日本橋長門「久寿もち」がおすすめ!歴史ある老舗のわらび餅

line お気に入り
nagato_kuzumochi_5

享保年間創業 徳川家の菓子司を務めてきた「日本橋 長門」(にほんばし ながと)。徳川家に菓子を献上していた約300年の歴史ある和菓子店です。東京駅からもほど近い日本橋にあるお店は、いつも客足が途切れず、中でも、夕方には売り切れることが多い「久寿もち」(くずもち)が一番人気。こちらでは、日本橋 長門のおすすめの人気商品をご紹介します。一年を通して購入することができる美味しい「久寿もち」は、手土産やお土産にもおすすめです。

日本橋 長門 久寿もち(くずもち)

  • nagato_kuzumochi_5

    【 日本橋 長門 久寿もち 】

    価格  890円  賞味期限:2日

    昭和初期に十四代目が考案した久寿もちは、形は三角形ですが、関東では珍しい本わらび粉を100%使用し、弾力やコシのあるわらび餅のような食感と風味。竹皮に包まれた包装をほどくとあらわれる餅は、きな粉がたっぷりとかかって見えないほど。黒須きな粉が多く使用された、色目が濃いきな粉が使用されています。

上品な甘みと優しいお味の久寿もち

  • nagato_kuzumochi_4

    透明になるまで丁寧に練り上げられたくずもちは、保存料や添加物も一切使用されていないため日持ちは2日くらい。餅自体にほのかな甘みが感じられ、香ばしいきな粉の風味と口の中で溶け合います。久寿もちは、一年中購入が可能。夏は冷蔵庫で15分位冷やしてからいただくと、より一層美味しくいただけます。上品な甘みと体に優しいお味は、ご年配の方や甘みの苦手な方にもおすすめです。

関連記事はこちら

日本橋 長門 店舗情報・営業時間

  • 日本橋 長門 久寿もち
    nagato_kuzumochi_1

    二葉葵がデザインされた包装紙からは、お店の由緒ある歴史がうかがえます。久寿もちの他にも、小豆の風味を生かした「切羊羹」(価格:890円)もおすすめ。細長い棒状の拍子木切りにしてあるため食べやすく、甘さが控え目でさっぱりとした後味。お酒のお供にされる方も多いほど、男性のお客さんも多く購入される人気商品です。

    【店舗】東京都中央区日本橋3-1-3 日本橋長門ビル 1F
    【電話】03-3271-8662
    【営業時間】10:00~18:00 定休日:日曜日、祝日

line お気に入り

関連記事はこちら

関連記事はこちら