ラデュレのガレット・デ・ロワは箱や王冠までかわいい!

R!
執筆・編集:マイレコメンド編集部
ラデュレのガレット・デ・ロワは箱や王冠までかわいい!

フランス・パリの老舗メゾン「ラデュレ(Ladurée)」のガレット・デ・ロワをご紹介!

近年、人気が高まってきているガレットデロワは、フランスの新年に欠かすことのできないスイーツの一つです。

ラデュレのガレット・デ・ロワをご紹介

  • ラデュレ,ガレット・デ・ロワ

    パッケージの可愛らしさと、今しか出会えない美味しさの両方を兼ね備えたラデュレのガレット・デ・ロワ。

    ガレット・デ・ロワ初体験という方もぜひチェックしてみてください♪ こちらの記事では、ラデュレのガレット・デ・ロワについて詳しくお伝えしていきます。

ラデュレのガレット・デ・ロワ「トラディショネル」

  • ラデュレ,ガレット・デ・ロワトラディショネル
    商品名 ラデュレ ガレット・デ・ロワ トラディショネル
    値段 4,536円(税別)

    ガレット・デ・ロワは、キリスト教の大切な祝日を祝うために欠かせないお菓子であり、友人や家族とともに食べる習慣があります。

    日本でも新年に贈るお年賀や手土産として活用する方がどんどん増えていますよね♪

    スイーツ感覚でいただけるガレットデロワ

    ラデュレ,ガレット・デ・ロワ トラディショネル

    ラデュレのガレット・デ・ロワのうち、伝統的なスタイルに則った「トラディショネル」は、直径約18センチと4人から6人でいただくのにもぴったりのサイズ。

    歯触りの良いパイ生地に、アーモンドクリームがたっぷり詰まっています。

    アーモンドクリームの濃厚な旨味と、バター香るパイ生地が相まって、本格的なスイーツのような感覚でいただけます。

    ラデュレのガレットデロワの温め方

    ラデュレのガレットデロワは、パイ生地がとっても繊細!食べる際にはオーブンを180℃まで温め、その後オーブンを消してその予熱で12分から15分ほど温めると香りや風味も増し、さらに美味しさがアップします。*パイのデザインなどは変わる場合があります。

デザインも繊細な王冠とフェーヴ

  • ラデュレのガレット・デ・ロワの王冠

    ガレット・デ・ロワは家族や友人と切り分けて食べるのですが、ワンホールの中に1つだけフェーヴが隠れているのが大きな特徴です。

    当たった方は、王冠を被り周囲から祝福されるというのが、トラディショナルな楽しみ方。

    ラデュレの「ガレット・デ・ロワ トラディショネル」も、もちろんこの2つが別添えでついてきます。

    ラデュレの王冠は、繊細なカットが施された上品なデザインで組み立ても簡単。艶消しのマットゴールドで高級感も抜群です。

    フェーヴのデザインが毎年異なるのも、ラデュレのガレット・デ・ロワの魅力の1つ♪

箱もかわいいラデュレのガレットデロワ

  • ラデュレのガレットデロワのボックス

    ラデュレのブランドカラーに包まれるガレットデロワ。ロマンチックなパステルカラーの紙袋も箱も、もちろん期待を裏切りません♪

    毎年楽しみにしているファンも多い限定商品だけあって、自分へのご褒美から大切な方へのプレゼントまで、ビジュアルも大切にしたいという場合にもしっかりと応えてくれます。

ラデュレのガレットデロワの店舗や販売期間

  • ラデュレのガレットデロワ

    お茶とスイーツが同時に楽しむことができる「サロン・ド・テ」は現在では当たり前のスタイルですが、その歴史をスタートさせたのは「メゾン・ラデュレ」。

    そして、サロン・ド・テだけでなく、スイーツであるマカロンを現在のスタイルに作り上げたのも「ラデュレ」です。

    そんなラデュレが新年の限られた時期だけ販売するガレット・デ・ロワは毎年味わいたくなる上質な味わい。取扱の有無は、店舗によって異なるので、購入の際はあらかじめ確認することをおすすめします。

    ショップ情報

    店舗 銀座店、新宿店、横浜そごう店、羽田第1ターミナル店、羽田第2ターミナル店、京都四条店、ルクア大阪店、グランスタ東京店、渋谷 東急フードショー店、恵比寿店など

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

マイレコメンド ロゴマーク
執筆・編集:マイレコメンド編集部
マイレコメンド編集部はスタッフが「消費者」として実際にお店に足を運んだり、商品を購入して実際に食べたり、実際に試したうえで良かったものを中心に、手土産やお土産、プレゼントやギフトにおすすめの商品を紹介しています。

関連記事はこちら

関連記事はこちら