お年始やお年賀のマナー、伺う時期や年始の挨拶回りの注意点

スポンサーリンク

新しい年を迎えるお正月は、毎年気持ちも新たになる時。歳神様をお迎えするにあたり、門松を立てたり、鏡餅を飾ったり、おせち料理やお雑煮を食べたりと、お正月は日本人にとって今も昔も変わらない大切な行事です。

お年始とは?年始の挨拶回りについて

  • 戌年

    そんな晴れやかな新年の習慣の1つが、お世話になっている方々へ新年の挨拶に伺う「年始の挨拶回り」です。お歳暮とは異なり、お年始では手土産(お年賀)を持参して、直接相手のお宅に伺って挨拶を行います。もともとは家々の歳神様へのお供え物を持参したことが始まりとされていますが、現在では親戚やご近所、企業ではお得意先や取引先などに新年の挨拶として年始回りを行うことが定着しています。

お年始の時期はいつ?お年賀はいつまでに渡す?

  • 迎春

    年始回りは松の内(1月7日まで)に行うのが基本ですが、1月15日までという地域もあり、地方によって習慣は異なるようです。また、元旦は初詣に出かけたり、親族一同で集まるという家庭も多いため、友人やご近所への年始回りは元旦を避けるのが一般的です。また、企業においては1月4日頃の仕事始めから15日頃までに行うことが通常です。

年始回りのマナー、お年賀の相場は?

  • お年賀 企業

    年始回りの手土産の金額は、1,000円から3,000円くらいまでの品物を選ばれることが多く、高くとも5,000円ほどまでが一般的です。名刺に500円程度のお手頃な金額のちょっとした品物を添えてお渡しするケースもあります。訪問の予定があるときは、新年の挨拶と共に手土産を持参すると良いでしょう。お歳暮を贈っている場合、必ずしも年始回りで品物を渡す必要はありません。

    また、取引先などに伺う場合は、相手に伺う時間をお伝えしておくのがマナー。ただ、他の企業の挨拶も続くことが予想されるため、相手に時間を取らせないよう配慮し、ご挨拶だけ済ませたらすぐに失礼するとスマートです。

    時期をのがした場合は

    松の内を過ぎてからの訪問になる場合、のしの表書きは「お年始」や「お年賀」ではなく、「寒中お見舞い」としてお渡しするのがマナーです。

年始回りで渡す品物とは?

  • 年始回り

    年始回りで渡す品物には、菓子折りやお酒、干支関連の品物が人気です。ただ、頂き物が増える時期なので、缶詰や珈琲、日本茶や紅茶、海苔や日持ちの良い食品も選ばれる傾向にあります。また、企業への挨拶の場合はタオルやカレンダー、手帳など文房具などが多いようですが、取引先ならばお世話になっている方の嗜好品や、あるいは皆で食べられるお菓子など趣向をこらした商品も喜ばれます。

関連記事はこちら

お年賀のお返しは必要なの?

  • お年始

    お年賀を頂いた場合は、お返しやお礼は必要ないとされていますが、親戚などが集まる際は、おせち料理などの「おもてなし」でお礼するのが一般的です。いつの時代になっても、人との繋がりは大切なもの。日頃お世話になっている方々へ、感謝の気持ちとともに新年のご挨拶に伺いましょう。

    年始回りのお年玉について

    年始回りに伺う相手方にお子様がいる場合は、お年玉の準備も忘れずに。また、自分の子どもを連れて年始回りを行う場合、ご近所などへの年始回りの場合は注意が必要です。中にはお年玉の催促と受け取られてしまうなど、相手に気を遣わせてしまうケースもあるため、ご近所には大人だけで回ることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら