子供の日のお祝い「金額や祝い方」端午の節句の贈り物について

line
端午の節句2 (2)
スポンサーリンク

こどもの日で知られる5月5日は、五節句の一つである「端午の節句」です。この日は男の子の健やかな成長と幸せをお祈りする行事で、桃の節句と対で広く行われています。こちらでは、子供の日(端午の節句)のお祝いの金額や贈り方、熨斗や表書きについても解説します。

端午の節句とは

  • 端午の節句2 (2)

    端午はもともと中国ではじまったもので、日本では、5月に盛りを迎える菖蒲を邪気祓いに使っていたことが中国の五節句の厄払いと合わさって端午の節句の行事となりました。

    子供の日(端午の節句)の祝い方

    「菖蒲の節句」とも言われるほど、菖蒲には昔から健康を保ち、魔除けの効果があるとされており、端午の節句に薬効として菖蒲湯につかったり、軒にさして邪気祓いをする習慣があります。そして、武家社会の武を尊ぶ「尚武・しょうぶ」という言葉にかけて男の子の健やかな成長を願い、鎧兜や武者人形などの五月人形を飾り、出世を願う鯉のぼりを立ててお祝いをします。

    また、赤ちゃんが誕生してから初めて迎える節句は「初節句」と言われ、男の子は端午の節句、女の子は桃の節句が初めてのお祝い節句となります。

子供の日(端午の節句)飾りについて

  • 初節句 (1)

    端午の節句では、鎧兜、武者人形などの五月人形を飾り、出世を願う鯉のぼりを立てて盛大にお祝いします。端午の飾りには、家の中に飾る内飾りと、家の外に飾る外飾りの二つがあります。

    内飾りの五月人形には鎧飾りや兜飾りを中心に、武者人形や弓や太刀などの陣道具、屏風などがあり、一般的には三段飾りとなっています。そして、お供え物には菖蒲酒や柏餅、ちまきや赤飯などを用意します。

    外飾りには立身出世を願い、鯉のぼり(矢車、吹き流し、真鯉、緋鯉、子鯉)や幟を掲げます。江戸時代に生まれた今の鯉のぼりの形ですが、近年では女の子の色の鯉のぼりや、家族人数分を飾るところも見られます。

子供の日の贈り物とは

  • 初節句 (2)

    端午の節句には、一般的に人形や鯉のぼり、鎧や兜などが選ばれます。鎧兜などの武具を飾る習慣は武家時代から続くものですが、「身体を守る」という意味から、子供を病気や事故から守ってくれるようにという願いが込められています。

    五月人形には、凛々しい戦国の武将達のほか、最近では、金太郎や可愛らしい風合いの子供人形など種類も豊富になっています。また、現代の住宅事情の変化などから、一段飾りや兜のみなど多彩な形の飾りとなっています。最近では、端午の節句をモチーフにしたプレートや絵など、場所を取らずに飾れるものが注目を浴びています。

    また、端午の節句のお祝いの品は一人に一つ。二人目以降であってもお祝いの品は贈るようにしましょう。近年では、良い物を受け継ぐという考えのもと、代々のお品を譲り受けるという場合もあります。

お祝いの金額の相場や贈り方

  • 端午の節句 熨斗

    初節句のお祝いは、母方の実家から鎧兜や鯉のぼりなどを贈る習わしもありますが、両家で相談するのが良いでしょう。お祝い金額の相場は、五千円から一万円程度、人形代として購入代金を想定した金額や、もっと高額な金額を贈る場合もあります。

    お祝いを送る時期や、熨斗や表書きについて

    五月人形も雛人形同様、節句の1ヶ月くらい前から飾り始めるので、それより早い時期に贈るようにし、赤白の蝶結びの水引きに、「初節句(節供)御祝」「御初雛祝」と表書きした熨斗をつけます。

初節句のお祝いのお返しについて

  • 端午の節句2 (1)

    お返しは基本的には不要ですが、お祝いを頂いた場合は、祝宴に招くことがお返しになります。ですが、招待することが難しい場合や、遠方でお祝いの席に顔を出すことが難しい場合などは、柏餅やちまき、紅白の縁起物のお菓子などと共に、子供の名前でお礼の手紙や赤ちゃんの写真を添えて贈ると気持ちが伝わります。生まれた男の子が丈夫にたくましく成長するよう、華やかにお祝いしてあげましょう。

line

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら