今しか買えない!サロン・デュ・ショコラのあの熱狂が再び

スポンサーリンク

世界トップクラスのショコラティエが手がけるチョコレートが一堂に会する「サロン・デュ・ショコラ」。日本には進出していないブランドも数多く参加するチョコレートの祭典には海外に行かなければ手に入らない貴重なチョコも多数並びます。

チョコレートの祭典の人気ショコラが期間限定で発売

  • サロン・デュ・ショコラ2018

    2018年1月に開催されたサロン・デュ・ショコラ 2018も人気のチョコレートは早々に売り切れてしまうほどの大盛況でしたが、サロン・デュ・ショコラ 2018で人気だったショコラが期間限定で再販中です。お目当てのチョコレートを手に入れられなくて残念な思いをされた方も、絶品ショコラをもう一度食べたいと思っていた方も、ぜひチェックしてくださいね。

サロン・デュ・ショコラだからこそ味わるショコラ

  • サロン・デュ・ショコラ2018,フランク・ケストナー タブレット ミルティーユ

    パリを拠点にドイツでも活躍する「フランク・ケストナー」は、若くして国家最優秀職人章(M.O.F.)を取得するなど確かな技術の持ち主。奥深いチョコレートの探求者でもあり、名声を得た今でも切磋琢磨を続けています。

    そんな彼の世界を垣間見ることができるとして人気を博したのが「タブレット ミルティーユ」。カリブ海で採れる希少なカカオを使ったクーベルチュールでサンドするのは、ロレーヌ地方で採れる「ブリンベル」という特別なブルーベリーのジュレです。1枚の絵画のように美しい姿に魅せられ、味わってさらに惹きつけられるような魅力的な一品。日本には店舗がなく、サロン・デュ・ショコラだからこそ味わる貴重なショコラです。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 フランク・ケストナー タブレット ミルティーユ 】

    価格 1,944円(税込) 賞味期限:2019年1月

ショコラ好きの間では知られたパトリック・ロジェ

  • サロン・デュ・ショコラ2018,パトリック・ロジェ

    M.O.F.を取得し、C.C.C(フランスのショコラ愛好会)でも高い評価を受けるなど、世界トップクラスのショコラティエである「パトリック ロジェ」。カカオへのこだわりはもちろん、自らの菜園でナッツやフルーツを栽培し、心から信頼できる食材のみを使用するなど、チョコレートに並々ならぬ情熱をかけています。日本での出店はありませんが、テレビで紹介されるなどショコラ好きの間では知られた存在です。

    「プラリネ アンスタン フェランデュエル レ&ノワール」は、彼の畑の第一号となった愛着のあるアーモンド品種を使った特別なショコラです。パッケージデザインも気品があり、オシャレな方へのギフトにもおすすめです。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 パトリック・ロジェ プラリネ アンスタン フェランデュエル レ&ノワール 】

    価格 8,640円(税込) 賞味期限:2018年12月20日頃

プラリネとサブレのバランスが絶妙

  • サロン・デュ・ショコラ2018,フレデリック・アヴェッカー サブレ フレ

    南フランスの小さな街にアトリエを構える「フレデリック・アヴェッカー」は、誰もが安心して楽しめるよう誠実なショコラ作りをモットーとしています。お店には多彩なスイーツが並びますが、一番人気はなんといってもショコラです。

    M.O.F.を取得し、C.C.Cで高い評価を受けるなど、ショコラティエとして王道を歩んでいる実力派のフレデリック・アヴェッカーが生み出す「サブレ フレ」は、一口食べれば伸ばす手が止められなくなるほど。ココナッツプラリネ×ブラン、ヘーゼルナッツプラリネ×レ、オレンジとアーモンドプラリネ×ノワールと3つのフレーバーがあり、どれもプラリネとサブレのバランスが絶妙♪ ボックスデザインも美しく、大人から子供まで誰もが楽しめる一品です。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 フレデリック・アヴェッカー サブレ フレ 】

    価格 2,700円(税込) 賞味期限:2019年12月30日

柑橘系を好んで使うクリスチャン・カンプリニ

  • サロン・デュ・ショコラ2018,クリスチャン・カンプリニ コンフィ マンダリン ノワール

    3つ星レストランでシェフ・パティシエを務めた後、自身のお店をオープンさせ、2004年にはM.O.Fも獲得した「クリスチャン・カンプリニ」。近隣の生産者が丹精込めて育てたハーブやフルーツを贅沢に使っており、食材を活かした味わいを求めて遠方からもたくさんの人が訪れ、お店はいつも賑わっています。

    特に柑橘系を好んで使うクリスチャン・カンプリニの実力がよく分かる一品としておすすめなのが「コンフィ マンダリン ノワール」です。自身で15日間もの長い時間をかけて煮込んだマンダリンのコンフィをミキサーにかけて滑らかにしてから固め、ノワールで包んだショコラは一口食べれば、彼の人気の理由を知ることができるはず。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 クリスチャン・カンプリニ コンフィ マンダリン ノワール 】

    価格 3,564円(税込) 賞味期限:2019年3月

独自の世界を構築するベルナシオン

  • サロン・デュ・ショコラ2018,ベルナシオン タブレット フルールドゥセル バスティーユ ブラン

    1953年創業の「ベルナシオン」は、Bean to Barに早くから取り組んできた人気ブランドです。チョコレート通たちのハートをグッと掴んで離しませんが、それもそのはず。ビターチョコレート1つに、産地の異なるカカオを10種類前後もブレンドして味を調整するなど、配合や組み合わせを追求し独自の世界を構築しています。そのため量産はできず、本店以外にお店はありません。

    この機会に試してみるなら「タブレット フルールドゥセル バスティーユ ブラン」をチェック!ホワイトチョコレートの上に、円形のノワールが配置されたユニークなデザイン。ノワールにはゲランドの塩がトッピングされており、食べる角度によって幾通りもの味が楽しめます。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 ベルナシオン タブレット フルールドゥセル バスティーユ ブラン 】

    価格 3,456円(税込) 賞味期限:2019年2月

流行に左右されないショコラ

  • サロン・デュ・ショコラ2018,ニコラ・ベルナルデ サブレ ブルトン

    フランスの高級店ダロワイヨで腕を磨き、大統領付きのパティシエとして活躍するなどユニークな経歴を持つ「ニコラ・ベルナルデ」。M.O.F.獲得や、世界トップクラスのパティシエでつくる団体「ルレ・デセール協会」の会員であることを聞けば、その実力は世界トップクラスであることが容易に分かるはず。

    パリにあるショップには、彼自身が食べたいと思ったものだけを並べており、流行に左右されることなく本当に美味しいものだけが並んでいます。「サブレ ブルトン」は、ブルターニュ地方に伝わるお菓子や塩バターサブレにインスピレーションを得て誕生したもの。キューブの中は3層になっておりサブレ、ショコラ、ヘーゼルナッツのジャンドゥージャが一体となって口の中を幸せでいっぱいにしてくれます。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 ニコラ・ベルナルデ サブレ ブルトン 】

    価格 3,780円(税込) 賞味期限:2019年1月

垂涎の逸品揃いのショコラソート

  • サロン・デュ・ショコラ2018,フィリップ・ベル ショコラソート

    チョコレート職人の道に踏み入れたのは14歳。2004年にはM.O.F.を取得、大手のチョコブランドでコンサルタントを務めるなど、押しも押されもせぬトップショコラティエに登りつめた「フィリップ・ベル」。

    2006年に自身のブランドをオープンしてからはカカオ豆の農園や生産国を訪れるなど、これまで以上にチョコレートに向き合っています。彼のショコラを堪能するなら「ショコラソート」がおすすめ!ボックスの中にはガナッシュやセシリキッドキャラメル、プラリネなど28粒のショコラが入っているアソートは垂涎の逸品揃いで、世界最高峰のショコラを存分に堪能できますよ。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 フィリップ・ベル ショコラソート 】

    価格 7,236円(税込) 賞味期限:2019年1月

一日をゆっくりと楽しむためのショコラ

  • サロン・デュ・ショコラ2018,フレデリック・カッセル コフレ・ミルフイユ2018

    入会すら困難なパティシエのエリート集団「ルレ・デセール」に30歳の若さで入会し、2003年には会長を務めるなど、トップまで上り詰めた「Frederic Cassel(フレデリック カッセル)」。パリ郊外のアトリエには世界中の人々を魅了するスイーツが美しくディスプレイされています。

    「コフレ・ミルフイユ2018」は、彼のスペシャリテであり、チョコレート好きなら1度は食べておきたい一品です。パッケージには時計がデザインされていますが、これは時間ごとにあった飲み物とミルフイユショコラを楽しむことを示したもの。まずは朝の紅茶タイムに、ランチ後のコーヒー、食前の梅酒、一日の終りのラムと続きます。一日をゆっくりと楽しむための最高の一箱です。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 フレデリック・カッセル コフレ・ミルフイユ2018 】

    価格 2,916円(税込) 賞味期間:製造日より常温で40日

ワインのおつまみにもおすすめ

  • サロン・デュ・ショコラ2018,フランソワ・ジメネーズ レ・レザン・デュ・ボージョレ

    「フランソワ・ジメネーズ」は、地元の方はもちろんスイーツのプロたちも愛するお店で、腕を磨く場所にしたいと考える若いショコラティエも多いのだとか。2015年M.O.F.のファイナリストということで一気に知名度が上がりました。

    パリのリオン8区にあるお店のショーケースには、ボンボンショコラやトリュフなどさまざまなチョコレートが並びますが、注目は「レ・レザン・デュ・ボージョレ」。ワインで有名なボージョレ地方ですが、それに並ぶ知名度のお菓子がないということで誕生した一品です。ショコラの中には、ブドウで作られた蒸溜酒マールに漬けこまれたレーズンが入っており、ワインのおつまみにするのもおすすめです。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 フランソワ・ジメネーズ レ・レザン・デュ・ボージョレ 】

    価格 2,484円(税込) 賞味期限:2019年1月

斬新な切り口でフランスを感じられるショコラ

  • サロン・デュ・ショコラ2018,パティスリー・サダハル・アオキ・パリ コフレ フランス

    本当に美味しいチョコレートでなければ見向きもされないパリで数々の名誉ある賞を受賞し、長年愛されているサダハル・アオキ氏。「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」は、世界レベルのチョコやケーキを堪能できるブランドとして知られています。

    「コフレ フランス」は、五感でフランスを感じることができる8粒のアソート。ブルターニュ地方特産のゲランドの塩やシャンパーニュ地方で造られるシャンパンなど、フランス各地の食材を使った個性豊かなショコラが詰まった宝箱のような一品です。フランス特産のフルーツであるミラベルやカシス、マラデボワで豊かな大地を表現しているなど、アオキ氏らしい斬新な切り口でフランスを感じることができます。

    ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ コフレ フランス 】

    価格 3,942円(税込) 賞味期間:製造日より常温で60日

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら