「RITUEL」のパンを手土産に!パリ最高峰のブーランジェリー

スポンサーリンク

東京で人気を博すブーランジェリー「RITUEL」(リチュエル)!こちらでは、リチュエルの人気のパンやヴィエノワズリーなど、気になる情報についてお伝えします。パン好きならずとも押さえておきたい名店!ぜひチェックしてみてください♪

フランス最高峰のブーランジェリー

  • RITUEL_08

    フランス最高峰のブーランジェ(パン職人)との呼び声も高いクリストフ・ヴァスールが手掛ける「RITUEL(リチュエル)」。パリで人気のブーランジェリー「Du Pain et Des Idees(デュ・パン・エ・デジデ)」のオーナー、クリストフ・ヴァルース氏が監修するヴィエノワズリー専門店です。

    リチュエルの人気商品をご紹介

    RITUEL_08

    オーガニック栽培の小麦粉や新鮮な良質バターなど最高品質の原材料にこだわり、伝統的なパンの製法や手作業を大切にしているクリストフ氏。

    有名レストランでも採用されているほか、多数の受賞歴があるなどその美味しさには定評があります。また、「リチュエル」という名前はフランス語で習慣を意味し、日常の中にもある特別な時間を過ごして欲しいという思いが込められているといいます。

関連記事はこちら

一番人気のエスカルゴ ショコラ・ピスターシュはおすすめ

  • リチュエル,エスカルゴ

    【 リチュエル エスカルゴ 】

    価格 390円(税込)

    オーナーシェフのクリフト氏がもっとも愛するリチュエルの看板商品といえば、「エスカルゴ」。フランス料理では定番のエスカルゴのようなクルクルのうずまき模様が特徴です。プラリン、ショコラ・バナーヌ、ショコラ・ピスターシュ、クリームチーズ・フリュイルージュの他、日本限定のフレーバーを季節ごとに1つ入れた5種類が販売されています。

    リチュエル 人気 エスカルゴ

    中でも、一番人気の「ショコラ・ピスターシュ」はおすすめ!伝統の技法を使い、じっくりと仕込んだ外側のクロワッサン生地のサクッ!ホロッ!な食感に加え、ピスタチオとオーガニックチョコレートの食感や香りがたまりません♪ 中はしっとり、ところどころに混ざるチョコチップの食感も絶妙です。

スポンサーリンク

リピーターも多いリチュエルのクロワッサン

  • リチュエル,クロワッサン

    【 リチュエル クロワッサン 】

    価格 350円(税込)

    エスカルゴと並んでの人気の「クロワッサン」。香りや食感でごまかせないシンプルな存在だからこそ、その材料や製法によって大きな違いが生まれます。

    リチュエルのクロワッサンはなんと発酵に30時間以上のも時間費やし、フランス産のバターをふんだんに使用した贅沢なお味。上質なバターの香りや風味、甘みが後から追いかけてくるよう。ご褒美クロワッサンとして何度も足を運ぶお客さんも多いそうです。

リチュエルのお土産にも人気の「マカロンバスク」

  • リチュエル,マカロンバスク

    【 リチュエル マカロンバスク 5個入り、20個入り 】

    価格 640円、1,990円(税込) 日持ち:約4日

    スペインとフランスにまたがるバスク地方の伝統菓子でもある「マカロンバスク」は、マカロン・パリジャンとは少し違い、フィリングクリームがサンドされていないシンプルで素朴な味わい。

    リチュエルのマカロンバスクは、外側の生地のサクッとした食感に中はもっちりとやわらかく、やさしい風味のお菓子です。マルコナ種のアーモンドを使用した香り高い生地に、好みの分かれにくい優しい甘さ。お菓子の箱もオシャレでお土産にもおすすめです。

