒先に飾る厄除けとしても知られる「ちまき」。こちらでは、そんな縁起の良い粽(ちまき)や柏餅を扱うおすすめの和菓子店をご紹介します。

関連記事はこちら

みそ餡もおすすめ!たねやの柏餅

  • たねや,柏餅

    滋賀県近江八幡市で明治5年創業のたねや。期間限定で発売されるたねやの柏餅は、「こし餡」、「みそ餡」、「粒餡」の3種類。近江米を使った餅の生地はしっかりとした歯ごたえで、お米の風味も豊かに香る仕上がり。そしてつぶ餡には希少な古代米の「赤米」(あかごめ・あかまい)が入った生地が合わせられています。しっとりとした上品な甘さのこし餡、味噌の香り豊かなみそ餡、古代米の「赤米」を生地に加えて深みを混ぜ込んだ粒餡といった風にそれぞれに味の趣きと魅力があふれる柏餅です。

    【販売期間】2019年4月9日~5月5日

    【 たねや 柏餅(こし餡・みそ餡・粒餡) 】

    価格: 3個入 584円、6個入 1,167円、10個入 1,944円

    賞味期限: 約2日 販売期間: 4月9日~5月5日

    高級感のある粽(ちまき)の手土産や贈り物にもおすすめ

    taneya_chimaki_01

    さわやかな香りが広がる青笹で包まれたたねやの粽(ちまき)は、3本入りと5本入りがあり、鯉のぼりを思わせるパッケージも可愛らしい。美しく丁寧に包まれ、職人さんの細やかな手作業と心遣いが感じられます。紐を解くとなお一層立ちのぼる爽やかな笹の葉の香り。波照問産黒糖を使用した「葛羊羹粽」もあり、団子生地のもっちりとした食感に、歯ごたえの良さがアクセントになって食べ飽きることがありません。もっちりとした弾力のある生地は歯ごたえや香りもよく、見た目も美しい高級感のあるちまきの手土産や贈り物にもおすすめです。※ 黒糖粽は店舗によっては取り扱いのない場合もあり。

    taneya_chimaki_02

    【店舗】 近江八幡日牟禮ビレッジ、近江八幡店、たねや大津西武店、八日市の杜、守山瑠璃絵館、たねやクラブハリエ渋谷東急本店、たねや銀座店、たねや日本橋店、たねや池袋西武店、たねや横浜そごう店、たねや横浜高島屋店、たねや名古屋三越店、たねや名古屋松坂屋店、たねや京都高島屋店、たねや梅田阪神店、たねや心斎橋大丸店、たねやあべのハルカス近鉄店、たねや神戸そごう店、たねや奈良近鉄店など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【販売期間】2019年5月1日~5月5日

    【たねや 粽】

    価格 3本入り:972円、5本入り:1,620円(税込)賞味期限:購入日翌日

優しい甘みと塩加減も絶妙な「仙太郎」柏餅

  • 仙太郎,柏餅

    老若男女問わず愛される普遍的な美味しさを提供し続ける京の老舗和菓子屋「仙太郎」。5月の定番、柏餅にも定評があります。柏餅の種類は、しっとりなめらかな口当たりのこし餡が入った「こし」に、緑の生地はよもぎが香り、中には小豆の旨みもしっかりと感じられる粒餡が入った「粒」、白生地にほんのり甘い味噌餡が入った「みそ」の3種類。初夏にぴったりの柏葉の風味が生地から香り、塩加減も絶妙な柏餅は全種類あっという間に完食です♪

    【販売期間】2019年4月7日~5月24日(こし・粒)4月7日~5月上旬(みそ)
    【店舗】本店、大丸京都店、髙島屋京都店、ジェイアール京都伊勢丹店、阪急うめだ本店、近鉄あべのハルカス店、髙島屋大阪店、そごう神戸店、山科店、丹波工場、松坂屋名古屋店、ジェイアール名古屋タカシマヤ店、東京支社、髙島屋横浜店、伊勢丹新宿本店、東武池袋店、三越銀座店、東急東横のれん街店、京王新宿店など ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 柏餅 こし・粒・みそ 】

    価格 各 216円(税込)賞味期限:購入日当日

関連記事はこちら

白味噌の風味も絶妙、高級感ある柏餅

  • とらや,柏

    創業430年余り、長きに渡って愛され続ける老舗和菓子「とらや」。この時期限定で販売される柏餅には、「御膳餡」と言われるキメの細かいこし餡の柏餅と、白味噌を使用した「味噌餡」の柏餅の2種類があります。笹の葉の香りがほのかに香る生地に、上品な甘さのこし餡と、塩気が餡の甘味を一層引き立てる白味噌の風味も絶妙。

    【とらや 柏餅(御膳餅・味噌餡)】

    価格 303円(税込) 賞味期限:当日中

    関東・名古屋・関西で風味や食感の違いを楽しめる

    toraya_kashiwamochi_01

    他にも「羊羹粽・ようかんちまき」や「水仙粽・すいせんちまき」、関東地区と御殿場のみの「白下糖入外良粽・しろしたとういりういろうちまき」や、名古屋と関西地域で「外良粽・ういろうちまき」の4種類を販売。また関東地方御殿場店では生地を餅製に、関西地方では外郎(ういろう)製の生地で作られているため、地域によって風味や食感の違いを楽しめます。延享3年、1746年に御所に納めた記録もあるというとらやの粽と柏餅。江戸時代から日本で親しまれてきた縁起菓子を手土産に、端午の節句を楽しむのにもぴったりです。

    【販売期間】2019年4月21日~5月5日
    【関東地方】赤坂店、東京ミッドタウン店、銀座店、帝国ホテル店、日本橋店、新宿伊勢丹、玉川髙島屋S・C、アトレ目黒1、横浜そごう、TORAYA TOKYO、TORAYA AOYAMA
    【販売期間】2019年4月21日~5月5日
    【関東地方】銀座松屋、銀座三越、日本橋三越、日本橋髙島屋S.C.、大丸東京店、松坂屋上野店、浅草松屋、池袋東武、池袋西武、新宿小田急本館、新宿京王、新宿髙島屋、渋谷東急東横のれん街(渋谷マークシティ地下1階)、アトレ吉祥寺、横浜髙島屋
    【販売期間】2019年4月28日~5月5日
    【近畿地方】ジェイアール京都伊勢丹
    【販売期間】2019年5月1日~5月5日
    【関東地方】渋谷東急本店、たまプラーザ東急
    【近畿地方】梅田阪急、梅田阪神、難波髙島屋、あべのハルカス近鉄本店、神戸そごう

    ※ 店舗により販売開始時刻が異なります。

関連記事はこちら

つぶし餡、こしあん、みそ餡の柏餅セット「鈴懸」

  • 鈴懸,柏餅

    創業九十余年、博多に本店を構える創作和菓子店「鈴懸(すずかけ)」。老若男女に愛される名店の柏餅は昔ながらの製法にこだわったという生地が香り高い柏葉に包まれています。餡の種類はつぶし餡、こしあん、みそ餡の3種類。

    suzukake_kashiwamochi_02

    きめ細かくとてもなめらかな口当たりの餡は、どれもとても上品な味わい。甘さも控え目で大人から子どもまで美味しくいただける柏餅は、セットで差し入れるのもおすすめ。

    【店舗】博多 鈴懸本店、天神岩田屋店、博多大丸店、JR博多シティ いっぴん通り店、JR博多シティ デイトス店、新宿伊勢丹店、JR 名古屋高島屋店など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【販売期間】3月下旬~5月中旬

    【 鈴懸 柏餅、蓬乃柏餅 】

    価格 216円(税込)日持ち:常温当日

関連記事はこちら

爽やかな風味が香る蓬の柏餅

  • 叶 匠寿庵,柏餅

    和菓子の理想郷、寿長生(すない)の郷で有名な老舗和菓子店「叶 匠寿庵(かのう しょうじゅあん)」の柏餅は、真っ白な”こし餡”入りと、蓬(よもぎ)の色の”粒餡”入りが、それぞれ柏の葉で包まれた2種類。

    キメが細かくモッチリとした食感も心地よい餅生地の「柏餅」は、上品な甘みのなめらかなこし餡がたっぷり詰まっています。蓬が練りこまれた鮮やかな草色の生地にたっぷりと粒餡が詰まった「柏餅蓬」は、ほんのりと柏の葉の香りも漂い後味もさっぱりとしています。3個入りの箱の掛け紙は菖蒲の絵柄があしらわれ、この季節ならではの柏餅の手土産にも喜ばれます。

    【直営店名】長等総本店、哲学の径 京都茶室棟、寿長生の郷内 菓子売場、草津店、新丸の内店、石山寺店、東京ガーデンテラス紀尾井町店
    【百貨店名】東武百貨店池袋店、高島屋新宿店、松屋銀座店、そごう千葉店、高島屋大宮店、都築阪急店、札幌三越店、藤崎本店、名鉄百貨店本店、高島屋岐阜店、西武大津店、阪急うめだ本店、そごう神戸店、高島屋岡山店など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【叶 匠寿庵 柏餅・柏餅蓬】

    価格 3個入り:648円(税込)、1個入り:238円(税込) 賞味期限:購入日翌日

お米の美味しさが伝わる「銀座あけぼの」かしわもち

  • 銀座あけぼの,柏餅

    「銀座あけぼの」の柏餅は、もっちりとした歯ごたえの良い餅生地が特徴。北海道産の小豆を使用し丁寧に練り上げた優しい甘さの「こしあん」に、国産のよもぎを生地に練りこんで小豆の風味が豊かな「つぶあん」、味噌の色合いも上品な京都の白味噌を使った「みそあん」が、それぞれ柏の葉に優しく包まれています。国産生新粉と葛を丁度良い塩梅で仕上げた生地は、もっちりとした食感にしっかりとしたコシも感じられます。柏餅は期間限定の販売となっていますが、店舗が多いので手に入れやすいので嬉しいですね♪

