有名【Bean to Bar】ビーントゥーバー おすすめ特集

スポンサーリンク

新着コンテンツ一覧

「Bean to Bar」ビーントゥバーとは 何なのか?

現在流行のタブレットチョコレートの多くは「Bean to Bar」ビーントゥバー製法で作られるブランドが多く存在しています。Bean to Bar chocolate ビーントゥーバーチョコレートとは、カカオ豆の状態から板チョコレートになるまでの全ての一連の工程を一貫して行うことを言います。いわば、チョコレート作りの新しい動きや流れのことです。

「Bean to Bar」ビーントゥバー 製法とは 何か?

「Bean to Bar」製法とは、ショコラティエ自らがカカオの買い付けから焙煎、製造の全てを自社の工場で行い全ての工程において携わる製法のこと。産地別に焙煎時間や温度の調節が必要で、熟練の技が生み出せる製法なのです。

製造の過程でアロマが発達し、繊細な奥深い香りが楽しめたり、酸味や渋みが飛ばされてまろやかな味わいが楽しめたりと、チョコレートのタブレットの中にはとても丁寧に携わったショコラティエの熟練の技と情熱、魅力がいっぱいに詰まっています。

「Bean to Bar」ビーントゥバーチョコレートとは 何なのか?

最近は最新機器を導入し、流行に合わせたチョコレートを大量に生産するショコラティエが増えている中、「Bean to Bar」の場合は、ショコラティエ自らが世界中を飛び回ったり、カカオ豆の産地選びにまで情熱を燃やすため、焙煎からチョコレートに至るまでの間には熟練した技術と長い時間が必要となります。

そのためカカオの素材そのものが持つ味や品質、価値にこだわりをもって作り出されるビーントゥバー チョコレートはショコラティエのこだわりがいっぱいつまっているのです。

チョコレートの世界を変えたもの とは?

以前は、チョコレートが売れる時期はだいたいクリスマスの時期や復活祭と限定されており、ショコラティエの定義もカカオ豆からチョコレートを作る職人のことを指すもので、パティシエと同じ枠でくくられていました。

それが、1990年代にMOF(フランス国家最優秀職人)のコンクールにショコラティエ部門が設けられ、SDC(サロン・デュ・ショコラ)の祭典がはじまりました。この頃からチョコレートの消費がどんどん伸びていき、同時にショコラテェイエの定義にも変化が生まれたのです。

Salon du chocolat

ショコラティエの定義 に変化

現在、サロン・デュ・ショコラの祭典は、アジアやアラブ地域にまで広がり、20都市以上で開催されていますが、ショコラティエたちのカカオへの関心の高まりと共にチョコレートの世界はアートの領域にまで高まっています。こちらでは、そんなショコラテェイエのこだわりの詰まった有名な「Bean to Bar」ビーントゥバーおすすめのチョコレートや、人気のタブレットチョコレートをご紹介。通販やお取り寄せが可能な商品も合わせてご紹介します。