【おすすめ】ビーントゥバーのチョコレート特集「Bean to Bar」

ダルシー ビーントゥボンボン2
スポンサーリンク

「Bean to Bar」ビーントゥバーとは 何なのか?

現在流行のタブレットチョコレートの多くは「Bean to Bar」製法で作られるブランドが多く存在しています。

「Bean to Bar chocolate 」ビーントゥーバーチョコレートとは、カカオ豆の状態から板チョコレートになるまでの全ての一連の工程を一貫して行うことを言います。いわば、チョコレート作りの新しい動きや流れのことです。

「Bean to Bar」ビーントゥバー 製法とは 何か?

この「Bean to Bar」ビーントゥーバーという製法は、ショコラティエ自らが、カカオの買い付けから焙煎、製造の全てを自社の工場で行い、全ての工程において携わる製法です。産地別に焙煎時間や温度の調節が必要で、熟練の技が生み出せる製法なのです。

製造の過程でアロマが発達し、繊細な奥深い香りが楽しめたり、酸味や渋みが飛ばされてまろやかな味わいが楽しめたりと、チョコレートのタブレットの中にはとても丁寧に携わったショコラティエの熟練の技と情熱と魅力がいっぱいに詰まっているのです。

カカオの素材そのものが持つ味、品質や価値にこだわりをもって作り出されるショコラティエのこだわりがつまったおすすめの有名な「Bean to Bar」(ビーントゥバー)ビーントゥーバーチョコレートや人気のタブレットチョコをご紹介。通販やお取り寄せが可能な商品も合わせてご紹介します♪

伝統を大切に引き継ぐ老舗「ベルナシオン」

  • DSC_2819

    1953年、フランスのリヨンに誕生した「ベルナシオン」。フランス国内だけでなく海外からも注目される超人気店にもかかわらず、伝統のレシピや味にこだわり、本店以外の店舗を持つことはありません。もちろん、新しい取り組みをすることはありますが、配合や組み合わせなどベルナシオンの味を変えることなく伝えていく普遍さもまた大切と語ります。「タブレット リスフレ レ」はミルクタブレットにライスパフを加えた軽い歯ざわりが特徴的。ミルクチョコレートにはヘーゼルナッツ香るジャンドゥーヤがミックスされており奥深い味わいですが、これもベルナシオン伝統のレシピに基づくもの。

    【 ベルナシオン タブレット リスフレ レ】

    価格 3,456円 (税込)賞味期限:5月上旬

    ベルナシオンのおすすめのチョコレート

    ベルナシオン タブレット マンディアン プラス

    ピーカンナッツ、ローストアーモンド、ヘーゼルナッツなど食感も味わいも異なるナッツ類をふんだんに使用。さらにレーズンとドライチェリーを加えた賑やかな「マンディアン プラス」はベルナシオンの一番人気!伝統を大切に引き継いだ温故知新の味をぜひ試してみてください。

    【サロン・デュ・ショコラ 2018会場】岩田屋本店・ジェイアール京都伊勢丹・名古屋栄三越・丸井今井札幌本店・仙台三越・新宿NSビル

    【 ベルナシオン タブレット マンディアン プラス(1枚) 】

    価格  3,348円(税込)賞味期限:2018年5月下旬

カカオの味そのものが魅力 Minimal ミニマル

  • ビーントゥバー 東京 ミニマル

    東京都 渋谷区・富ヶ谷に本店を構える「Minimal・ミニマル」。世界中から品質の良いカカオ豆を選び抜いて仕入れ、自社工房でカカオ豆から板チョコレートができるまでの全工程を管理し製造する「Bean to Bar」(ビーントゥバー)ビーントゥーバーチョコレートの専門店です。世界各国から有名ショコラティエが集結する東京で、カカオの味そのものが味わえるお店として人気を博しています。老舗酒蔵の日本酒とチョコレートのペアリングや、ミニマルセレクトの日本酒やワイン、ラムやビールとチョコレートのペアリング「Barイベント」、カカオ豆の焙煎から始めるチョコレート作りが体験できる(ワークショップ)なども積極的に開催。チョコレートの新たな楽しみ方を提案し続ける注目のお店です。

    ミニマルのチョコレートの通販やお取り寄せにも

    ミニマル ビーントゥバーチョコレート

    本来、チョコレートはカカオ豆の種類や育った環境だけでなく砕き方1つでも大きく風味や食感を変えることはご存知ですか?同じものはない一期一会の出会いを大切に、個性を最大限に活かしたチョコレートを提供しているのが「Minimal・ミニマル」。日本のBean to Barチョコレート界を牽引するチョコレート専門店です。「FRUITY CITRIC BOLIVIA 67%」はボリビア産のカカオを粗目に砕き、47分浅煎りしたものを使っています。余分なものはすべて省きカカオ本来のフルーティーな風味を引き出しました。まるで焼きみかんのような香ばしくジューシーな味わいで、カモミールティーとベアリングしてみるのもおすすめです。

    【店舗】富ヶ谷本店:東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9 代々木公園駅【電話】03-6322-9998
    【営業時間】11:30~19:00【アクセス】代々木八幡駅より徒歩約5分
    【店舗】銀座 Bean to Bar Stand:東京都中央区銀座3-8-13 光生ビル 1F【電話】03-6264-4776
    【営業時間】11:00~19:00【アクセス】東京メトロの銀座駅 A13出口より徒歩約2分
    【店舗】白金高輪 Factory & Store:東京都港区白金1-7-1 アズ白金ビル1F【電話】03-6277-2936
    【営業時間】11:00~18:00【アクセス】白金高輪駅から徒歩約9分
    【店舗】ミニマル 池袋店:東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B1Fなど。 ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 FRUITY CITRIC BOLIVIA 67%(1枚) 】

    価格 1,404円(税込) 賞味期限:製造日から365日間

関連記事はこちら

日本のショコラ界を牽引するショコラティエ パレ ド オール

  • ショコラティエ パレ ド オール

    「ショコラティエ パレ ド オール」のオーナーショコラティエは日本のショコラ界を牽引する1人である三枝俊介氏です。年間なんと10トン以上のカカオを扱っている経験を活かし、2014年よりBean to barに挑戦し始めたことでも知られています。巨匠のこれまでの経験や技術を総動員してカカオからチョコレートとして店頭に並ぶまでの工程すべてを手がけるBean to bar。試してみたいなら「キャレショコラ」がおすすめ。キューバ、ベトナム、ハイチと世界中から厳選されたカカオ豆を産地ごとにタブレットにするシングルオリジンチョコレート。それぞれの味を最大限引き立たせる割合のミルクが配合され、シンプルですが究極の味わいです。

    【店舗】ショコラティエ パレ ド オール大阪【住所】大阪市北区梅田2-2-22
    【店舗】ショコラティエ パレ ド オール銀座【住所】東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座店 B1F
    【店舗】ショコラティエ パレ ド オール東京【住所】東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 1F ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 ショコラティエ パレ ド オール キャレショコラ 】

    価格 1,491円(税込)賞味期限:製造日から365日間

見た目も美しいビーントゥーボンボン

  • ダルシー ビーントゥボンボン2

    ベルギーショコラ大使に任命され、WPTC世界菓子職人チャンピオンシップでチャンピオンに輝くなど高い評価を受けている「ジャンフィリップ・ダルシー」。ベルギーの伝統的な技法を基礎にして、新しい取り組みにも挑戦しています。「ビーントゥボンボン」もその1つで、キューバのパラゴア産のカカオ豆を使いヘーゼルナッツの香る「Cuba」など6種類それぞれの個性を楽しむことが出来ます。ブランドのオンラインショップでは、マダガスカルやベトナム、カメルーンやキューバなど産地やカカオの含有量の違いをじっくりと楽しめるタブレットの種類も豊富。様々な好みを満たしてくれるビーントゥーバーや、見た目も美しいビーントゥーボンボンが揃います。

    【ダルシー ビーントゥボンボン】

    価格 2,592円(税込)賞味期限:冷蔵2018年2月28日まで

スペイン王室御用達のショコラテリア「CACAO SAMPAKA」

  • カカオ サンパカ

    1999年創業のスペイン王室御用達のショコラテリア「CACAO SAMPAKA・(カカオ サンパカ)」。バルセロナに本店を構ええ、世界で一番予約が取れないレストランとも噂された伝説的なレストランのパティシエやクリエイターたちと共に立ち上げられたブランドです。カカオ豆の選別から製造にいたるまで全工程を手掛けているアトリエでは、約300種類以上もの製品を作りる事ができます。古代アステカ帝国の王やスペイン王室にも愛される希少なカカオの再生にも力を注ぎ、カカオ農園を支援する活動も行う老舗ブランド。なかでも、メキシコやキューバ、エクアドルやマダガスカルなど12国ものカカオを食べ比べることができるテイスティングセットは、口のなかですっと溶けてゆく薄さに仕上げられており、芳醇なカカオの香りや風味が堪能できます。

    【店舗】カカオサンパカ カフェ 南青山店【住所】東京都港区南青山5-5-24
    【店舗】丸の内店【住所】東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F
    【店舗】カカオサンパカ 大丸梅田店【住所】大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田店 7F
    【店舗】カカオ サンパカ 金沢店【住所】石川県金沢市野町2-24-2 ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 12種カカオ原産地テイスティングセット 】

    価格  4,320円(税込)賞味期限:2018年4月30日

カカオに忠誠を誓った一家の130年の歴史 BONNAT ボナ

  •     BONNAT_chocolate

    1884年に生まれた老舗ショコラトリー「BONNAT・ボナ」。現在は6代目のステファン・ボナ氏が務めており、1984年よりBean to Barを手がけるようになりました。現在ではカカオの原産地名の保護制度を作るためにメキシコ州政府とタッグを組んでプロジェクトをするほどの深い知識を持つ人物として知られています。ボナ家は「Bean to Bar」製法を130年も前に始め、伝統に裏打ちされた製法と老舗の味を守っています。BONNAT「ボナ」は世界最古の家族系のチョコレート工房としてシングルオリジンのカカオ豆のタブレットを世界に先駆けて発信し続けています。

    BONNAT・ボナのおすすめのチョコレート

    ボナ モレニータ

    「モレニータ」はその現場で出会ったカカオで作られた貴重なミルクチョコレートです。焙煎しても黒ずまない全体収穫量の0.5%以下という希少なカカオを使っており、メキシコのジャングルに自生する花や植物のような多様性のある香り。2017年のインターナショナルチョコレートアワードでは金賞を受賞する実力派です。

    【 ボナ モレニータ(1枚) 】

    価格 2,160円(税込)賞味期限:製造日から365日間

「Bean-to-Bar」の一歩先「Tree-to-Bar」

  • 最高級カカオを使用したビーントゥーバー

    【 ショコラマダガスカル 選べる3セット 】

    価格 2,430円(税込) 

    ロベール社がつくる最高プレミアムチョコレート「ショコラマダガスカル」。精製していないピュアなカカオバターを使用し、国際チョコレートアワード アメリカ大会セミファイナルにて各賞を受賞。非常に品質の良いカカオ豆やバニラの生産地としても有名なマダガスカル産の原料100%にこだわり、フェアトレードより一歩先ゆくレイズトレードでカカオの栽培からチョコレートの製造まですべて一貫してマダガスカル国内で行っています。

    アメリカ大会で銀賞を受賞したダークチョコレート 85%は、シトラスやピーチのかすかなフレーバーと、はちみつやキャラメルを感じさせるチョコレートで、お酒との相性も良く大人にオススメの一枚。ミルク部門で金賞を受賞した濃厚ながらもさっぱりとた50%ミルクも食べやすくおすすめです。

スパイシーな風味が得意な「 akesson’s・アケッソンズ」

  •     akesson’s Chocolate2
    出典:akesson’s

    マダガスカルやバリ、ブラジルに自家農園を持ち、食品業界の「オスカー」とも呼ばれるイギリスのGREAT TASTEの板チョコレート部門において多数賞を受賞する「 akesson’s・アケッソンズ」。世界のトップパティシエや、Bean to Barを手がけるショコラティエへカカオ豆を提供し、2009年にはその技術や知識やネットワークを活かしたショコラブランドを立ち上げ、あっという間にプロが注目する実力派ブランドの仲間入りを果たしました。カカオとそのシェードツリーとして植えられた胡椒は相性も良いと考え、胡椒入りのチョコレートを作り上げるなどその土地ならではのチョコレート作りに定評があります。ピリッとコショウが効いたスパイシーな風味のタブレットチョコが有名で、男性にもよく好まれます。

    「 akesson’s・アケッソンズ」チョコレートのおすすめ

    アケッソンズ チョコレート おすすめ

    「マダガスカル75%トリニタリオ&ヴォティペリフェリペッパー」は、マダガスカルの自社農園で大切に育てられたトリニタリオ種カカオ豆と、野生のヴォーティペリフェリペッパーをマリアージュさせたもの。インパクトの強い味わいですが余韻には繊細な香りが残り、クセになる方続出のチョコレート。

    【 マダガスカル75%トリニタリオ&ヴォティペリフェリペッパー 】

    価格 1,350円(税込)賞味期限:製造日より常温540日

世界のトップ・パティシエが絶賛「Valrhona・ヴァローナ」

  • ヴァローナ チョコレート

    フランスのローヌ地方発、世界のトップ・パティシエたちに愛される「Valrhona・ヴァローナ」は、世界各地に契約農園を持ち、栽培から収穫、発酵、乾燥、そして豆の選定に至るまでを一貫して管理し手がけています。カカオの原産地や種類によって違う風味や香りを放つ、カカオの本物の味わいが楽しめます。そして、ブランドのモットーは創設時からこだわり続けているカカオの原料のこだわりによって生み出される力強い苦味や渋み、フルーツのような酸味、森や木々の香り、はかない花のような香りといったカカオの個性を味わうことです。

    なかでもおすすめは、ドミニカ共和国のロマ・ソタヴェントカカオ農園のフルーティーなアロマが広がるカカオに、マダガスカルのミロ農園のパッションフルーツを思わせる酸味も感じられるカカオ、トリニダード・トバゴ共和国のグラン・クヴァ農園の香ばしくスパイシーな風味の感じられるカカオなど産地別の最高級品質カカオの特徴が楽しめるタブレット。

    【 コフレ・ドメーヌ 】

    価格  7,792円(税込)賞味期限:2018年1月31日

インターナショナル・チョコレード・アワードで金賞を受賞のMAROU マルゥ

  •     MAROU_chocolate

    ベトナムの良質なカカオの魅力に魅せられたチョコレートの生みの親であるヴィンセントとサミュエルが立ち上げた「MAROU」(マルゥ)。原材料はカカオマス、カカオバター、サトウキビ由来の砂糖などが使用されており、ハイブランドにも製菓材料として提供している実力派。ひとつの産地のカカオからひとつのチョコを作る「シングル オリジン」チョコレートをモットーにし、カカオの酸味と苦味が調和した長く続く芳醇なフレーバーが特徴的。「マルゥ」のシングルオリジンバーは、殻の状態から作られた「Pod to Bar」チョコのドンナイや、ベンチェ、ラムドンやバリア、トリニタリオ種カカオ豆で作られた優しい味わいにスパイシーな香りやナッツのような香ばしい風味が楽しめるティエンジャンなど、全てベトナムの農園の各省のカカオだけを使用し、その省の名前がそのままチョコの名前となっています。

    【 マルゥ 24gバー 6枚組アソート 】

    価格  2,916円(税込)賞味期限:製造日から180日間

お洒落なパッケージデザインで人気「マストブラザーズ」

  • マストブラザーズ タブレットチョコ

    ニューヨークのブルックリンに工場を構える「Mast Brothers Chocolate(マストブラザーズ)」は、マスト兄弟が作るとっておきのチョコレート。彼らの舌でさがした素材のみを使い、カカオの選別からチョコの製造まで全てを自分たちの手で行っています。原料はカカオとさとうきびだけというシンプルなオーガニックチョコレートで、イタリアのRossi社のデザインの包装紙も洗練されていてオシャレ。

    マストブラザーズのおすすめチョコレート

    Mast Brothers chocolate1

    ポートランド発のコーヒー愛好家に愛される「Stumptown Coffee Roasters」(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)。良い豆があれば高値で買取り産地との信頼関係を築き最高品質の豆を仕入れ提供しているお店は、ニューヨーク マンハッタンでもいつも大盛況!そんなコーヒー愛好家たちに愛される名店で焙煎された「コーヒー」は、ドミニカ産のカカオ豆がトッピングされた季節のコーヒー豆をミルクチョコレートに合わせた人気のフレーバー。他にも、フルーティなフレーバーの「ダーク」やバターミルクを使った「ミルク」、ダークチョコレートに塩気が絶妙な「シーソルト」もおすすめ。塩とダークチョコレートのカカオの酸味と苦味のバランスが抜群です。

    【店舗】DEAN&DELUCAや「PLAZA」などの一部の店舗。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 マストブラザーズ コーヒー、シーソルト 】

    価格 1,944円(税込)

ビーントゥバー 横浜「VanillaBeans」(バニラビーンズ)

  • バニラビーンズ ショーコラ2

    横浜でも大人気のBEAN TO BAR専門店「VanillaBeans」(バニラビーンズ)みなとみらい本店。南米やアフリカ、東南アジアなどから取り寄せたカカオ豆を使ったシングルビーンからオリジナルブレンドまで、約30種類の板チョコレート(タブレットチョコ)が揃うチョコレート専門店。カカオの産地ごとに素材や製造にもこだわり、焙煎から製造、販売まで手掛ける本格的なチョコレート工場も併設した店舗にはカフェもあり、チョコを使ったスイーツもいただけます。

    バニラビーンズ ショーコラ

    なかでも一番人気のショーコラやパリトロは、サロン・デュ・ショコラでパリに初出店した際にもフランス人にも大好評。バターたっぷりのクッキー生地に、生チョコレートがとろーりと溶けだす濃厚ガナッシュをサンドした「ショーコラ」は、まろやかな甘みのリッチミルクをはじめ、コーヒー風味のカフェプレミアム、ヘーゼルナッツが香ばしいプラリネノワゼットなど4種類があり。お店では、産地や風味別のカカオのテイスティングも可能なため、自分のお気に入りのカカオを見つけてからタブレットを購入することができます。

    【店舗】VANILLABEANS みなとみらい本店
    【住所】神奈川県横浜市中区海岸通5-25-2 シャレール海岸通 1F
    【電話】045-319-4861【アクセス】みなとみらい線の「馬車道駅」から徒歩約5分。
    【店舗】VANILLABEANS 川崎店【住所】神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-2-1042
    【電話】044-201-7891 ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 バニラビーンズ 送料込ショーコラ8個入】

    価格 3,672円 (税込)

関連記事はこちら

添加物を一切使わない「エミリーズチョコレート奥沢」

  • えみりーず チョコ 人気

    東京・世田谷の工房で作られる「エミリーズチョコレート奥沢」は、コロンビア産やベネズエラ産やボリビア産など中南米の貴重な豆を使用し、希少な品種のクリオロ種やトリニタリオ種にこだわる(ビーントゥバー)ビーントゥーバー。原料はカカオ豆とカカオバターと砂糖。ミルクチョコレートは、これにミルクパウダーをプラスするだけという安心して食べれるように添加物を一切使わないチョコレートがモットーです。とっても可愛い封筒型のパッケージに、カカオの産地の切手が貼られて郵送されるチョコは、まるで海外から届いた手紙のようで、演出にもこだわりが感じられます。

関連記事はこちら

Recommend Item

関連記事はこちら