    【店舗】銀座本店、銀座三越、銀座松屋、日本橋浜町店、東京駅大丸店、新宿伊勢丹店、渋谷東急本店、上野Kiosk店、浅草松屋店、羽田空港店、中野マルイ店、吉祥寺アトレ店、藤沢ルミネ店、船橋東武店、成田空港第二ターミナル店、浦和伊勢丹店、宇都宮東武店、秋田西武店、函館丸井今井店、梅田大丸店、松山三越店、鹿児島山形屋店など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【販売期間】4月上旬~5月中旬

    【 銀座あけぼの 柏餅(こし・つぶ・みそ) 】

    価格 216円(税込)

香りも爽やかな粽(ちまき)はおすすめ

  • 仁々木,粽

    京都東山祇園町に本店を構える和菓子屋「京都祇園 仁々木」(ににぎ)。独特の爽やかな香りに包まれる粽は、袋を開けた瞬間、周りに漂う笹の葉の良い香り。まるで空気を一新するような芳香の広がる粽です。国産のうるち米を使ったもっちりのした歯切れの良い生地は、柔らかな甘さが広がります。素朴で優しい味わいの粽は、柏餅や生麩蓬餅と合わせて差し入れるのも。

    【店舗】仁々木祇園本店
    京都市東山区祇園町北側347-115 楽宴小路内
    【電話】075-541-4727
    【営業時間】月~金16:00~26:00、土は11:00~26:00
    【定休日】日曜・祝日
    【店舗】近江堅田駅店、近江工房店、そごう横浜店、ルミネ立川店、ニュウマン新宿店など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【仁々木 粽】

    価格 900円 賞味期限:購入日翌日

関連記事はこちら

道明寺製のみずみずしい餅生地「鶴屋吉信」柏餅

  • 鶴屋吉信,柏餅

    享和3年創業の京の老舗「鶴屋吉信」。四季折々の美味しい古都の雅が感じられる和菓子の数々に魅了される人が後をたちません。柏餅は上新粉を使った餅生地に、中にはこし餡と粒あん、京都では味噌風味の白あんを包むのが一般的です。ですが、鶴屋吉信の柏餅は珍しい「道明寺製」。こし餡と粒あんを白い道明寺製のみずみずしい餅生地で包んだ2種類があります。

    もっちりとした食感も楽しい道明寺製の餅生地に包まれたこし餡は、上品な甘さになめらかな口当たり。後味もさっぱりとしており、爽やかな風味の餅生地に調度良い甘さの粒あんの2種類があります。6個入りで1,750円の詰め合わせもあり、柏餅の手土産や差し入れにもおすすめです。鶴屋吉信の「ちまき」は、もっちりとした歯ごたえの良い外郎生地からは笹の葉とい草の香りがほのかに香る「粽」は、外郎に小倉が入った「小倉粽」と外郎の「外郎粽」の2種類があります。(価格:小倉粽3本束で1,296円)。ちまきの販売予定は5月1日~5月5日まで。

    【店舗】直営店:本店、東京店、世田谷店、京都府:髙島屋京都店、大丸京都店、JR京都伊勢丹、大阪府:阪急百貨店うめだ本店、大丸梅田店、髙島屋大阪店、あべのハルカス近鉄本店、兵庫県:そごう神戸店、大丸神戸店、愛知県:松坂屋名古屋店、東京都:大丸東京店、髙島屋日本橋店、三越本店、三越銀座店、伊勢丹新宿店、小田急百貨店新宿店本館、髙島屋新宿店など ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【販売期間】柏餅は4月中旬~5月5日 ※店舗により取り扱いのない場合があり。

    【 鶴屋吉信 柏餅 】

    価格 292円(税込) 賞味期限:製造日より3日

関連記事はこちら

美味しい粽(ちまき)や柏餅は手土産にも

  • 柏餅

    平安時代に始まり、江戸時代に武家を中心に広まった日本で親しまれてきた節句菓子の文化。武家文化の花開いた関東地域では柏餅が主流とも言われており、関西地域では、粽を店頭で多く見かけます。中に使われる餡の種類は、つぶあん、こしあん、味噌あんなどが一般的です。

    美味しいだけでなく、菓子の持つ意味や歴史を知ると味わいもまた深くなりますよね。今回は、そんな縁起の良い粽(ちまき)や柏餅を扱うおすすめの和菓子店を特集しました。爽やかな気候にぴったりの美味しい粽や柏餅は、手土産や差し入れにも喜ばれます。お探しの方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら