迎春の伝統菓子「花びら餅」がおすすめ!初釜の茶席にも

迎春の伝統菓子「花びら餅」がおすすめ!初釜の茶席にも
スポンサーリンク

京都以外の地域でも目にすることが多くなった「花びら餅」は、新年を祝う席に欠かせない伝統菓子の一つ。茶道の裏千家の初釜のためのお菓子として広まり、近年は全国で提供するお店も増えてきています。

迎春の伝統菓子「花びら餅」をご紹介

  • 花びら餅

    白い生地にほんのりピンクに色づいた餡が透ける雅なお菓子「花びら餅」。平安時代の宮中で新年に長寿を願う「歯固め」の儀を江戸時代にお菓子にしたものが原点だとも伝えられており、裏千家の初釜のお菓子に仕立てられたものが後に全国に広がりました。

    お菓子の中には正月の雑煮をイメージした味噌餡や、押し鮎や鏡餅など固いものに見立てたゴボウなどが入っており、関西では求肥、関東ではお餅を使ったものが見られるなど、地域やお店によっても使用する食材が少しずつ異なることも。

    こちらでは、全国各地の名店をはじめ、関東やデパ地下でも購入可能な「花びら餅」、通販やお取り寄せが可能な商品をご紹介します。

スポンサーリンク

京都の老舗「老松」花びら餅

  • 老松の花びら餅

    【 老松 花びら餅 】

    価格 648円(税込) 消費期間:製造から3日間

    創業から100余年、京都五花街のなかでも最古の上七軒に店舗を構える「有職菓子御調進所 老松」は、趣のある町家建築の店舗や調度品からもその歴史を肌で感じることができます。

    また、茶人でもある4代目当主は和菓子をもっと身近に楽しんでもらいたいと、和菓子作りの体験教室や和菓子のオーダーメイドなど、和菓子作りの伝統や文化の継承にも力を注いでいます。

    そんな老松の「花びら餅」は、白味噌仕立てで、蜜漬けのゴボウの甘みと香りが上品に重なります。羽二重餅のしなやかでほんのり光沢のある姿も美しく、思わずうっとりと見入ってしまうほどです。

鍵善良房の花びら餅がおすすめ

  • 鍵善良房の花びら餅
    Photo From 鍵善良房

    【 鍵善良房 花びら餅 】

    価格 3個入り・1,650円(税込)、6個入り・3,150円(税込)、10個入り・5,250円(税込) 消費期間:5日

    江戸の昔から歴史を紡いできた京の老舗「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」は、菓子のみならず、箱や掛け紙も合わせて初めて京菓子が完成するとの想いから、伝統を大切にしながらも五感で楽しめる和菓子作りを続けています。

    毎年この時期にか味わえない「花びら餅」は、ぽってりと厚めの羽二重餅には白味噌餡が詰まっており、蜜漬けのゴボウが顔をのぞかせている伝統的なスタイル。

    紅白の梅が舞っており、なんともおめでたい雰囲気でお正月気分を盛り上げてくれます。趣深い掛け紙は、温かなタッチに惹きつけられる画家の鈴木悦郎氏による描き下ろしという特別感もポイント。

    ショップ情報

    【店舗】四条本店
    【住所】京都市東山区祇園町北側264番地
    【店舗】高台寺店
    【住所】京都市東山区下河原通高台寺表門前上る
    【店舗】ZEN CAFE
    【住所】京都市東山区祇園町南側570-210

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

優しい甘さに心が奪われる「鶴屋吉信」の花びら餅

  • 鶴屋吉信の花びら餅

    【 鶴屋吉信 花びら餅 】

    価格 3個入 1,620円(税込)

    京都御所のすぐそばに本店を構える鶴屋吉信。その花びら餅はもっちりと厚めながら、とても柔らかい求肥に包まれています。

    求肥のなかには味噌餡と羊羹が包まれていて、食感の残る蜜漬けのごぼうとのバランスが絶妙。厚めで食べ応えがあり、優しい甘さに心が奪われます。

スポンサーリンク

ピンク色の羽二重餅が可憐な「末富」花びら餅

  • 末富の花びら餅

    【 末富 花びら餅 】

    価格 5個 3,780円(税込)

    1893年創業、京都の格式ある和菓子を今に伝える「末富」の花びら餅は、ほんのりとピンク色に染まった羽二重餅が可憐で、お餅は厚めながらとっても柔らかく、優しい甘さを感じます。

    そして、味噌の入った白餡が羽二重餅の甘さと炊いたゴボウの甘さを見事に引き立て、上品な味わいは一度食べたら忘れられなくなりそうです。

まるでお菓子のお雑煮!仙太郎の花びら餅

  • 仙太郎の花びら餅

    【 仙太郎 花びら餅 】

    価格 1個 432円(税込) 消費期間:製造から3日間

    老若男女が列をなす人気店「仙太郎」が大切にしているのは、素材本来の美味しさや香りを匠の技によって最大限に引き出すこと!そのこだわりのあまり、自社農園も手掛けるほどです。そんな仙太郎の「花びら餅」は、牛蒡、人参、白味噌、餅を使い、梅の雲平が添えられた愛らしい姿も◎

    柔らかなお餅は薄っすらとオレンジ色に染まっていますが、これはひし餅をイメージした人参羊羹のカラーが透けたもの。白味噌餡には、京都の一流料亭御用達の山利が手掛ける「糀みそ」を使用した贅沢な味わい。

    ゴボウはふっくらと柔らかく煮上げたものを細めにカットしたものが入っているので、小さな子どもや年配の方にも食べやすく、どなたにも喜ばれます。店頭での販売期間は12月20日~1月下旬頃まで。

東京で買える花びら餅におすすめ「とらや」

  • とらやの花びら餅

    【 とらや 花びら餅 】

    価格 1個648円(税込) 消費期間:当日中

    各界の著名人や文化人、皇族や武将などその時々の一流からも愛され日本屈指の老舗和菓子店「とらや」。脈々と受け継がれてきた伝統と確かな素材選び、おもてなしの心から生まれる工芸品のように美しい菓子は、これまで数百年、宮中の御用達を勤めた歴史があります。

    そんな老舗の伝統菓子は、幅広い世代で抜群の知名度を誇り、大切な方へのギフトにも喜ばれます。店頭では、関東や中部地方では餅製、近畿地方では求肥製の花びら餅が販売されます。※写真は求肥製。

ピンク色の味噌餡が可愛らしい笹谷伊織「花びら餅」

  • 笹谷伊織の花びら餅

    【 笹谷伊織 花びら餅 】

    価格 1個 540円(税込)

    1716年創業、300年以上の歴史を持ち、京都御所などの御用を務めてきた京菓匠「笹屋伊織」。

    ほのかに甘い透明感のある羽二重餅はものすごく柔らかく、ピンク色の味噌餡はさらっときめ細かく、口溶けも上質です。

    ごぼうはとっても柔らかく、ピンク色の味噌餡と羽二重餅の上品な甘さを見事に引き立てています。

スポンサーリンク

やわらかい牛蒡の甘煮と白味噌餡の葩餅「鈴懸」

  • 鈴懸の葩餅

    【 鈴懸 葩餅 5個入 】

    価格 2,074円(税込) 消費期間:製造から3日間

    「現代の名工」を賜った初代の教えを大切に、現代のエッセンスも取り入れつつ味と技を極めた和菓子ブランド「鈴懸(すずかけ)」。和菓子の概念を超え、自分たちが本当に食べたいと思う味わいを追求するスタイルは、幅広い世代から支持を集めています。

    行列が絶えず売り切れとなってしまう看板商品をはじめ、和菓子をあまり食べない世代もSNSを通じて魅了される人気店。そんな鈴懸の花びら餅は、牛蒡の甘煮と白味噌餡のバランスもよく、老若男女問わず喜ばれます。店頭での販売期間は12月25日~1月中旬まで。

茶処としても有名な松江の老舗「彩雲堂」の花びら餅

  • 彩雲堂の花びら餅

    【 彩雲堂 松江 花びら餅 5入 】

    価格 5入り:1,674円(税込) 賞味期限:日持ち10日

    茶処としても有名な松江で、1874年創業の「彩雲堂」は、日本でも和菓子との歴史が深い老舗です。松江が誇る銘菓「若草」を手掛けているお店でもあり、現代の名工や選・和菓子職優秀和菓子職認定の職人など腕利きの職人が揃い、培ってきた伝統を脈々と受け継いでいます。

    彩雲堂の花びら餅

    柔らかく滑らかな求肥のモッチリ感と、ほんのりピンク色に染められた味噌餡のほのかな香り♪ 蜜漬けのゴボウがアクセントとなっており、正統派の味わいが堪能できます。箱を開けた瞬間、目に飛び込んで来る雅な色彩も新年にぴったり。

    ショップ情報

    【直営店】本店、米子東山店、出雲店、神門通りAel
    【販売店】工場売店、米子高島屋店、一畑百貨店、イオン松江店、ホック山代店、キャスパル店、シャミネ松江店、安来プラーナ店、鳥取大丸店

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

新春のご挨拶にもピッタリ「風流堂」花びら餅

  • 風流堂の花びら餅

    【 風流堂 花びら餅(4入)】

    価格 1,318円(税込) 賞味期限:約6日間

    起源は江戸時代にまで遡るという老舗の「風流堂」は、茶の湯文化の根付く地で育まれた、洗練された味わいが魅力です。お菓子が栄えている地方から職人を島根に招き、多種多様な技やデザインを学んだことが原点となっており、自由で固定概念に囚われないお菓子作りを大切にしています。

    風流堂の花びら餅

    関東はお餅、関西は求肥を使用したものが見られますが、風流堂の花びら餅はういろう生地。モッチリ感とツヤの美しさがあり、花びら餅を食べ慣れている方もぜひチェック♪ 中には紅白餅を重ね、ほんのりと優しいピンク色が新春のご挨拶にピッタリです。

    ショップ情報

    【直営店】風流堂 寺町本店、京橋店、矢田店(本社工場)
    【販売店】日比谷しまね館、シャミネ松江、一畑百貨店、みしまや春日店、米子天満屋店、松江名産センター(大手前店)、島根県物産協会

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

茶人にも愛される「桂月堂」花びら餅

  • 桂月堂の花びら餅

    【 桂月堂 花びら餅(5入)】

    価格 1,350円 (税込) 賞味期限:10日間

    創業は1809年と、210年以上の歴史を誇る「桂月堂」は、多くの和菓子店が軒を連ねる松江の中でも長い歴史があり、地元では知らない人はいないほどの有名店。本店には地元の方や県外からの観光客も方も見受けられ、いつも賑わっています。

    桂月堂の花びら餅

    和菓子というと「敷居が高い」と構えてしまうという声も聞かれますが、「神話の月」や「かこい梅」など、日々のティータイムを豊かにしてくれるお菓子も多く日常使いも◎

    期間限定で登場する「花びら餅」も、パッケージには梅の花があしらわれており、花びら餅のピンク色をより引き立てています。賞味期限は10日間と、余裕があるのも嬉しいですね。

    ショップ情報

    【直営店】桂月堂 天神町本店、松江一畑百貨店、松江イオン店、松江シャミネ店、みしまや田和山店、みしまや上の木店、みしまや楽山店
    【販売店】アイパルテ店、島根県物産観光館、出雲縁結び空港、松江堀川地ビール館、観光センターいずも、足立美術館(まるびし)

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

茶の湯文化も盛んな金沢の老舗「森八」葩餅

  • 森八の葩餅
    Photo From 森八

    【 森八 迎春用上生菓子 6入 】

    価格 2,214円(税込) 消費期限:約4日

    和菓子の消費量日本一の金沢には銘店と呼ばれるお店も多く、中でも有名な「森八」は、和菓子一筋390年、茶の湯文化も盛んな金沢の老舗です。加賀藩の御用達を務め、商人でありながら苗字帯刀を許されるなど、特別な存在でありました。

    能登の粗塩や能登大納言小豆など地元の素材も積極的に取り入れ、霊峰白山の伏流水の地下水を使用しており、素材選びには人一倍目を光らせています。「葩餅(はなびらもち)」に使用する餡も、熟練の職人が一番美味しくなるよう硬さや甘さを炊き分けており、ごぼうの甘露煮と味噌餡の上品の甘みがお茶にも良く合います。

    ショップ情報

    【店舗】加賀藩御用菓子司 森八
    【住所】石川県金沢市大手町10-15
    【電話】076-262-6251
    【営業時間】9:00~18:00
    【定休日】年中無休、1月1日・2日のみ休業

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

最高級の餡やゴボウを使った笹屋昌園の花びら餅

  • 笹屋昌園の花びら餅

    【 笹屋昌園 花びら餅 5個化粧箱入 】

    価格 2,376円(税込) 賞味期限:発送日を含み5日間

    創業は1918年。100年以上、京都で和菓子に向かい合い続けた「笹屋昌園」は、時代や流行りに左右されず、先代たちが培ってきた手間ひま惜しまない製法を守り続けています。素材本来の香りや旨味を、上手に引き出すことに力を注いでおり、素材選びにも余念がありません。

    そんな笹屋昌園の「花びら餅」の餡は、一般的な高級豆の9倍近い価格の備中白小豆を使用。餅生地は職人が一つ一つ手伸ばしすることで余分な粉が着くのを防いでおり、貝包みという高度な技術が必要な方法で包みこんでいます。ゴボウも国産最高級を使用。細部まで妥協のない一品です。

    ショップ情報

    【店舗】笹屋昌園本店
    【住所】京都市右京区谷口園町3-11
    【店舗】京都伊勢丹店
    【住所】京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹B1F

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

京都の花びら餅のお取り寄せにおすすめ「京みずは」

  • 京みずはのはなびら餅

    【 京みずは はなびら餅5個箱 】

    価格 2,613円(税込) 賞味期限:発送日を含めて6日

    和菓子の大事なポイントであるみずみずしさを極めるという気持ちが、ブランド名の由来である「京みずは」。長岡京で製造を続けるのは、やはり、水へのこだわりのため。京都西山水系の豊富な水源の地下水を活かした、みずみずさがあふれる菓子作りを得意としています。

    京みずはのはなびら餅

    そんなお店の花びら餅は、生地や餡、ゴボウを煮るにも自慢の水を使用!真っ白な求肥餅はくったりと柔らかで、中にはほんのりピンクの味噌餡がたっぷり入っています。

    京都が本場の白みそと、北海道産の手芒豆を煮上げたこし餡が相性抜群で、絶妙な甘じょっぱさがクセになる味わい。また、お正月の縁起物である黒豆が一粒隠れているのもポイントで、おせちと一緒にいただくのも◎

    ショップ情報

    【店舗】みずは北川
    【住所】京都府長岡京市うぐいす台1-3
    【営業時間】午前10時~午後6時
    【定休日】元日のみ
    【電話】075-954-0430

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

正月菓子のお取り寄せに「丸三老舗」花びら餅

  • 丸三老舗の花びら餅

    【 丸三老舗 花びら餅 7個入】

    価格 3,700円(税込) 消費期限:冷凍状態で1ヶ月、解凍後1日

    創業は江戸時代。茨城県鹿嶋で190年以上の歴史がある「丸三老舗」は、実直に御菓子と向き合う姿は食通の間でも高い評価を受けています。使用する素材は、地元の農家を直におとずれ納得のいくものだけと決めており、安心安全な味わい。

    和菓子の要である餡は、小豆の風味が際立つよう職人が丁寧に手作業で仕上げており、甘さは控えめで罪悪感なく食べられるのもポイント。そんな匠の心意気と技が詰まった「花びら餅」は毎年楽しみにしているお客さんも多く、上品な化粧箱に入ってギフトにも◎

    ショップ情報

    【店舗】本社・工場、神宮駅前店、まるさんCafe(神宮駅前店店内)、神栖店など

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

関連記事はこちら

PAGE TOP