満天星一休の「杣の木洩日」や「栗きんとん」がおすすめ

マイレコメンド!ロゴ
満天星一休の「杣の木洩日」や「栗きんとん」がおすすめ
スポンサーリンク

岐阜県中津川市の「満天星一休(どうだん いっきゅう)」といえば、情緒あふれる「杣の木洩日(そまのこもれび)」や「栗きんとん」でも有名です。

杣の木洩日や栗きんとんは季節限定でお取り寄せが可能

  • 満天星一休の和菓子

    「満天星(どうだん)一休」は、高千穂のなかでも「日之影」という郷で採れた栗を、鮮度を保つため空輸をするほどのこだわりよう。

    県外からも多くのお客さんが訪れる理由は、匠の技と厳選食材から生まれる上質な味わい、そしてその「美味しいものを届けたい」という思いが菓子を通して伝わってくるからかもしれません。

    こちらでは、そんな満天星一休の看板商品、「杣の木洩日」や「栗きんとん」について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

干し柿の中に栗きんとんが詰まった「杣の木洩日」

  • 満天星一休,杣の木洩日
    商品名 杣の木洩日(そまのこもれび)
    価格 6個入:2,160円~(税込)
    賞味期限 発送日を含め5日間

    毎年販売を心待ちにしている方も多い「杣の木洩日(そまのこもれび)」は、11月から3月までの期間限定の人気商品!

    ふっくらとした干し柿のなかに「栗きんとん」がたっぷり詰まっていて、秋の自然の恵みの調和を堪能することができます。

    柿と栗がそれぞれの美味しさを引き立て合う絶妙な比率

    満天星一休の杣の木洩日

    杣の木洩日は、粘り気が感じられるほど凝縮された甘みの強い「干し柿」と、素朴な栗の風味や食感を活かした「栗きんとん」の比率も絶妙!

    そして、「栗」の豊かな香りと渋みや旨味、ぷちっと弾けるほど肉厚な干し柿の甘みが、それぞれの美味しさを一層引き立て合います。

    濃い目のコーヒーといただくのもオススメ

    満天星一休,そまのこもれび

    コク深い味わいで、日本茶だけでなくエスプレッソなど濃い目のコーヒーといただくのもオススメ。女性はもちろんのこと、男性にも幅広く喜ばれます。

ホクホク感ときめ細かさが両立した「栗きんとん」

  • 満天星一休,栗きんとん
    商品名 栗きんとん
    価格 6個入:1,620円~(税込)
    賞味期限 発送日を含め4日間

    満天星一休の「栗きんとん」はファンも多く、まるで茹で上げたばかりの栗を食べているかのようなホクホクとした食感や、すっと溶けていく口当たりの良さも絶妙。

    栗本来の風味や食感を大切にした素朴な味わいが、毎年お客さんの心を掴んでいます。

    手間ひまをかけて仕上げる一品

    満天星一休の栗きんとん

    栗は九州の高千穂で採れたものに限定しており、空輸をして鮮度を保つことで繊細な香りを楽しむことができるんだとか。

    大粒の栗を半分に割って手作業で実を取り出し、少量の砂糖だけを加えて炊き上げる手間ひまのかかった一品です。

    シンプルに栗の味わいを堪能できる「栗きんとん」

    満天星一休,栗きんとん

    満天星一休の「栗きんとん」はまるで上生菓子のようにみずみずしく、荒く潰した栗のつぶつぶ感がアクセントになっており、シンプルに栗の味わいを堪能することができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

満天星一休へのアクセス方法、店舗情報

  • 満天星一休

    岐阜県中津川市に本店を構える「満天星一休」。

    苗木店は、車で中津川ICから10数分ほど。公共交通機関を利用する場合は中津川駅からバスで20分ほどの場所にあり、情緒あふれる店舗では、四季折々の風景を楽しむことができます。

    カフェスペースで提供される「栗ぜんざい」や「栗おこわ膳」をお目当てに訪れるお客さんも多く見られます。

    苗木店も含め、各店舗の営業日や営業時間は変更になる場合があるため、あらかじめ公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

    杣の木洩日や栗きんとんはお取り寄せが可能

    満天星一休のお取り寄せ

    また杣の木洩日や栗きんとんは季節限定ではありますが、ネット通販でもお取り寄せが可能です。美味しい秋の味覚をお探しの方もぜひチェックしてみては♪

    ショップ情報

    店舗 満天星一休 苗木店、西山店、駒場店

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク
マイレコメンド ロゴマーク
ライター:マイレコメンド編集部
マイレコメンド編集部は消費者目線で実食・使用・体験して得た情報を中心に、性別や年代を超えて愛される名品を広く紹介することをコンセプトに活動を行っています。続きを読む

関連記事はこちら

関連記事はこちら

PAGE TOP