夏越の祓に食べたいお菓子!美味しい「水無月」は手土産にも

line
minazuki
スポンサーリンク

水無月(みなづき)に行われる「夏越(なごし)の祓(はらえ)」、水無月祓(みなづきばらえ)とも呼ばれる伝統行事「夏越の祓」について解説します。また、夏越の祓に食べるお菓子といえば「水無月」!こちらでは、手土産やお土産にもおすすめの美味しい水無月をはじめ、通販やお取り寄せが可能な商品も掲載しています。

夏越の祓え、水無月の祓えについて

  • 水無月

    6月は旧暦日本古来の異称で”水無月”と言います。この月は、暑さや田植えによって水が無くなることから水無月とつけられたとされており、年初めから半年経過した分の厄災を祓い、残り半年の無病息災を願う行事が6月30日に行なわれます。その6月の大祓の行事のことを「夏越の祓・水無月の祓い」とも言います。

夏越の祓の伝統行事

  • 夏越の祓え

    夏の手前は、農作物にとっては大切な時期となります。そこで、虫害や風害に合わないよう、各地の神社でお祓いが行なわれてきました。「茅の輪くぐり」という、茅(ちがや)で編まれた大きな輪を、無病息災を願いながらくぐる厄落としが有名です。その由来は日本神話までさかのぼり、旅人に扮した「スサノオノミコト」がある兄弟に宿を求め、富める弟はそれを断り、貧しいながらも受け入れてもてなしてくれた兄に伝えられた無病息災の「茅の輪」に由来するとされています。

    茅の輪くぐり

    「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命延ぶというなり」という言葉を唱えながら、8の字を描くように茅の輪を左、右、左へと3回くぐると病気や災いにあわないとされる「茅の輪くぐり」は、けがれを祓う意味合いがあります。また、この時期には、紙で作った形代を身代わりとして川に流して罪や穢を流す「人形流し・ひとかたながし」も行われます。

水無月に食べるお菓子や和菓子

  • 水無月 お菓子 (1)

    京都では、甘く煮た小豆を三角形に切った白いういろう生地の上に乗せた「水無月」という伝統菓子を6月30日に食べる習慣があります。これは冷蔵庫もない時代、宮廷の貴族たちの間で氷で邪気を祓う風習があり、氷は貴重で口にすることが出来ない民衆は、白く三角形の形をしたういろうを氷に見立て、邪気を払うとされた小豆と一緒に食べて代用していました。無病息災を願い、夏の暑さを乗り切る厄払いをしていた風習が現在も受け継がれ、親しまれています。

    「水無月」みなづきとはどんなお菓子?

    水無月のお菓子は、葛やういろうの白生地の上に邪気を祓うとされる小豆をのせたもの。その三角系の形は、氷を表すとされています。白生地の他にも抹茶や黒糖、ニッキなどもあり、意味を知ると一層美味しく頂けますね。京都では、各和菓子屋さんが自慢の水無月を店頭にならべるこの時期。最近では、京都以外の地域でも取り扱いのあるお店が増えてきています。

京都の水無月の和菓子の手土産に

  • 宇治駿河屋 水無月

    【 宇治駿河屋 水無月・みなづき】

    価格 1個:170円~ 日持ち:2日

    明治43創業、京の老舗「宇治駿河屋」(うじするがや)。茶だんごと並ぶ人気商品のみなづき(ういろう)は、抹茶・白・ニッキ(シナモン)の三種類があります。良質な米粉から作ったういろうは、もちもちとした食感が特徴。冷やしていただくとより一層美味しく、宇治茶とともにいただきたい一品。6月30日は、夏越の祓い限定の白ういろうにうぐいす豆をのせた「うぐいす水無月」も販売されます。

    【店舗】京都府宇治市宇治東内16【電話】0120-368-191
    【営業時間】9:00~17:00まで ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    京の老舗の水無月のお菓子

    甘春堂 水無月
    出典:特選京都

    京の老舗和菓子屋「甘春堂」の6月の和菓子といえば「水無月」。氷の節句とも呼ばれ、室町時代から氷室の氷を口にしていた宮中や幕府の伝統行事。その氷室の氷に見立てた三角形のういろう生地の上の小豆には、悪魔祓いの意味が込められています。白の水無月以外にも、黒砂糖味や抹茶味もあり。

    【店舗】甘春堂 本店【住所】京都市東山区川端通正面大橋角
    【電話】075-561-4019【営業時間】9:00~18:00 ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 水無月 5個・化粧箱入 】

    価格 1,188円(税込) 賞味期限:製造日より2日

関連記事はこちら

最高級の吉野本葛を使った水無月

  • 京都 水無月 お取り寄せ

    大正七年創業、京都の老舗和菓子屋「笹屋昌園」は、本わらび餅でも有名なお店。丁寧に作られる京菓子職人の熟練の技が感じられる菓子が人気です。最高級素材の丹波大納言小豆を使用した小豆は、店主自らの手によって丹念に炊きあげられたもの。京都でも珍しい高級な吉野本葛を使ったういろう生地は、もっちりとした歯ごたえと歯切れの良い食感が楽しめます。

    笹屋昌園 ういろう菓子 水無月

    【店舗】京都府京都市右京区谷口園町3-11 京福(嵐電)龍安寺駅より徒歩約1分
    【電話】075-461-0338【営業時間】10:00~18:00【定休日】火曜 ※ 商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

    【 夏越の祓限定「水無月」10個入】

    価格 2,160 円(税込)賞味期限:到着日限り

    美味しい水無月のお取り寄せにもおすすめ

    京みずは 水無月

    流れる水や地下水も美しい長岡京市で、和三盆や京きな粉、宇治抹茶といった材料にもこだわり、新鮮でみずみずしい和菓子作りを大切にしている「京みずは」。京菓子職人が伝統の技で丁寧に作り上げる和菓子の数々は、添加物や保存料なども使用されておらず、安心していただくことができます。米粉や小麦粉に本蕨粉などを配合した、むっちりとした粘り気のある食感のういろう生地に、あっさりとした甘みの北海道十勝産えりも小豆を合わせた独特の風味。抹茶のほどよい渋みが甘みと絶妙な抹茶ういろうとの詰め合わせは、美味しい水無月のお取り寄せにも。

    【 京みずは 水無月6個箱】

    価格 1,296 円(税込)賞味期限:冷凍状態で発送日を含めて5日

line

関連記事はこちら

Recommend Item

関連記事はこちら