ジョアンのシュトーレンは「果実の華やかな味わい」が魅力!

マイレコメンド!ロゴ
執筆・編集:マイレコメンド編集部
ジョアンのシュトーレンは「果実の華やかな味わい」が魅力!
スポンサーリンク

「Johan(ジョアン)」は、1983年に日本に上陸して以来、長く愛されている人気ベーカリー!

いつもお客さんが長い列を作る「ジョアン」のシュトーレンは、まさにフェスティブシーズンの楽しみの1つです♪

こちらの記事では、人気のインストアベーカリー「ジョアン」の「シュトーレン」について、味わいや購入できる店舗などについて詳しくお伝えします。

ジョアンの「シュトーレン」はフルーティーで優しい味わい

  • Johan(ジョアン)のシュトーレン
    商品名 ジョアン シュトーレン
    値段 1,944円(税込)
    賞味期限 40日以上

    ジョアンのシュトーレンは、まるで「果実の華やかな共演」!

    しっとりとした生地の中に、シュトーレンの定番である「レーズン」や「オレンジピール」、「イチジク」などのフルーツがふんだんに入っています。

    ほのかに洋酒が香るレーズンはコク深く、オレンジピールの爽やかな風味がぴったり♪

    濃厚な旨味のイチジクはプチプチと食感も良く、「果物の華やかな美味しさ」がぎゅっと詰まっています。

    また、ジョアンのシュトーレンは、みずみずしい「マジパン」や「ナッツ」もたっぷり入っており、なめらかな口溶けのマジパンがコクと旨味をプラス。

    洋酒は香りづけ程度で、アルコール感はなく、スパイスも全体的に少なめ。

    クルミやアーモンドのカリッとした食感が絶妙なアクセントになっており、年齢や性別を問わず、幅広く好まれる味わいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

時間が経つごとに生地と素材がどんどん馴染む

  • Johan(ジョアン)のカットしたシュトーレン

    フランスのブーランジェリー「Johan(ジョアン)」が、日本に第1号店を出店したのは1983年のこと。

    その後も「三越百貨店」を中心に「インストアベーカリー」として日本各地で店舗を展開しており、2世代、3世代に渡って愛される「人気ベーカリー」としての地位を不動のものとしています。

    ジョアンのシュトーレンは、時間が経つごとに生地と素材がどんどん馴染んでいくため、毎日少しずつ食べながら味わいの変化を楽しむのがおすすめです。

    1cmほどにスライスして、コーヒーや紅茶、時には洋酒とともに頂く時間は、フェスティブシーズンの楽しみの1つとなるはずです♪

Johan(ジョアン)の店舗情報

  • Johanのシュトーレンの外観

    焼き立てのパンをお店に並べるインストアベーカリー「Johan(ジョアン)」は、北は札幌、南は福岡まで、日本全国に14店舗を展開しています。

    12月25日までの限定で開催されているクリスマスフェアでは、「シュトーレン」はもちろんのこと、「パネトーネ」や「パンドーロ」といった欧州のクリスマスに欠かせない伝統菓子がたくさん並んでいます。

    ショップ情報

    店舗 札幌ジョアン店、仙台ジョアン店、銀座ジョアン店、日本橋ジョアン店、目白ジョアン店、大船ジョアン店、新潟ジョアン店、古町ジョアン店、栄ジョアン店、星ヶ丘ジョアン店、広島ジョアン店、高松ジョアン店、松山ジョアン店、福岡ジョアン店

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク
マイレコメンド ロゴマーク
執筆・編集:マイレコメンド編集部
マイレコメンド編集部は消費者目線で実食・使用・体験して得た情報を中心に、世の中の「レコメンド(おすすめ)」を集約することをコンセプトに活動を行っています。

関連記事はこちら

関連記事はこちら