秋にぴったりのお菓子の手土産!秋スイーツのお取り寄せにも

line お気に入り
アトリエ ド フロレンティーナ フロランタン

秋に旬を迎える果物や食材を使った秋にぴったりのお菓子やスイーツをご紹介!日本の感性や心意気を感じるような和洋折衷スイーツや、人気洋菓子店の秋の風物詩とも呼ばれる商品なども特集しています。

人気の秋スイーツ&お菓子をご紹介

  • 人気パティシエや洋菓子店の秋の看板商品をはじめ、世界のトップショコラティエが作る限定スイーツや深まる秋にぴったりのお菓子は、手土産やギフト、差し入れにもぴったり。こちらでは、通販やお取り寄せが可能な商品も掲載しています。

秋にぴったり「wagashi asobi」ドライフルーツの羊羹

  • wagashi asobi ドライフルーツの羊羹
    出典:wagashi asobi

    【 ドライフルーツの羊羹 】

    価格 2,160円(税込) 賞味期限:製造日より15日間

    「一瞬一粒(ひとつひとつ)に想いを込めてつくる」をコンセプトに和菓子職人が作りだす「wagashi asobi」(ワガシアソビ)。活動の場は日本にとどまらず、ニューヨークやパリなどクリエイティブな都市にも「和」を届け続けている和菓子店で、取り扱うのは「ドライフルーツの羊羹」と「ハーブのらくがん」のみ。

    羊羹とドライフルーツという組み合わせが新しいドライフルーツの羊羹は、北海道産の小豆や沖縄県西表島で育てられた風味豊かな黒糖など、厳選素材がまるで美しいテリーヌのようにみごとに調和。滑らかな餡の舌触りに切っても美しいビジュアルで、パンに乗せて食べても相性抜群。

    【店舗名】wagashi asobi【住所】東京都大田区上池台1-31-1-101
    【電話】03-3748-3539【FAX】03-3748-3539
    【営業時間】10:00~17:00【定休日】不定休
    ※時期によっては、松屋銀座、伊勢丹新宿、横浜高島屋、渋谷西武、江戸川橋酢飯屋、DEAN&DELUCAなどでも取り扱いがあり。詳細は、店舗に直接お問い合わせください。

関連記事はこちら

生クリームとラム酒の風味が香るスイーツ

  • サトミフジタ マロン
    出典:亀屋良長

    京の老舗「亀屋良長」のプロデュースで生まれた菓子ブランド「Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA」。人気NO.1の「まろん」は、国産栗のみを使用し、栗を蒸してから丁寧に裏ごししたもの。そして生クリームとラム酒を加えた餡玉に、フランス菓子出身の藤田怜美さんらしくラム酒入りの寒天でコーティングが施されています。

    サトミフジタ マロン2
    出典:亀屋良長

    【 まろん marron 】

    価格 1,296円(税込)日持ち:発送日を含め3日

    まるでモンブランのようなまろやかな風味の和洋折衷スイーツは、上品なお茶菓子としても年代を問わず喜ばれるお味。四条堀川にある本店の他、京都髙島屋やJR京都伊勢丹などの百貨店でも取り扱いがあり。

    【店舗】本店:京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19 【電話・FAX】075-221-2005、075-223-1125 営業時間:9:00~18:00

秋にはくるみを使ったお菓子がぴったり

  • 秋 お菓子 くるみ

    【 クルミッ子 】

    価格  1,166円(税込) 賞味期間:60日

    たっぷりのクルミをちょっとビターなキャラメルで包み、バター生地で挟んで焼き上げた「鎌倉紅谷」のクルミッ子。くるみがぎっしり詰まり、バターの香りと、生クリームとキャラメルのコクのある旨味に、水飴やはちみつのまろやかな甘み。ふわふわさくさくとした食感に、キャラメルの香ばしさが絶妙な一口菓子は、かわいいリスのパッケージも好評で、秋のお菓子の手土産やギフトにも喜ばれます。

    【店舗】八幡宮前本店:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4,雪ノ下店:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-8-36,長谷店:神奈川県鎌倉市長谷3-1-16,幸浦店:横浜市金沢区幸浦2-23-1,常盤店:神奈川県鎌倉市常盤362

関連記事はこちら

秋のフルーツをトッピングした「co-ttie」タルト

  • co-ttie タルト おすすめ (2)
    出典:co-ttie

    無添加や素材にこだわり一つ一つ手作りで丁寧に仕上げた焼き菓子が人気のお店「co-ttie(コティ)」。食べたら心まで温まるような幸せが詰まった洋菓子に定評があります。お店の名前の由来はオーナーの小笠原さんの大事なものの頭文字ですが、何かは秘密なんだそうです♪ そんな遊び心あふれるお店のシーズナルな風味を織り込んだ美しいタルトは秋にもぴったり。

    co-ttie タルト おすすめ (1)
    出典:co-ttie

    【 co-ttie タルト 】

    価格 380円~400円(税込)

    季節によってトッピングのフルーツは異なりますがどれもエッジが効いていて、巨峰ならサワークリームと合わせて爽やかに、レモンなら白ワインとバニラビーンズで煮込んだりと、素材を引き立てる一工夫がなされています。食べる人を虜にしてしまうお味ばかりで、女子のみならず、男性陣への差し入れにも喜ばれます。

    【店舗】東京都武蔵野市西久保2-25-15【電話】0422-55-5422
    【営業時間】12時~20時【定休日】毎週月曜日・第3日曜日(祝日は営業し、翌日休み。 夏季・年末年始休業あり)

関連記事はこちら

秋スイーツのお取り寄せにも 市田柿ミルフィーユ

  • 市田柿ミルフィーユ

    【 市田柿ミルフィーユ 燻蒸タイプ 】

    価格  1,080円(税込)日持ち:冷蔵約60日

    古くは1800年代から南信州地方で栽培されていたブランド柿である「市田柿」。江戸時代には将軍歯固めの菓子として市田柿の干し柿が使われており、皇族に献上されることもあるなど由緒ある柿として知られています。そんな市田柿を現代風にアレンジしたのが「市田柿ミルフィーユ」です。

    ワイン

    異色の組み合わせと美味しさで瞬く間に評判になり、雑誌やテレビなど多くのメディアにも取り上げられるミルフィーユは、干し柿となった市田柿にバターをサンドした新感覚のお菓子。甘さと塩気が絶妙で、おやつとしてだけでなく、ワインのお供にも◎ 秋スイーツの手土産や、話題性や味にも定評のあるスイーツを求められている方にもおすすめです。

関連記事はこちら

キャラメルの香ばしさが絶妙なお菓子は秋にもぴったり

  • アトリエ ド フロレンティーナ フロランタン

    クッキーの生地に、キャラメルコーティングを施し、ナッツ類をトッピングしたフランスのお菓子「フロランタン」。秋になると恋しくなる香ばしい風味のお菓子。谷中銀座にあるフロランタン専門店「アトリエドフロレンティーナ」(atelier de florentina)のフロランタンは、サクッとした軽やかな食感にバターの香りとキャラメルの香ばしさが絶妙。

    アトリエ ド フロレンティーナ

    【 お手みやげ 桐箱(4個入り) 】

    価格 1,500円

    中でもキャラメルの食感や小麦粉の風味、バターの香りがダイレクトに味わえるプレーンタイプや、黒胡麻が香ばしい黒ごまはおすすめ。1個220円程度で、一口サイズにカットしてあり、桐箱入りは高級感もあり手土産にもぴったり♪ 季節の旬を使ったフロランタンは、イベントの差し入れにも◎ 

    【店舗】東京都台東区谷中3-12-2 谷中銀座商店街内
    【電話・FAX】03-5834-8981 営業時間:11:00~17:00※商品が完売次第その日の営業終了の可能性あり

関連記事はこちら

高級感たっぷりの秋のケーキにぴったり

  • 秋スイーツ 高級

    【 ホテルニューオータニ  スーパーモンブラン】

    価格 2,100円 

    秋の名物「スーパーモンブラン」は、金箔を散りばめられたチョコがトッピングされた豪華なモンブラン。リンツァーシリアルトルテの土台に、兵庫県産を中心とした希少な和栗を使ったペーストが何層にも丁寧に積み重ねられ、生地の中には黒蜜あんこや国産和栗の甘露煮、こしあんの葛ジュレ入り。緻密に計算されたケーキは、それぞれの素材の一番美味しい状態がみごとに調和した絶妙な味わい。※販売期間:2016年9月1日~2017年1月31日予定

    【店舗】東京:パティスリーSATSUKIPatisserie SATSUKI、大阪:パティスリー SATSUKI
    【電話】03-3221-7252、06-6949-3298 営業時間:11:00~21:00

関連記事はこちら

秋スイーツにぴったりのマロンパイ

  • フランス菓子16区 ダックワーズ

    スイスやフランスで活躍した三嶋氏がオーナーシェフを務める「フランス菓子16区」は、小判型のダックワーズ発祥の店としても有名です。ダックワーズは、フランス発祥のお菓子と思われがちですが、実は1979年に三嶋シェフが考案したもの。フランスに店をかまえる老舗菓子店のオーナーシェフがわざわざ作り方を習いに来たこともあったそう。

    フランス菓子16区 マロンパイ

    【 マロンパイ 】

    価格 1個 432円(税込) 賞味期限:製造より6日

    そんな人気店の秋を飾るのは「マロンパイ」。厳選した国内産の大粒栗をマロンクリームとともに一粒まるごとパイ生地で包んで贅沢に仕上げたもの。鬼皮を剥いて渋皮煮にするため、甘いだけでない栗そのものの風味を楽しむことができます。地元では、「マロンパイ始めました」の看板が掲げられると”秋を感じる”とまで言わるほど。マロンパイ10個入価格:4,590円。

    【店舗名】フランス菓子16区【住所】福岡県福岡市中央区薬院4丁目20-10
    【電話】092-531-3011【FAX】092-526-0016
    【営業時間】9時~19時【定休日】毎週月曜日

関連記事はこちら

高級感あふれるマロンコンフィ

  • ジャンポールエヴァン マロンコンフィ

    【 エテュイ マロン コンフィ 6個入 】

    価格  2,981円(税込) 賞味期限:10日間

    パリを拠点としている世界トップクラスのショコラティエである「JEAN-PAUL HEVIN」(ジャンポール・エヴァン)。日本のブティックでもその商品はフランスから空輸されたものを使用しており、彼の研ぎ澄まされた感性をそのまま味わえるのが魅力とあって、お店はいつも大勢のお客さんで賑わっています。この季節、チョコレートと並んで人気なのは高級感あふれる1個:497円の「マロンコンフィ」。

    ブランデー

    イタリアはピエモンテ産の大粒栗のみを使用し、柔らかすぎずしっとりした舌触りに栗の食感を活かしきる技量はさすが!秋の夜長を過ごすお供にもぴったりで、ブランデーなどとも相性の良い上品な甘さに女性のみならず男性陣も魅了されます。※1個づつパッケージされており、店頭では1個からでも購入が可能。

    【店舗】伊勢丹新宿本店、表参道ヒルズ店、東京ミッドタウン店、三越銀座店、伊勢丹浦和店、越仙台店、イセタン フードホール ルクア イーレ店、三越広島店、岩田屋本店、三越札幌店、チョコレート バー丸の内店など。

    関連記事はこちら

関連記事はこちら

秋スイーツの差し入れにもおすすめ

  • 近江屋洋菓子店 アップルパイ

    【 アップルパイ 】

    価格 3,240円(税込)

    創業120年の近江屋洋菓子店は、素材の品質や食べごろを重視し、旬の果物を手に入れるため毎日市場へ仕入れに通うほど。中でもみんなのお目当ては看板商品でもあるアップルパイ♪ 水気の少ないバターを使用したパリパリさくさく生地に、風味と歯ざわりを残したリンゴがぎゅっと詰まっています。シナモンは使用されておらず、リンゴの美味しさがストレートに伝わってきます。

    【店舗名】近江屋洋菓子店 神田店【住所】東京都千代田区神田淡路町2-4
    【電話・FAX】03-3251-1088、03-3251-5815【営業時間】月~土9時~19時 日祭日10時~17時30分
    【店舗名】近江屋洋菓子店 本郷店【住所】東京都文京区本郷4-1-7
    【電話・FAX】03-3815-3006、03-3815-3007【営業時間】月~土9時~19時 日祭日10時~17時30分

関連記事はこちら

秋のお菓子の手土産やギフトにも

  • 秋の焼き菓子

    【  ドゥミセックアソート 】

    価格 3,369円(税込)賞味期限:製造日より21日間

    フランス菓子専門店「Noliette」(パティスリー ノリエット)。秋らしいキャラメルとくるみをクッキー生地で包んだフランス地方菓子や、プルーンを漬け込んでしっとり焼きあげたケーク、濃厚なショコラのショコラドゥブルなど半生焼き菓子6種類の詰合せ。だんだん深まる秋にぴったりのお菓子は、コーヒーや紅茶との相性も抜群。秋のお菓子の手土産やギフトにも。

    【店舗】パティスリー・ノリエット プティ・リュタン:東京都世田谷区赤堤5-43-1 京王線・世田谷線下高井戸駅より徒歩3分。
    【電話】03-3321-7784 営業時間: 10:00~19:00 水曜と第1・第3火曜定休

    関連記事はこちら

line お気に入り

関連記事はこちら

関連記事はこちら