スポンサーリンク

リチュエル代官山のメレンゲ菓子「ムラング シャンティ」

  • RITUEL,ムラングシャンティ

    【 リチュエル ムラングシャンティ 】

    価格 580円(税込) 賞味期限:購入日当日

    リチュエルの代官山のショーケースに並ぶリチュエルの「ムラング シャンティー」は、メレンゲ菓子の中にクリームがたっぷり詰まったフランスの伝統的なお菓子。外側のサクサクほろりと口の中で消えるような儚い生地の食感と、中のふわふわ食感の生クリームが絶妙です♪

    見た目もかわいいリチュエルのケーキ

    RITUEL,ムラングシャンティ

    ムラング シャンティーは、優しいメレンゲの甘みと生クリームの美味しさ、いちごやシトラスなど、お菓子によって異なるフレーバーを楽しむことが出来ます。また、表面にちょこんとあしらわれたエディブルフラワーもエレガント。目を引く美しいビジュアルはもちろん、甘く優しいお菓子の香りで誰もが幸せな気持ちになるはずです♪

    ショップ情報

    【店舗】RITUEL 代官山店
    【住所】東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山&NEXT 1F
    【営業時間】10:00~20:00(L.O.19:30)
    【定休日】不定休
    【電話】03-5489-7639

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

デュ・パン・エ・デジデのパン・デ・ザミ

  • RITUEL_010

    【 デュ・パン・エ・デジデ パン・デ・ザミ 】

    価格 490円(税込)

    クリストフ氏が手がけるパリ10区のブーランジェリー「Du Pain et Des Idees(デュ・パン・エ・デジデ)」は、フランスでは各国からファンが押し寄せるほど行列の絶えない名店。

    伝統的製法によって作られるパンはパリでも評判で、一流レストランでも提供されるほどです。そしてそこの看板商品といえば、「パン・デ・ザミ」!品質にこだわる良質な小麦を使い、長時間発酵させた奥深い味わいのハード系のパンです。

    Du Pain et Des Idees

    手作業にこだわりイースト菌を最小限にすることで、時間はかかっても香り高く味わい深いパンが制作できるそうです。外側の生地はカリッと香ばしく、中はもっちりしっとりとした食感。歯ごたえには弾力さえ感じられ、後からじわっーと旨味が口の中で追いかけてきます。

    パテやコンポートとも相性が良く、タルトのようにトッピングしていただくのも◎。また、その奥深い味わいは、ワインとも相性抜群!ゆっくりと時間をかけて、一口ごとに違った味わいが楽しめるファンの多い逸品です。

    パン・デ・ザミはリベイクしてからいただくのも

    RITUEL_09

    持ち帰ったパン・デ・ザミは、より一層美味しくいただくために「リベイク」してからいただくのもオススメ。オーブンを予熱で180度くらいに温め、パンの生地の表面を少し濡らしてから数分間温めます。するとまるで焼きたてのような食感が楽しめます♪

    ※ こちらの商品は現在、リチュエルでは販売されていません。

リチュエルの店舗情報やアクセス方法

  • リチュエル,店舗

    材料はできる限りローカルで有機栽培な材料で提供している「RITUEL(リチュエル)」。その理由は、人が美味しく感じるだけでなく、環境にも良い影響を与えるからというシンプルなもの。

    お店のデザインも白を基調としたシンプルなカラー使いで、パンの輝きが一層際立つように感じられます。店舗によってはイートインスペースもあるため、よりサクッとした食感を楽しみたい方は焼き上がりを待ってその場でいただくのも◎

    ショップ情報

    【店舗】RITUEL 代官山店
    【住所】東京都渋谷区代官山町20-23 1F
    【営業時間】月~金は10:00~20:00、
    土・日・祝は10:00~20:00
    【電話】03-5489-7639【定休日】不定休

    【店舗】リチュエル 日本橋髙島屋S.C.店
    【住所】東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋S.C.新館 B1
    【営業時間】平日は7:30~21:00、土・日・祝は10:30~21:00
    【電話】03-5542-1666

    【店舗】リチュエル ル グラン ド ブレ
    (RITUEL le grain de ble)伊勢丹新宿店
    【住所】東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店B1F

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら