銀座菊廼舎の冨貴寄「桜色缶」可愛らしい江戸菓子を手土産に

スポンサーリンク

「銀座菊廼舎(きくのや)」の「冨貴寄(ふきよせ)」は、食べるのが勿体ないほどかわいい江戸菓子。色とりどりで可愛らしいお菓子がぎっしりと敷き詰められた「冨貴寄」は、見てよし食べてよしの五感で楽しめるギフトにぴったり。なかでも春限定の「桜色缶」はパッケージも美しく、視覚的にも楽しませてくれます。

銀座 菊廼舎の冨貴寄「桜色缶」

  • 銀座菊廼舎

    1890年、銀座で歌舞伎煎餅の販売を始めたのをきっかけに誕生し、現在まで暖簾を守り続けている「銀座菊廼舎(きくのや)」。伝統的な技法や味わいを守る一方で、改善点を洗い出し、新しい風を取り入れる努力を続けています。そんな姿勢もまた、何世代にもわたり長く愛され続ける理由の一つ。こちらでは、「銀座 菊廼舎」の春限定の桜色缶の魅力やお店の情報などについてお伝えしていきます。初めて知ったという方も、聞いたことはあるけれど未体験という方もぜひこの機会にチェックしてみてください♪

色とりどりの美しい宝石箱のような冨貴寄

  • 銀座菊廼舎,冨貴寄

    【 冨貴寄 桜色缶 】

    価格 1,998円(税込) 賞味期限:製造日より常温で50日間

    江戸和菓子屋の老舗「銀座菊廼舎」の一番人気といえば、「冨貴寄(ふきよせ)」です。大正時代の後期に考案され、現在も愛されているロングセラー商品。定番の赤缶をはじめ、お祝いの席のギフトや季節ごとの限定品などいくつもの種類がみられます。

    次々と変わりゆく風味や食感が楽しめる

    冨貴寄,桜色缶

    春限定の「桜色缶」は、風情ある春の情景を集めた宝石箱のようなお菓子。キラキラと輝く金平糖やほんのり桜色の打ち物、桜をかたどった落雁などさまざまな江戸和菓子が約30種類も詰まっています。ほろ苦い抹茶や甘酸っぱい梅、生姜がアクセントになったものや金平糖、海苔や白ごまがあしらわれたクッキーなど、和洋折衷のバラエティ豊かな味わい。

    包装も美しく手土産やギフトにもおすすめ

    冨貴寄,桜色缶

    砂糖衣をまとったピーナッツの子気味良い食感や、すっと溶けゆく落雁の口どけなど、次々と変わりゆく風味や食感が楽しく、伸ばす手が止まらないほど♪ 缶を開けると広がる美しい春の情景に、女性の歓声が上がること間違いなし!打ち出の小槌など縁起物があしらわれた華やかな桜色の缶もステキ。「これは何?」とお菓子を手に取るたびに湧き上がるワクワク感もプレゼントにピッタリですね♪

スポンサーリンク

銀座菊廼舎の店舗情報やアクセス

  • 冨貴寄,店舗

    銀座4丁目の交差点からもすぐ近くに本店を構える銀座菊廼舎。アクセスもよく、大事な場面の手みやげやギフトに購入していく方も多くみられます。店舗はほかにも、東京駅一番街や渋谷東急東横のれん街、羽田空港店があり、帰省や出張の際にお土産を調達したい時にも立ち寄りやすく便利!女性に喜ばれる美しく美味しい菓子は、目上の女性を訪ねる際にも心強い味方になってくれるはずです。

    ショップ情報

    【店舗】銀座本店
    【住所】東京都中央区銀座5-8-8 銀座コアビルB1F
    【営業時間】11:00~20:00
    【電話】03-3571-4095
    【定休日】不定休、銀座コアビル休館日は休み

    【その他の店舗】東京駅 トウキョウミタス、渋谷東急東横のれん街、羽田空港店

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら