有名店のあんみつを手土産に【東京】彩りと涼を運ぶ定番甘味

line
anmitsu
スポンサーリンク

四季を通じていただける定番の甘味ですが、湿気を感じる季節などには特に美味しく感じるもの。都内に数多くある人気店の中でもおすすめのあんみつ(甘味処)をご紹介。あんみつの発祥は、1930年頃に東京で、みつ豆に自家製の餡をのせたものが始まりとされています。あんみつは、みつ豆に餡をのせたり、小倉こし餡と黒蜜を合わせ、求肥や果物を盛り付けたり、抹茶やほうじ茶、フルーツやアイスを乗せたりと、バリエーションも豊かな日本が誇る和菓子の1つです。

人気店のあんみつや、おすすめのあんみつのお土産をご紹介

  • あんみつ 有名店

    あんみつは、お店によってこだわりがあり、使用される素材の組み合わせや寒天の種類も様々です。こちらでは、元祖と呼ばれる老舗のあんみつから、都内に数多くある人気店の中でも特徴的な甘味処をご紹介。お土産用のあんみつや、テイクアウトが可能なあんみつ、通販やお取り寄せが可能な商品も掲載しています。おみやげ用のあんみつは、発送が可能なお店も有ります。

銀座 鹿乃子あんみつ(おみやげカップ)

  • ginza_kanoko_anmitusu

    【 鹿乃子あんみつ おみやげカップ 】

    価格 518円(税込) 賞味期限:約2日間

    銀座 鹿乃子 本店(ぎんざかのこ)のあんみつは、豆にもこだわりがあります。赤エンドウの他にも花白豆、紫花豆や虎豆など、何種類もの豆を使用。それぞれの豆の炊き上げにも手間をかけ、西伊豆諸島の天草を使った生寒天や、備中大納言を使用した餡など、厳選された国産材料が使用されています。おみやげ用は、黒蜜と白蜜が選べ、防腐剤や保存料を一切加えていないためお日持ちは約2日。豆の風味や味わいの違い、そして彩りも楽しめる鹿乃子あんみつは、お取り寄せも可能で、8個の詰め合わせも有り(クール便の専用箱代400円)。配送は、お日持ちの関係上、日時指定に限られます。

    【店舗】東京都中央区銀座5-7-19 1F(売店)・2F(和喫茶)【電話】03-3572-0013
    【営業時間】売店:10:30~19:00、土曜及び祝日前日:10:30~20:00
    銀座 鹿乃子 銀座三越店:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 B2F【電話】03-3562-1111【営業時間】10:00~20:00 ※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

東京 神楽坂の紀の善のあんみつはおすすめ

  • kinozen_anitsu

    【お土産用 あんみつ】

    価格 496円(税込) 賞味期限:購入日翌日

    東京メトロ飯田橋駅をでたらすぐにみえる「紀の善」は、20年前に女将が考案した「抹茶ババロア」でも有名な老舗ですが、もう一つの人気メニューが「あんみつ」です。程よい甘さにほくほくの赤えんどう豆の風味がしっかりと味わえ、具材と絡みやすいようにみずみずしさを保ったこし餡と、蜜の風味も相性抜群!おみやげ用のあんみつは、密柑や寒天、さくらんぼに別添えの黒蜜をたっぷりかけていただきたい。

    kinozen_anmitsu

    【店舗】紀の善【住所】東京都新宿区神楽坂1-12 紀の善ビル
    【営業時間】火~土は11:00~20:00、日・祝は11:30~18:00
    【定休日】月曜日(祝日の月曜日は営業、翌火曜日が休み)
    【電話】03-3269-2920 ※ 商品情報等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

東京のあんみつといえば「あんみつ みはし」

  • あんみつ みはし2

    【 みはし あんみつ 】

    価格 480円(税込)

    あんみつといえば“みはし”と言われるほど有名な、みはしの『あんみつ』。国産の素材にこだわり、一口食べれば滑らかなこし餡の美味しさが全身を駆け巡り、さっぱりとした蜜、適度な硬さの寒天、柔らかな求肥、ホクホクの赤えんどう豆、酸味のあるみかんがシンフォニーを奏でる極上品。日本人だけでなく外国の方も虜にするあんみつです。

    あんみつ みはしのあんみつの通販やお取り寄せにも

    あんみつ みはし お土産

    北海道十勝産の小豆を使用した自慢の小倉あいすを、杏の酸味がさっぱりと楽しめるみつ豆にトッピングした小倉みつ豆は、蒸し暑い日にもぴったりの一品。お土産用のあんみつは、1個(価格:390円)、お取り寄せが可能な6個(価格:2,840円)もあります。

    【店舗】上野本店:東京都台東区上野4-9-7【電話】03-3831-0384【営業時間】10:30~21:30【アクセス】JR上野駅の不忍口から徒歩約3分くらいの場所にあります。
    アトレ上野店, 東京駅一番街店, 東武池袋店, 東武船橋店, 上野松坂屋店(売店),玉川髙島屋S・C店(売店),クイーンズ伊勢丹アトレ品川店(火曜日・木曜日のみ)など。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 みはし あんみつ詰め合わせ 6個 】

    価格   3,780円(税込)賞味期限:冷蔵3日

あんみつの元祖、銀座 若松のあんみつのおすすめ

  • 銀座若松 anmitsu

    明治27年創業、あんみつ発祥の甘味処“銀座 若松”。1930年に二代目が考えだした、みつ豆に餡をのせたものがあんみつの元祖とされる有名店。三宅島の天草を使ったこだわりの寒天やこし餡に、じっくりと炊き上げた赤エンドウに黒蜜が絶妙に絡みあう「元祖あんみつ」をはじめ、抹茶寒天を使った『抹茶あんみつ』もおすすめ。

    ginza_wakamatsu1

    【 元祖あんみつ、抹茶あんみつ 】

    価格 950円、1100円

    抹茶を練り込んで作られる甘さのある抹茶寒天と、十勝産小豆を使った甘味の深い餡に求肥と白玉、さんらんぼのトッピングが絶妙な抹茶あんみつもおすすめ。口のなかにふんわり広がる抹茶の風味をより楽しむために、最初は蜜なしで、甘さを足したいときは白蜜をお好みで。

    ginza_wakamatsu2

    あんみつはテイクアウトも可能で、お土産用あんみつは、1個 価格:600円、みつ豆は1個 価格:580円。

    【店舗】東京都中央区銀座5-8-20 コアビル1F【電話】03-3571-0349
    【営業時間】11:00~19:30(ラストオーダー)20:00閉店

関連記事はこちら

赤坂でも有名な寒天・あんみつ屋さん「赤坂相模屋」

  • 赤坂 相模屋 あんみつ (2)

    明治28年創業、寒天作りを主に、あんみつの材料の製造や販売、卸し、小売り専門店の「赤坂相模屋」。赤坂でも有名な寒天・あんみつ屋さんで、ホテルや料亭、パーラーや喫茶店などでも赤坂相模屋さんのあんみつ材料が多く取り扱われています。

    赤坂 相模屋 あんみつ

    【 あんみつ5~6人前 】

    価格 2,376円(税込)消費期限:冷蔵で約3日

    寒天や蜜、豆、あんこ、求肥ともに全て百年を越え受け継がれてきた伝統製法によって作られるあんみつ。寒天は、伊豆七島産と西伊豆産の最高級天草をブレンドし、”味・香り・歯触り・粘り・喉越し・色合い”など、素材本来の風味をそのままに大切に作られています。蜜は、コクのある黒蜜かあっさりとした白蜜から選ぶことが可能。

    【店舗】東京都港区赤坂3-14-8【電話】03-3583-6298
    【営業時間】10時~19時(月~金)10時~18時(土)、定休日:日曜・祝日

東京 人形町 森乃園のあんみつ

  • 森乃園 ほうじ茶あんみつ

    【 ほうじ茶あんみつ 】

    価格 1,080円(税込)

    大正3年創業、日本橋人形町にある老舗ほうじ茶専門店”森乃園 甘味処”が作る『ほうじ茶あんみつ』は、淹れたての低カフェインほうじ茶で溢れたあんみつです。良質な国産茶葉を自家焙煎した深煎りほうじ茶を使用。厳選された食材で作られる餡に、アイス、寒天、白玉、蜜にほうじ茶を合わせた、まさにほうじ茶を味わい尽くす専門店ならではの魅力的なあんみつです♪

    【店舗】森乃園甘味処「本店」:東京都 中央区日本橋人形町2-4-9「森乃園ビル」2F
    森乃園甘味処「2号店」:中央区日本橋人形町2-10-11「新森乃園ビル」1F

門前仲町 甘味処いり江のあんみつ

  • 甘味処いり江 あんみつ

    趣のあるたたずまいの門前仲町にある“甘味処いり江”の『あんみつ』は、シンプルな中にも確かな素材で作られた一品。昭和初期から寒天製造を行ってきた店の、こだわりのある寒天は、神津島産と大島産の天草で作られた歯応えとほのかな磯の香りが広がります。

    甘味処いり江 あんみつ お土産

    【 甘味処いり江 あんみつ 】

    価格 730円(税込)

    北海道十勝産の小豆で作られたキメの細かなこし餡が絶妙に絡み合う、ほっこりする味わいのあんみつ。お店では、白玉クリーム小倉あんみつ(価格:930円)も人気があり、お取り寄せ用も有ります。(価格:500円)

    【店舗】東京都江東区門前仲町2-6-6【電話】03-3643-1765
    【営業時間】平日は11:00~19:30、土日祝日は11:00~18:30

浅草 梅園(うめぞの)土産用あんみつ

  • 浅草梅園 お土産用あんみつ
    出典:浅草梅園

    【 土産用あんみつ 】

    価格 480円

    元祖あわぜんざいで有名な浅草梅園 (うめぞの)の「土産用あんみつ」。浅草寺梅園院の一角にある、安政元年創業 160余年の伝統が受け継がれた甘味処のあんみつは、歯ごたえのある寒天とコクのある蜜と餡、塩味の豆、そして求肥にみかんとあんずが絶妙。店内は混雑していることがほとんどなので、お土産用のあんみつをテイクアウトするのもおすすめ。

    【店舗】(甘味処)浅草本店:東京都台東区浅草1-31-12、高島屋日本橋本店、丸井北千住店、レシピ青葉台、ソラマチ店、羽田空港国際線旅客ターミナル(江戸小路 4階)、百貨店:高島屋横浜店、高島屋大宮店、そごう川口店、そごう横浜店、東急東横店、東急たまプラーザ店、二子玉川東急フードショー、西武池袋本店、松屋浅草店、京急百貨店上大岡店、都筑阪急、アトレ吉祥寺、アトレ目黒、ソラマチ店、越谷レイクタウンなど。※ 店舗や商品情報、取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

関連記事はこちら

湯島「甘味処みつばち」のあんみつ

  • 甘味処みつばち あんみつ

    【 小倉あんみつ 】

    価格 650円(税込)

    小倉アイス発祥の店、湯島にある“甘味処みつばち”の『小倉あんみつ』。大正4年1915年に創業、100周年を迎えたみつばちの小倉あんみつは、小倉餡の代わりに小倉アイスが盛り付けられ、濃厚な黒蜜が特徴のこの店ならではの味わい。乳脂肪分ゼロのスッキリとした小倉アイスの甘さと寒天の歯応え、豆や求肥が味に深みを与えてくれる絶品あんみつ。

    湯島「甘味処みつばち」のお土産用あんみつ

    甘味処みつばち お土産用あんみつ

    【 甘味処みつばち お土産用あんみつ 】

    価格 430円(税込)

    並んでも食べたいあんみつ店の「甘味処みつばち」は、お土産用あんみつもおすすめ。値段は、1個 430円、みつ豆は1個 430円、杏あんみつは、1個 500円で、全国への配送も可能です。濃厚な黒蜜であんみつ好きにはたまらない黒蜜あんみつは、通販やお取り寄せも可能。

    【店舗】東京都文京区湯島3-38-10【電話】03-3831-3083【営業時間】10:30~20:00

    【 黒蜜あんみつ 】

    価格  2,000円(税込)

line

関連記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事はこちら