人気のパン屋さん【東京】パンの手土産や差し入れにおすすめ

スポンサーリンク

パン職人が素材を選定し、小麦からパンを製造して販売しているお店だけが名乗れる「ブーランジェリー」(パン屋さん)。

世界のグルメが揃う東京には、地元でも愛される昔ながらのパン屋さんから、海外の有名店のブーランジェリーまで勢揃い。お店が多すぎて「どこに入ろうか迷ってしまう!」なんて嬉しい悲鳴も聞かれますが、まずは人気店から制覇してみては♪

都内のおすすめのパン屋さんをご紹介

  • croissant

    パンは種類も多く、柔らかいものが好きな人やライ麦を使ったハード系のものが好きな人など好みもさまざま。おやつ代わりだけでなく主食として日常的に食べる方も多いですよね♪ 朝はパンがないと始まらないという方も珍しくありません。

    Bread2

    そこで、東京で人気の美味しいパン屋さんをご紹介!海外からやってきた話題のブーランジェの手掛ける有名なパンや、日本人が作る五感に訴えるパンなど行列店の魅力をご紹介します。パン好きの方への手土産としても喜ばれる「パン」の世界をぜひご覧ください♪

世界トップレベルのブーランジェの菓子パンはおすすめ

  • 都内の美味しいパン

    パンが主食であり、街のあちこちでパンのいい匂いがしているパリ。世界でもトップレベルのブーランジェが集結している有数のパン大国です。

    その中でもトップを走るクリストフ・ヴァスール氏は、ベストブーランジェリー・オブ・パリなど数々の賞を受賞し、高級レストランにパンを提供するなどパリ随一のブーランジェです。

    必ず食べたい一番人気のエスカルゴ

    東京 パン屋さん 人気

    【 リチュエル エスカルゴ ショコラ ピスターシュ 】

    価格 390円

    そんな彼のこだわりがつまったヴィノエワズリー店「RITUEL(リチュエル)」は、パリでも愛用している信頼のA.O.Cバターを取り寄せ、日本の旬の素材とのコラボレーションで生まれるハイブリッドなヴィエノワズリーの数々が人気を博しています。

    中でも、お店の顔ともいうべき渦巻きパンのエスカルゴはおすすめ。外側のカリッとした生地にフレーバーごとに自家製のカスタードクリームが見事なハーモニーを奏でます。パン好きならずとも1度は訪れてみたいお店のパンは、美しいブルーに可愛いパリのイラストの紙袋や箱も女子ウケ抜群です♪

    ショップ情報

    【店舗】RITUEL 代官山店
    【住所】東京都渋谷区代官山町20-23 1F
    【店舗】リチュエル 日本橋髙島屋S.C.店
    【住所】東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋S.C.新館 B1
    【店舗】リチュエル ル グラン ド ブレ 伊勢丹新宿店
    【住所】東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店B1F

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

スポンサーリンク

パリでも有名な六本木のメゾンランドゥメンヌ

  • Maison Landemaine Tokyo_croissant02

    パリでも8店舗を展開する人気店「Maison Landemaine(メゾンランドゥメンヌ)」は、フランスのミシュランガイドにも匹敵する三大ガイドブックで「ブーランジェリー・パティスリー・オブ・ザ・イヤー2011」を受賞するなど、数々の受賞歴を持つパリ発の人気のブーランジェリー。

    「メゾン ランドゥメンヌ トーキョー」のオーナーは日本人。漬物に出会ったことで酵母に興味を持ちパンの道へ進んだ異色な経歴の持ち主です。

    必ず食べたい美味しいクロワッサン

    メゾンランドゥメンヌ,クロワッサン

    【 メゾンランドゥメンヌ フランス クロワッサン 】

    価格 480円

    フランスの最高級バターと、最上級フランス産無農薬の小麦粉で作るクロワッサンはお店の看板メニューで、フィガロ紙でもパリの美味しいクロワッサンとして高い評価を受ける人気商品です。

    こだわり抜いた生地は、外側のパリッと中はもっちり柔らかい絶妙な食感。口の中で芳醇なバターの香りともっちりとした甘みや食感が絶妙のハーモニーを奏でます。国産バターを使ったクロワッサン(価格:250円)もあり。購入したパンはイートインも可能。

    ショップ情報

    【店舗】Maison Landemaine Tokyo
    【住所】東京都港区麻布台3-1-5
    【営業時間】7:00~19:30
    【定休日】不定休(年始のみ)
    【電話】03-5797-7387

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

注目の日本人オーナーのパン屋さん「365日」

  • 365_2

    海外から進出してくるショップの華やかさに目が行きがちですが、日本のブーランジェも負けてはいません。代々木公園駅から徒歩1分の「365日」は、型破りなパン屋さんとして注目を浴びています。

    オーナーはいくつものブーランジェやパティスリーをプロデュースした経験を持つ杉窪 章匡氏。自身もパティシエとして大きな功績を残しています。

    一番人気のクロッカンショコラ

    365_1

    【 365日 クロッカンショコラ 】

    価格 290円

    彼が目指すのは国産の材料にこだわり毎日食べても食べあきない「日本人が喜ぶ日本人のためのパン」であり、「365日」は、食に特化したセレクトショップです。

    どのパンにも食感や食材の組み合わせなど五感に訴える設計となっており、食べ進むごとに新しい発見や感動に出会えます。新時代のパンを食べてみたい方はぜひ足を運んでみては♪

    ショップ情報

    【店舗】365日
    【住所】東京都渋谷区富ヶ谷1-6-12
    【営業時間】7:00~19:00
    【電話】03-6804-7357

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

スポンサーリンク

スペイン王室御用達のパン屋さん「マヨルカ」

  • Mallorca2

    スペイン王室御用達グルメストア「Mallorca(マヨルカ)」。最良のグルメ食材を使い、工房で作りたての商品を提供することにこだわるお店です。全て無添加で提供されるタパスやデリカテッセンなどは、グルメもうならせる手の込んだ商品の数々。長年に渡って最先端のガストロノミーを維持し続けるスペイン王室御用達グルメストアでもあります。

    スペイン王室御用達「マヨルカ」エンサイマーダ

    Mallorca1

    【 マヨルカ エンサイマーダ(プレーン、オレンジ、チョコ) 】

    価格 190円、260円、280円(税込)

    地方によってお菓子の特徴が異なるスペイン。中でもオススメは、マヨルカの名前の由来となったのはマヨルカ島の伝統菓子「エンサイマーダ」です。マヨルカの看板メニューは、パリッとした外側の皮の食感と、中のもっちりのした柔らかい甘みのある生地の食感も絶妙!二子玉川店では焼き立てをイートインスペースでいただくこともできます。

    ショップ情報

    【店舗】Mallorca(マヨルカ)
    【電話】03-6432-7220
    【住所】東京都世田谷区玉川1-14-1二子玉川ライズS.C. テラスマーケット2F
    【営業時間】9:00~23:00
    【定休日】二子玉川ライズS.C.に準ずる

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

毎日でも食べたくなるクロワッサン

  • エシレ クロワッサン

    バターの美味しさを存分に堪能できる「エシレ」のクロワッサンはおすすめ。毎日でも食べたくなるクロワッサン・エシレ トラディシオン(税込346円)や、原材料の50%がエシレ バターというクロワッサン・エシレ 50%ブール(有塩・食塩不使用)(税込432円)の2種類があります。

    お昼頃には完売してしまうほどの人気商品で、じゅわっとバターがしみでるクロワッサンは外はパリッとした食感で中はもっちりやわらかく、朝食の差し入れなどにもおすすめです。

    ショップ情報

    【店舗】ECHIRE MAISON DU BEURR(エシレ・メゾン デュ ブール)
    【住所】東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 1F
    【電話】03-6269-9840
    【営業時間】10:00~20:00

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

ヴィエノワズリー ジャン・フランソワのおすすめ

  • ジャン・フランソワ,Wチーズケーキデニッシュ

    【 ジャンフランソワ Wチーズケーキデニッシュ 】

    価格 410円(税込)

    「ヴィエノワズリー ジャンフランソワ」は、フランス国家最優秀職人章を獲得した一流シェフのジャン・フランソワルメルシエ氏がプロデュースするブーランジェリーです。フランス国家も認める技術を受け継ぎ、作り出される菓子パンたちはどれも本場の味わいを堪能できます。

    なかでも、銀座シックス限定の「Wチーズケーキデニッシュ」はオススメで、サクサクとした食感も楽しいクロワッサン生地の上にはレアチーズケーキがトッピング。中には濃厚なフランス産のクリームチーズを使ったベイクドチーズケーキが入っており、チーズケーキ好きにもたまりません♪

    店舗限定のフレンチトーストもおすすめ

    ジャン・フランソワ,デニッシュフレンチトースト

    【 ジャンフランソワ デニッシュフレンチトースト】

    価格 367円(税込)

    1日に3回焼き上がり、各回10個ほどの限定というプレミアアイテムなパンは、バターを贅沢に使った特製のデニッシュ食パンを使ったリッチなフレンチトースト!

    たっぷりと卵液を含んでから焼かれているため、ふんわりと柔らかく噛むごとにジュワッと旨味が広がるジューシーさもたまりません♪

    ショップ情報

    【店舗】Viennoiserie JEAN FRANCOIS
    (ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ) GINZA SIX店
    【住所】東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下2階
    【営業時間】10:30~20:30
    【定休日】GINZA SIXに準ずる
    【電話】03-5537-5520

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

ワンランク上のパンなら「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」

  • ル パン ドゥ ジョエル・ロブション

    【 ル パン ドゥ ジョエル・ロブション クロワッサン、フォカッチャ 】

    価格 240円、250円

    フランス最優秀職人賞を取得し、生涯で獲得したミシュランの星の数は28個。現役を退く時には世界中が嘆いたといわれる「Joel Robuchon(ジョエル・ロブション)」。

    世界初のパン専門店「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」は、いつも大勢の女性客でにぎわい、自分へのご褒美や夕食に、ちょっぴりリッチなブランチ用にと大人気!

    食卓に欠かせないハードパンやパンドミ、そのままランチや朝食になる惣菜パンやフォカッチャも有名で、デザートや差し入れにも最適なヴィエノワズリーには、「パンオショコラ」や「クロワッサン」も人気があります。仕事帰りにも、ワンランク上のご褒美パンを求めて立ち寄りやすい点もオススメのポイント。

    ショップ情報

    【店舗】渋谷ヒカリエShinQs店
    【住所】東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F
    【店舗】ニュウマン新宿店
    【住所】東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan1F

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

持ち帰ったパンを美味しく食べる方法

  • Bread2

    買ってきたパンを自宅で召し上がる場合は、少し温めてから頂くと美味しさが増します。オーブンを前もって予熱で180度くらいに温め、数分間温めてからいただくと美味しさもUP。

    パンの種類によっては、冷凍しておいてから食べたい時にリベイクするのも◎ パンの表面を水で湿らしてから、180度~190度くらいに熱しておいたオーブンで数分間、様子を見ながら温めてください。この時、表面を焦がさないように気を付けてください。オーブントースターを使用する場合は、アルミホイルをかけて温めてください。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら