「RINGO(リンゴ)」のアップルパイの美味しさの秘密はコレ!

スポンサーリンク

なんだか懐かしくてホッとする。子供から大人まで、男女問わず人気のアップルパイを扱っているお菓子屋さんも多いなか、注目すべきは、焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO(リンゴ)」!

「RINGO」のアップルパイがおすすめ

  • 「RINGO」のアップルパイは、サックサクの生地にゴロンと大ぶりのリンゴ、後詰めされたたっぷりのカスタードクリームが一体となって口の中に甘い幸せが訪れます。スタイリッシュなデザインのギフトボックスに入っており、手土産や差し入れにもオススメ。

    こちらでは「RINGO」のアップルパイの美味しさの秘密やお店の情報まで魅力を余すことなくご紹介!美味しいおやつをお探しの方も是非チェックしてみてください♪

リンゴの焼きたてカスタードアップルパイ

  • RINGOのレギュラーメニューは1つ、「焼きたてカスタードアップルパイ」のみ。原材料にとことんこだわり、手間ひまを惜しまず、すべての技術と情熱を注いだアップルパイはこんがりと焼き色が食欲をそそります。焼き立てがズラリと並ぶ姿は圧巻!大きさは手のひらサイズで、ぷっくりと厚みがあり食べごたえも十分!色鮮やかな店舗に美味しそうに並ぶその姿に引き寄せられ、焼き立てを求める方で長い列ができることもしばしば。

    「RINGO・リンゴ」アップルパイの温め方

    もともとは札幌の老舗洋菓子店「きのとや」で30年以上研究や改良を続け、人気商品として親しまれていた味わいが独立したもの。賞味期限は当日中。冷蔵保存の場合は翌日中までとなります。出来立てを当日にいただけるのがベストなのですが、温めなおす場合は、最初にレンジで10秒程度温めてから軽くトーストするのがオススメ。生地のサクサク食感に、中のカスタードクリームとリンゴのジューシーでまろやかな風味が復活します♪

    【焼きたてカスタードアップルパイ】

    価格 1個:399円 (税込) 賞味期限:当日中、冷蔵保存で翌日まで

美味しさの秘密は後入れのカスタードクリーム

  • 焼きたてカスタードアップルパイにはたっぷりのカスタードクリームが入っていますが、これは1つ1つ焼き上がった後に手作業で詰めて2度焼きしています。手間はかかりますが、滑らかなカスタードクリームの食感とパリパリの生地を実現するためには欠かせない工程。焼き立てはもちろん、時間がたっても変わらぬ美味しさを楽しめるようにとの心遣いでもあります。たっぷりのカスタードクリームがリンゴと絡み合い、酸味はほとんど感じません。さっぱりとした後味で、小さなお子さんもペロリと完食してしまうほど。北海道産の牛乳を使用しており、香りがよくリンゴやパイとの相性は言わずもがなの後引く味わいです。

たっぷりバターを練り込んだ自家製サクサクパイ生地

  • こんがりと絶妙な香ばしさに焼きあがったサックサクのパイは、アップルパイにはなくてはならない存在です。食感の秘密は144層に織り込まれた繊細な仕事と、たっぷりと練り込まれている北海道産フレッシュバター。「144層でこの食感ならもう少し増やしたらもっといいのかも…」なんて考えるかもしれませんが、増やしただけ良くなるというものではありません。増やしてもダメ、減らしてもダメ。試行錯誤の結果見つけたベストなバランスが144層なのです。サクサクが少しでも活かせるよう「RINGO」では焼きだめはせず、常に焼き立てを提供しています。お店は工房と一体化しているので、並びながら焼き上がる様子を観察出来ちゃいます。

    【焼きたてカスタードアップルパイ 4個 】

    価格 1,512円 (税込) 賞味期限:当日中、冷蔵保存で翌日まで

リンゴの食感と香りを楽しめる大きめのキューブカット

  • ゴロゴロと大ぶりのキューブ型にカットされたリンゴ。これも試行錯誤の結果であり、カスタードクリームとよく絡み、パイの食感も邪魔することなく、食感と香りを楽しめるよう緻密に計算されています。主に使用されているのは、青森県広前にあるゴールド農園で旬に収穫された葉取らずりんご。葉取らずりんごとは、通常は葉の影がりんごに付いてしまうため摘んでしまう葉っぱをあえて残したもの。光合成がしっかり行われ、甘みや栄養をしっかり蓄積することができるため、美味しさやジューシーさが違うのです。日本一美味しいりんごを作るため、RINGOと農園がタッグを組んで努力を重ねた結果生まれた味わいといえるでしょう。旨味が濃く、酸味が苦手な方にはもちろん、幅広い層に受け入れられやすい優しい甘さもオススメのポイントです。

    【焼きたてカスタードアップルパイ】

    価格 1個:399円 (税込) 賞味期限:当日中、冷蔵保存で翌日まで

「RINGO・リンゴ」のアップルパイの店舗情報

  • 現代的でクールな印象のコンクリートとガラス張り、リンゴを思わせる力強い赤が基調となってひときわ目を引く「RINGO・リンゴ」の店舗。パリのマルシェをイメージした陳列棚には、店舗で焼きあがったばかりのアップルパイがずらりと並んでいきます。とはいえ、並んだそばからあっという間に売り切れてしまうため、混雑時には1人4個までと制限がかけられる場合もあるほど。

    お店は日本のみならず台湾などにもあり、この美味しさは万国共通なのかもしれませんね。手土産やお土産にたくさん買う予定がある場合は、時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。パッケージもお店と同じ赤!シンプルでオシャレなボックスは、ビジュアルにもこだわりたい女子会の差し入れにも最適です。

    【店舗】東京:池袋店、ウィングキッチン京急川崎店、東京ミッドタウン日比谷店、京王モール新宿店、立川駅店、千葉:東武船橋店、埼玉:大宮駅店、福岡:天神地下街店、大阪:ルクア大阪店、岡山:岡山一番街店、大分:アミュプラザおおいた店など ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

RELATED CONTENTS

スポンサーリンク

RELATED CONTENTS