バター使いが絶妙!メゾンランドゥメンヌトーキョーの絶品パン

line
Maison Landemaine Tokyo_croissant01
スポンサーリンク

Maison Landemaine Tokyo(メゾン ランドゥメンヌ トーキョー )は2010年に日本に進出したパリで人気のブーランジェリー。本場フランスのパンが日本にいながらにして味わえるのって、とっても嬉しいことですよね。2011年にはピュドロのブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリで「パリで最高のパン屋賞」を受賞、さらに2013年にはフィガロ誌で「パリで1番美味しいクロワッサン賞」の第3位を受賞するなど、メゾン ランドゥメンヌの実力は折り紙つき。

Maison Landemaine Tokyo

メゾン ランドゥメンヌ トーキョーの常連さんには、欧米のお客さんもたくさんいます。海外の本場の味わいをご存知のお客さんも多いということは!それもメゾン ランドゥメンヌ トーキョーのパンが美味しいということの証♪ 外国の方へのパンの差し入れやお土産にも喜ばれます。こちらの記事では、メゾン ランドゥメンヌ トーキョーの人気商品や店舗情報についてご紹介します。

バターの芳醇な香り クロワッサンフランセ

  • Maison Landemaine Tokyo,クロワッサンフランセ

    【 クロワッサンフランセ 】

    価格 480円

    クロワッサンが大人気のメゾン ランドゥメンヌ トーキョー。バターの芳醇な香りにうっとりしてしまう「クロワッサン・フランセ」はトップクラスの人気を誇る商品。毎日1500個のクロワッサンが夕方までに完売する人気ぶりです。フランスでも最高級の品質を誇るレスキュールという発酵バターの使用しているクロワッサン・フランセ。小麦とバターの奥深い美味しさに感動を覚えるクロワッサン・フランセは、友達とゆっくり語り合いたいブランチや贅沢気分に浸りたいランチのお供にも◎

軽い食感のクロワッサンジャポネ

  • Maison Landemaine Tokyo,クロワッサン・ジャポネ

    【 クロワッサン・ジャポネ 】

    価格 250円

    バターの違いで雰囲気も変わる奥深いクロワッサン。「クロワッサン・フランセ」と製法は同じですが日本産のバターを使用しているのが「クロワッサン・ジャポネ」。クロワッサン・フランセは層の一枚一枚がパリッとしていて、トングで掴む際もパリっと音が聞こえ、バターの香りも濃厚なのに対し、クロワッサン・ジャポネはバターの風味もあっさりとしていて、何個も食べたくなる上品なお味。お気に入りの紅茶やコーヒーとともにじっくりと味わいたいところ♪

メゾン ランドゥメンヌ トーキョーのクイニーアマン

  • Maison Landemaine Tokyo,クイニーアマン

    【 クイニーアマン 】

    価格 390円

    フランス・ブルターニュ地方の伝統的な発酵菓子であるクイニーアマン。外側の香ばしいキャラメリゼのカリカリとした食感に、中はもっちりしっとりと柔らかく、ゲランドの塩を使用した甘しょっぱさとキャラメルのほろ苦さが絶妙のハーモニーを奏でます。

どこを食べても香ばしさが口いっぱいに広がる

  • Maison Landemaine Tokyo,ピーカンナッツシナモン

    【 ピーカンナッツシナモン 】

    価格 450円

    ピーカンナッツがトッピングされ、パンを包み込む香ばしいキャラメリゼの風味やアーモンドの食感が楽しい贅沢なシナモンロール。パンのどこを食べても香ばしさが口いっぱいに広がります。シナモンが豊かに香り、甘さとバターのコクと旨味が絶妙なバランス。

メゾン ランドゥメンヌ トーキョーの店舗情報

  • Maison Landemaine Tokyo

    メゾン ランドゥメンヌ トーキョーはカヌレやキッシュなどほかのパンたちもとっても魅力的。ベーコンやセミドライトマト、プルーンをたっぷり練り込み、塩味の効いたブリオッシュや、キノコやほうれん草がたっぷり入ったキッシュも人気。日本でも定番になった可愛らしいサイズのカヌレもお土産にぴったり。小麦やバターの旨みを存分に味わえる、そんなパンだけが並んでいるお店です。お土産や手土産、差し入れ用に箱入りも選ぶことができます。

    【店舗】Maison Landemaine Tokyo(メゾン ランドゥメンヌ トーキョー )
    【住所】東京都港区麻布台3-1-5東京都港区麻布台3-1-5
    【営業時間】月曜~土曜7:00~20:30/日祝日 7:00~19:30
    【定休日】無休【電話】03-5797-7387 ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

line

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら