人気の雛人形!コンパクトで上質!おしゃれなお雛様特集

人気の雛人形!コンパクトで上質!おしゃれなお雛様特集
スポンサーリンク

女の子の健やかな成長と幸せを願って贈られる「お雛様」。女の子が生まれたら贈り物の一つとして検討されることも多い「雛人形」は、大きさやタイプも様々で選ぶのが難しいという方も多いのでは?また、近年ではスペースも必要になる大きな雛人形は飾るのが難しいという声もきかれます。

センスあふれる人気の雛人形をご紹介

  • 雛人形

    そこで、現代の住環境スペースにもぴったりの場所を取らない男女が一対になった内裏雛をはじめ、スワロフスキーやプラチナを使った高級感あふれる絢爛豪華な雛人形、平安時代から受け継がれた技術を受け継いだ飽きのこないデザインのものや、飾って楽しんだ後の収納にも便利な収納付きタイプまで厳選!

    大人になっても飾りたくなる雛人形を厳選

    ひな祭り

    近年、大人同士で集まってひな祭りを再開している♪ なんて方も多いですよね。そんな風に大人になっても飾りたくなる、みんなに自慢したくなるようなお雛様を選びたいものです。

    そこで、お顔が今どきで可愛らしいお雛様やインテリア性も高いおしゃれなお雛様など、ひな祭り時期が過ぎても飾りたいほどセンスあふれる雛人形を特集しています。こちらでは、通販やお取り寄せが可能な商品も掲載しています。

関連記事はこちら

スポンサーリンク

優しい色の飽きのこないお雛様はおすすめ

  • 親王飾りの雛人形

    【 東玉 雛人形 優美衣装着親王 木製平台飾り 白夢桜 】

    価格 137,500円(税込)

    水や桐の宝庫であり人形作りに適した地であった岩槻で江戸時代より続く「東玉」。1852年の創業、時代は流れその時々で人形を求めるニーズは変化していますが、心を込めた丁寧な人形作りはいつの時代にも愛され続けてきました。

    「白夢桜 親王飾り」は、白を基調とした明るい色合いで圧迫感がないためどんなスペースにも映えるデザインも人気。和室だけでなく、フローリングの洋室にもしっくり馴染むのが特徴です。

    白夢桜の名の通り、金彩で彩られた落とし屏風やシルバーのフリンジがゴージャスな桜模様の式布など随所にデザインされている桜で春の訪れを感じます。長くお付き合いするものだからこそ、使いやすく飽きのこないデザインを選びたいですね。

オシャレで美しい立ち雛なら「平安優香」

  • 雛人形 平安優香

    【 雛人形 平安優香 】

    価格 119,700円(税込)

    平安優香は「節句人形工芸士」として認められるなど、高い技術を持った人形作家です。初代が数々の人形工房を訪ね、見て触れて培った伝統芸術の世界を受け継いだ2代目優香の雛人形は、女性らしく優しい色使いやセンスの良さを感じさせます。

    優しい色使いと美しい人形の顔立ちも人気

    雛人形 平安優香

    「菊花」は、お内裏様の立ち姿を仰ぎ見る、お雛様という立体感のあるスタイルです。どちらも、菱屋輪宝文を織り込んだ絢爛豪華な西陣金襴をまとっており、色違いのペアになっているのもかわいいですね。

    バックには、桜の刺繍をあしらった二曲屏風があり、シックな雰囲気。大人が見てもため息が出る、優雅な一品♪ 和紙の行灯は、電池を入れることで明かりが灯るコードレス仕様となっているのも気が利いています。

立雛ならではの凛とした雰囲気が人気

  • 雛人形 親王飾り 平飾り 立雛 花ごろも 優香作

    【 親王飾り 雛 平飾り 立雛 雛 名匠・逸品飾り 花ごろも 優香作 】

    価格 102,837円(税込)

    お雛様は女の子の健やかな成長など願いを込めて贈るものですが、さらにラッキーアイテムをプラスしたのが「立雛 親王飾り」。”幸せの青い蝶ユリシス”とも呼ばれ、金運・良縁・幸運をもたらすといわれているオオルリアゲハを屏風にあしらった幻想的で高貴な仕上がりです。

    雛人形 親王飾り 平飾り 立雛 花ごろも

    お雛様とお内裏様の着物は色違いで同じ柄ですが、これは末永く夫婦が仲良くできるよう願いを込めたもので、良縁を授けてあげたいという親心を反映しています。作者は2代目・平安優香。高い技術力と表現力を駆使して1つひとつ手作業で作っているので、それぞれ微妙に異なり同じものはありません。立雛ならではの凛とした雰囲気がありますが、お顔はとても優しく微笑んでいます。

スポンサーリンク

幅70cmと気軽に飾りやすい平安雛なら「小出松寿」

  • 小出松寿 市川伯英頭の雛人形

    【 小出松寿 市川伯英頭 雛人形 行灯飾 親王平飾り 】

    価格 236,000円(税込)

