量り売りも人気!カカオマーケットバイマリベルのチョコレート

マイレコメンド!ロゴ
執筆・編集:マイレコメンド編集部
量り売りも人気!カカオマーケットバイマリベルのチョコレート
スポンサーリンク

「カカオマーケットbyマリベル」の人気商品やおすすめの商品をご紹介!

「カカオ マーケット バイ マリベル」のチョコの魅力は、なんといってもチョコレートの量り売り!

好きなチョコを好きな組み合わせで詰め合わせることが出来るので、自分だけのアソートが作れちゃいます♪

好きなチョコを好きな組み合わせで!チョコの量り売りもおすすめ

  • カカオマーケットbyマリベル

    ホンデュラスの大自然に育てられたカカオを使ったマリベルのチョコレート作りは、カカオ豆の栽培からチョコレートに至るまでの工程を全て自社で管理するやり方。

    ショコラティエ自身が自ら農園に足を運び、農園での栽培にも注力する製法は「Farm to Bar(ファームトゥーバー)」とも呼ばれています。

    カカオ マーケット バイ マリベルのチョコレートの原料であるカカオは、マリベルさんの故郷であるホンジュラス産のものが使用されていて、エキゾチックなフレーバーが特徴!

    また、センスあふれるオシャレな缶やボックスも人気です♪こちらではギフトやプレゼントにも活躍するカカオマーケットbyマリベルのチョコレートについてご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カカオマーケットbyマリベルのチョコレートボール

  • カカオマーケットbyマリベル,チョコレートボール
    商品名 カカオマーケットbyマリベル チョコレートボール
    値段 100g:1,080円〜(税込)

    カカオマーケットbyマリベルではチョコレートの量り売りが人気!チョコレートボールは、カラフルで大きさや形もさまざま。

    チョコの甘みとカカオの風味が楽しめるミルクチョコレートアーモンドやエスプレッソビーンズをはじめ、甘みと酸味が楽しめるラズベリーやレモンジンジャー、ダブルチョコレートベーコンプレッツェルといった面白い組み合わせのものなど種類も豊富です。

    どれにしようか迷ったら、マリベルのチョコレートの魅力を堪能できるよう全種類少しずつ選んでみるのもおすすめ!

自由に組み合わせて入れてオリジナルアソートも可能

  • カカオ マーケット バイ マリベル,エンボスピンク缶

    「マリベルのチョコレートを、ちょっとずつ試してみたい!」と思ったら、自分で好きな量を、好きな組み合わせで選ぶことができる「量り売り」をチェック♪

    プレッツェルやコーヒービーンズなど、素材の風味を生かしチョコでコーティングした「チョコレートボール」や、9種類のフレーバーがある「バークチョコレート」を一緒に詰め合わせれば、ブランドの魅力をぎゅっと詰め込んだアソートが完成します。

    エンジェルが舞う美しい缶もキュートで、褒められギフトにもバッチリ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

果実をチョコでディップしたフルーツディップ

  • カカオマーケットbyマリベル,フルーツディップ
    商品名 カカオマーケットbyマリベル フルーツディップ
    値段 100g:1,458円〜(税込)

    上質な果実をそれぞれに相性の良いチョコでディップしたフルーツディップ。ドライイチジクやクランベリーなどフルーツの味を、チョコレートの奥深い風味が上品に引き立てた商品も人気♪

    カカオマーケットbyマリベル,フルーツディップ

    計り売りのため、全種類を少しずつ購入することも、好きなものだけを詰めあわせることも可能です。

    大小選べるギフトボックスをはじめ、ガラスの瓶に詰めあわせた商品やカップに入った商品もあり、用途に合わせてプチギフトやお配り、プレゼントにするのも◎

フルーツディップ&チョコレートボールのアソート

  • カカオマーケットbyマリベル,フルーツディップ&チョコレートボール アソートボックスS
    商品名 フルーツディップ&チョコレートボール アソートボックス
    値段 3,000円(税込)

    好きな種類を好きな量だけ詰めあわせられる「フルーツディップ&チョコレートボール」は、アンティークブルーを基調としたボックスに、リボンがかけられた女子受けの良いデザイン。

    フタを開けるとカラフルなチョコレートボールやフルーツたちが目を楽しませてくれます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

缶もオシャレなチョコレートボールアソート缶

  • CACAO MARKET by MarieBelle,チョコレートボールアソート缶
    商品名 マカダミアナッツ&エスプレッソビーンズ
    値段 2,484円(税込)
    賞味期限 約90日間

    マカダミアナッツは塩気を効かせた豆を、ダークやミルク、ホワイトチョコでコーティングしたチョコ。

    また、エスプレッソビーンスはコーヒー豆の風味が、ダーク、ミルク、ホワイト、マーブルチョコと相性抜群!香り高いコーヒーの風味もしっかりと感じられて、コーヒー好きな方にも喜ばれる味わいです。

    ビンテージな雰囲気が漂う可愛らしいパッケージもかわいらしいですよね♪

コク深い味わいの焼きチョコ「キュイショコラ」

  • カカオ マーケット バイ マリベルのキュイショコラ
    商品名 キュイショコラ
    値段 6個入:1,728円(税込)

    「キュイショコラ」は、チョコレート自体をオーブンで焼き上げた焼きチョコです。濃厚でコク深い風味とまろやかな甘みで、1個でも大満足!

    フィアンティーヌの食感も楽しく、ホロホロと崩れるようなやわらかい食感もたまりません♪

    アンティークな風合いの缶もオシャレ

    カカオ マーケット バイ マリベルのキュイショコラ

    黒糖を加えることでカカオの風味も一層アップしていて、ジャリっとした食感がアクセントになった楽しいお菓子です。

    大きなリボンがかけられたアンティークな風合いの缶もオシャレでギフトにもぴったり!日持ちも長めのためじっくり味わうつもりでも、あっという間になくなっちゃうかも♪

デザインも可愛いカカオマーケットアートガナッシュ

  • カカオマーケットbyマリベル,カカオマーケットアートガナッシュ
    商品名 カカオマーケットbyマリベル カカオマーケットアートガナッシュ
    値段 8PC:2,916円(税込)

    食べるのがもったいないくらい可愛らしいデザインがプリントされたカカオマーケットアートガナッシュ。

    小さなキャンパスのようにアーティスティックにあしらわれたアートは一粒一粒、天然の素材を使って着色されています。

    ピスタチオやラムレーズン、コーヒーやオレンジ、バニラやシャンパンなど10種類の絵柄ごとにフレーバーも異なり、目で見て、舌で楽しむことができます♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上質なカカオ本来の風味を楽しめるCHOCOLATE BAR

  • カカオマーケットbyマリベル,CHOCOLATE BAR

    チョコレートの原料であるカカオは、マリベルさんの故郷であるホンジュラス産のものが使用されています。 カカオ マーケット バイ マリベルでは、カカオの生産だけでなく、加工工場まで支援することで、現地の生産者が自立できるようフェアトレードを手がけています。

    フェアトレードによってカカオの質がさらに上がり、生産者の地位も向上する、そんな活動を10年以上も続け、ホンデュラスのカカオ大使にも任命されるほど。

    トリニタリオ種のカカオを使ったチョコレートバーは、一枚ずつ購入が可能ですが、本のようなブック型ボックスに入ったものもあり。ボックスもオシャレでギフトにもピッタリです♪

関連記事はこちら

カカオ マーケット バイ マリベルの店舗情報やアクセス方法

  • カカオマーケットbyマリベルの店舗

    美しさと本物の味で世界中のセレブたちを魅了する「MarieBelle(マリベル)」。そんなマリベルが京都に世界初となる「マリベル 京都本店」を構え、チョコレートの量り売りも人気を博す「CACAO MARKET by MarieBelle(カカオ マーケット バイ マリベル)」がオープンしました。

    観光や買い物の合間に、お散歩しながら足を運んでみるのも

    カカオマーケットbyマリベル

    京都にあるお店は、京阪本線の「祇園四条駅」や地下鉄東西線の「三条京阪駅」、阪急京都線の「京都河原町駅」からも徒歩数分とアクセス良好!観光や買い物の合間に、鴨川沿いをお散歩しながら足を運んでみてはいかが♪

    ショップ情報

    店舗 カカオ マーケット バイ マリベル 京都
    住所 京都府京都市東山区常盤町165-2
    電話 075-533-7311
    営業時間 11:00~20:00
    定休日 火曜日
    地図 場所をマップで確認する

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク
マイレコメンド ロゴマーク
執筆・編集:マイレコメンド編集部
マイレコメンド編集部は消費者目線で実食・使用・体験して得た情報を中心に、世の中の「レコメンド(おすすめ)」を集約することをコンセプトに活動を行っています。

関連記事はこちら

関連記事はこちら