    1960年創業の「人形工房 松寿」を率いる小出松寿は、数々の名誉ある賞に輝き、節句人形工芸士に認定されるなどその腕前は広く知られています。人気ドラマに採用される、ニュースで取り上げられるなど知名度も抜群◎

    伝統的なものから現代風まで、市松人形や日本人形など様々な人形を展開しており、伝統と格式に裏打ちされた気品あふれる雛人形は、その上品で美しいお顔立ちも人気の理由です。

    現代の美意識を融合させた優美な雰囲気

    小出松寿 市川伯英頭の雛人形

    どの角度から見ても愛らしく見えるよう緻密に設計された平安雛は、屏風とお雛様がセットになっていて、幅70cmと気軽に飾りやすいのが特徴。お顔は人形頭師の市川伯英が手掛けており、古典のたおやかさと、現代の美意識を融合させた優美な雰囲気を醸し出します。

    すべて職人の手作業によって生み出されており、着物の柄や表情は、どれ1つも同じものがないオンリーワン♪ 調度品も細部まで丁寧に作られており、ずっと眺めたくなるような気品に包まれた雛人形は、毎年飾るのが楽しみになること間違いなしです。

    ショップ情報

    【取り扱い店】札幌三越、仙台三越、銀座三越、高崎タカシマヤ、柏タカシマヤ、横浜タカシマヤ、新潟三越、岐阜タカシマヤ、名古屋栄三越、大丸京都店、大丸心斎橋店、大丸神戸店、人形の大畑、米子タカシマヤ、岡山タカシマヤ、広島三越、高松三越、松山三越、博多阪急、いよてつ髙島屋など

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

コンパクトに収納することが可能なお雛様

  • 雛人形 ひな人形 親王飾り

    【 コンパクト収納飾り 親王飾り 平安優香作 花ごろも】

    価格 178,440円(税込)

    箱雛の産地である福岡で生まれ、幼いころよりお雛様に関心があったという二代目・平安優香。初代の確立した美の世界を引き継ぎ、独自の世界観をプラスしたお雛様が高い人気を誇る女流作家です。特に人気のある「花ごろも」シリーズの親王収納飾りはコンパクト収納飾りなので、収納スペースが気になるマンション住まいのかたにも好評。

    収納が可能 雛人形

    木目を活かした重厚感のある収納を兼ねた飾り台は、伝統的な駿河塗で仕上げられています。お雛様とお内裏さまの着物は高級織物の金襴を使用し、洋花紋をあしらった上品なもの。手も繊細な木彫りで作られているなど細部までこだわった温かみのある仕上がりに一目惚れをして、購入を決める方も多いのもうなずけます。

お部屋が明るくなる可愛らしい雛人形

  • 平安豊久作収納飾り お雛様

    【 雛人形 平安豊久 ひな人形 コンパクト収納飾り 三段飾り 五人飾り 京桜 大三五親王 芥子官女揃 】

    価格 233,060円(税込)

    全国的にも有名な平安豊久のお雛様。人形を飾るための飾り台や屏風も細部にまでこだわりが感じられる美しいお顔立ちのお雛様が揃います。収納付きタイプは、ふたの素材にも気を配り、飾ったあとに収納するケースも雛人形と同じく華やかなテイストで仕上げられています。春らしい色彩にあふれた三段収納飾り「京桜(きょうざくら)」は、飾った瞬間、お部屋の雰囲気が一瞬にして華やぎ、暖かな春の陽気に包まれるかのよう。

    平安豊久作収納飾り お雛様 収納ケース

    白とピンクの淡い色彩で全体的に仕上げられているので、圧迫感も感じられません。五人のお人形がセットになっており、花々がちりばめられた衣装もとても美しく、まるでお姫様の様です。全てのカラーが統一されているため、どんなお部屋の家具ともマッチしやすく、気軽に飾れるのもオススメのポイント。お道具揃えや雪洞も可愛らしく、贈り物としても女の子も、そのお子様のお母さまにも喜ばれます。

現代の名工、京雛の老舗「安藤桂甫」の雛人形

  • 安藤桂甫の京雛

    【 安藤桂甫作 京雛十番黄櫨染衣裳親王飾り (四曲金屏風平飾り) 】

    価格 463,400円(税込)

    「安藤桂甫」は、京人形組合では理事を務めるなど、業界で最も期待が集まる作者です。先代の一人息子として誕生し、生まれたときから雛人形に囲まれた環境で育ち、現代の名工や黄綬褒章を賜る活躍をしています。その才能は未来の安藤桂甫にも着実に受け継がれ、タイ国王や中国首相へ献上するほどの腕前です。

    長く受け継いでいきたいという方にもオススメ

    安藤桂甫の京雛

    「京雛十番黄櫨染衣裳親王飾り」にも、その技術は遺憾なく発揮されており、高貴で上品な顔立ちの雛人形からも伝わってきます。衣装には、平安時代から天皇以外は身に着けることすらできない、染の最高峰である「黄櫨染」を採用。時代に左右されない四曲金屏風平飾りで、長く受け継いでいきたいという方にもオススメの逸品です。

    ショップ情報

    【店舗】桂甫作 安藤人形店
    【住所】京都市上京区油小路通丸太町上る米屋町273-2
    【営業時間】10:00~18:00
    【定休日】無休
    【電話】075-231-7466

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

インテリアにもなるおしゃれなひな人形

  • 後藤由香子 ひな人形

    【 お花畑においでよ 】

    価格 315,950円(税込)

    親王と三人官女の五人飾りは、パステルカラーのピンク色を基調とした、小さな女の子にピッタリの配色です。お雛様の纏う十二単は女の子らしい色彩が鮮やかで、春らしい桜の花が繊細にデザインされています。

    後藤由香子 ひな人形2 一方のお内裏様は、白を基調とした黄色と緑色の花の文様が爽やかな好青年を印象付けます。二人を引き立てるようにシンプルで淡いピンク色の三人官女が佇み、それぞれの手には道具のかわりに春の花が添えられている可愛らしい演出です。無形文化遺産の本美濃和紙や正絹を使った着物など、シンプルながらも人形の華やかさと本物の美しさが際立つ仕上がりです。

    落ち着いたブラウンのひな人形 Siege シージ

    後藤由香子 ひな人形 2018

    【 Siege シージ 】

    価格 709,860円(税込)

    「Siege (シージ)」と名付けられた親王飾りは、重厚感あふれるブラウンとゴールドが美しい、大人が楽しめるような雛人形です。人形の後ろに立てられた高さのあるしっかりとした屏風と、両脇に飾られたゴールドの花が、シックのなかにも豪華さを醸し出す演出。

    後藤由香子 ひな人形 親王飾り

    調和のとれた人形の着物のベース色は落ち着いたブラウンで、金色の小物がアクセントになっています。お雛様の十二単の重なりが優しいグラデーションを見せ、落ち着く配色が素敵ですね。木の温もり感じるお部屋にお似合いの逸品です。独特のセンスとお洒落な仕上がりが雛人形の印象を変えますね。

    柔らかな印象が魅力的なおひなさま

    2018年度新作雛人形 後藤由香子

    【 Sophia ソフィア 】

    価格 412,821円(税込)

    和と見事に調和させるセンスが楽しめるお雛様。全体がピンク色系の色彩でまとめられた、柔らかな印象が魅力的な親王飾りは、お二人の着物の柄に特徴があります。

    エキゾチックな印象を見せる細やかな唐草や花の模様が、シンプルな装飾のなかにひときわ印象深く、お揃いの着物柄に包まれた二人の白いお顔がより美しく見える仕上がりです。周りに配された雛人形ゆかりの道具や燭台も、二人を引き立たせる調和のとれた色合いでまとめられた、温かみを感じる逸品です。

    白銀と金色、漆黒の色合いが美しい

    藤匠作 Largo (ラルゴ)

    【 Largo ラルゴ 】

    価格 589,080 円(税込)

    洗練されたセンスが光る雛人形は、白銀と金色、漆黒の色合いがしなやかで美しい親王飾りです。まず目に飛び込んでくるのが、屏風に描かれた一輪の大輪の花。両脇に置かれた花飾りと、お二人の着物の広がりが美しい構図を生み出し、お揃いの淡いクリーム地の着物には屏風と同じ花が描かれ、世界観が美しく調和されています。

    要所に使われた金色の小道具が控えめな輝きを放ち、華美な色合いを使わずに華やかさを演出した、日本らしさを感じる逸品です。

    芸術作品のようにデザイン性の高い親王飾り

    後藤由香子 ひな人形 ゴシック

    【 フュージョン goto-fusion 】

    価格 567,770 円(税込)

    白銀の静寂のなかにそっと寄り添い座る親王飾りは、色彩を抑えた仕上がりのなかでインパクトを残すのが、中央奥に飾られた金と赤色の枝の花。ヨーロッパの童話の世界のワンシーンを切り出したかのような斬新なセンスと、和の着物が見事な世界観を生み出す芸術作品です。

    お花を中心にデザインされた、洗練された細やかな刺繍の着物のデザインが美しく、見れば見るほど虜になってしまいます。雛祭りの時期だけに飾るのがもったいないような人形飾りは、女の子達の成長と共にこれから長い先も人々に愛され続けるはずです。

お雛様を飾る時期や贈る時期について

  • 雛人形

    ひな祭りは3月3日。雛人形を飾るのは桃の節句の3週間くらい前からとされており、2月の立春以降が一般的です。そのため雛人形は、それより早い時期に贈るのが良いでしょう。

    初節句のお祝いの一つである雛人形。かつては子供の母方の実家から贈られるものとされていましたが、近年ではどちらからという慣習にあまりとらわれなくなってきています。

    また、マンションなどで飾るスペースの確保が難しいという声も聞かれますので、お子様の両親を含め、前もって商品の相談をされるのが良いですね。人気商品は早くに売り切れる場合があるため、年が明けたら早めの準備がおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

関連記事はこちら

PAGE TOP